痛み入るとは?

痛み入る

読み方:いたみいる
別表記:傷み入る

相手配慮や親切に対して恐縮しながらありがたく思う意味合い用い表現相手に礼を述べる文句として用いることが多い。

いたみ‐い・る【痛み入る/傷み入る】

[動ラ五(四)相手の手厚い配慮好意などに対して深く感じいる恐縮する。やや皮肉をこめていうときにも用いる。「御親切—・ります」

「此挨拶には—・って返事出来なかった」〈漱石坊っちゃん


いたみ‐い・る【痛入】

〔自ラ五(四)

他人から寄せられた親切、好意手厚い待遇などを、自分にもったいなこととして心に深くすまないと思う。恐縮する。恐れ入る

醍醐寺文書‐(年月日未詳)(室町大僧正満済書状土代昨夕は以外御煩候ける。傷入候」

咄本軽口露がはなし(1691)三「あまり慇懃(いんぎん)なるあひさつにいたみ入」

② うまく意表をつかれて、やられたと心に強く感じる。また、あつかましい態度などにあきれる。恐れ入る

談義本地獄楽日記(1755)二「夫(それ)なる死骸は引きとられよと、痛(イタミ)いらせる挨拶に」

桐一葉(1894‐95)〈坪内逍遙〉一「さう無遠慮ではとっともう痛み入る」

苦痛に思う。弱る。困る。

太閤記(1625)三「物にこえて痛入しは、、鼠、いたちやうの物、床の上親しみ来て




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「痛み入る」の関連用語

痛み入るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



痛み入るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS