琴奨菊和弘とは?

琴奨菊和弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/25 09:57 UTC 版)

琴奨菊 和弘(ことしょうぎく かずひろ 1984年1月30日 - )は、福岡県柳川市出身で佐渡ヶ嶽部屋所属の現役大相撲力士。本名は、菊次 一弘(きくつぎ かずひろ)。身長180cm、体重178kg、血液型はO型。得意手は左四つ、がぶり寄り。最高位は東大関(2014年9月場所〜11月場所、2016年3月場所)。愛称はキク。好物はしゃぶしゃぶプリン[2][3]。既婚。左利き。締め込みの色は2019年現在青色




注釈

  1. ^ 怪我だらけであることに由来しており、同じ二所ノ関一門の戦前の横綱・玉錦に与えられた異名に基づいて北の富士勝昭が命名。因みに琴奨菊は玉錦の曾孫弟子である(玉錦→初代琴錦琴櫻→琴奨菊)[1]
  2. ^ 顔が四角いことから大相撲解説者の舞の海が命名。
  3. ^ 十両以上の場合、取組に勝利した力士は同じ方屋に控える後続の力士に力水を付ける役割がある。平成25年11月場所2日目の琴奨菊の場合は結び二番前の取組に勝ち、この日の結び前の取組に出場した安美錦が敗れたため、本来であれば勝ち残りとして当日の結びの一番に出場する日馬富士に力水をつける役目になっていた。
  4. ^ 右膝内側側副靱帯損傷及び右足関節捻挫により9日目から途中休場、12日目から再出場。
  5. ^ 左膝内側側副靱帯損傷により4日目から途中休場。
  6. ^ a b c d e f g 大関角番(全7回)。
  7. ^ 右大胸筋断裂により3日目から途中休場。
  8. ^ 左前脛骨筋挫傷により14日目から途中休場。
  9. ^ 左膝内側側副靭帯損傷及び左アキレス腱周囲炎により7日目から途中休場。
  10. ^ 関脇陥落。
  11. ^ 左上腕二頭筋腱損傷、左上腕三頭筋腱損傷のため11日目から休場

出典

  1. ^ NHK大相撲ジャーナル 2014年6月号
  2. ^ a b c d 琴奨菊は酒が苦手。奈良漬10本で記憶が飛んだ! J-CASTテレビウォッチ 2011年9月29日
  3. ^ 琴奨菊生出演 体重10キロ減告白も大好物プリンに「すぐ戻るんじゃ」 2016年1月25日12時49分 スポーツ報知
  4. ^ a b c 琴奨菊、小学時代に牛乳毎日1リットル/略歴 日刊スポーツ 2016年1月25日10時6分 紙面から
  5. ^ 琴奨菊、昔はラーメン丼5杯も「今は茶わん2杯」 日刊スポーツ 2016年11月5日17時55分
  6. ^ a b c d e 北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)214ページから215ページ
  7. ^ a b 『大相撲ジャーナル』2014年4月号51頁
  8. ^ 読売新聞 2004年12月24日付紙面
  9. ^ 琴奨菊「心を鍛えた先に大関があった」(1/4ページ) 日本経済新聞 2011/11/16 7:00
  10. ^ 琴奨菊 大関昇進決まる 4年ぶりの日本人 スポニチアネックス 2011年9月28日
  11. ^ 琴奨菊「万理一空(ばんりいっくう)」と口上 nikkansports.com 2011年9月28日
  12. ^ 琴奨菊、年寄「秀ノ山」取得 引退後の独立へ道開けた スポーツ報知 2013年5月7日
  13. ^ ライバル対決琴奨菊が稀勢の里圧勝 デイリースポーツ 2013年5月27日
  14. ^ 大関琴奨菊が休場 右大胸筋断裂、全治3カ月 日本経済新聞 2013年11月12日
  15. ^ a b 琴奨菊 4カ月ぶり申し合い「怖さあるが我慢して」 Sponichi Annex 2014年5月4日 05:30
  16. ^ 琴奨菊、一気にかど番脱出=大相撲名古屋場所8日目 時事ドットコム 2014/07/20-20:06
  17. ^ 初優勝逃した琴奨菊「悔しい、ですね」 朝日新聞DIGITAL 2014年7月27日20時13分
  18. ^ 新大関豪栄道は西2番目=豪風が最年長新関脇-秋場所新番付 時事ドットコム 2014年9月1日(2014年9月1日閲覧)
  19. ^ 大相撲:逸ノ城、また変化 勝っても拍手はまばら 毎日新聞 2015年1月14日(2015年4月5日閲覧)
  20. ^ 琴奨菊Vなら大関史上で最スロー 記録アラカルト 2016年1月24日(2016年1月24日閲覧)
  21. ^ 琴奨菊、左膝&アキレス腱負傷で休場…秋場所は6度目カド番
  22. ^ 琴奨菊「動きやすくなった」減量で馬力アップ 日刊スポーツ 2016年11月5日13時59分 紙面から
  23. ^ 奨菊 三番稽古で稀勢圧倒 連覇へ7勝3敗
  24. ^ カド番の大関琴奨菊が4敗目 「しっかり立て直す」
  25. ^ 横綱日馬富士が休場 右ハムストリング肉離れ
  26. ^ かど番・琴奨菊が苦しい5敗目、高安のはたきにバッタリ
  27. ^ 大関陥落の危機、カド番・琴奨菊は5連敗で6敗目
  28. ^ 琴奨菊、懸命に3勝目=大相撲初場所
  29. ^ かど番の琴奨菊が崖っぷち7敗目 11日目は鶴竜戦「強くならんとアカン」
  30. ^ 大相撲 横綱・鶴竜が休場
  31. ^ カド番の琴奨菊、大関陥落リーチの7敗目…風呂場で思わず「あーっ!」
  32. ^ 奨菊7度目カド番しのげず…大関在位32場所で陥落「これが今の力」
  33. ^ 琴奨菊が関脇転落「辞めたら終わり気持ち立て直す」
  34. ^ 玉鷲、奨菊に“引導”渡す 同じ二所ノ関一門「涙が出そうだった」
  35. ^ 琴奨菊陥落…初賜杯から1年で関脇転落も現役続行!/初場所
  36. ^ 琴奨菊、大関陥落…来場所復帰へ「立て直す」
  37. ^ 琴奨菊「大丈夫」朝稽古土俵上がらずも軽症アピール 日刊スポーツ 2017年2月17日9時11分 紙面から
  38. ^ 子どもが物心つくまでは現役で!大相撲関脇・琴奨菊和弘(33歳)スポーツ人間模様 ニッポン放送 2017/03/20 12:00(2018年1月15日)
  39. ^ 琴奨菊「前を向いていけば…」 大関復帰ならず
  40. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年6月号95頁
  41. ^ 日刊スポーツ 2017年4月16日
  42. ^ 元大関琴奨菊は負け越し 御嶽海に寄り切られる
  43. ^ 日刊スポーツ 2017年6月27日
  44. ^ 『大相撲中継』2017年8月12日号 p86
  45. ^ 琴奨菊が負け越し…元大関の平幕落ちが決定的
  46. ^ 『大相撲中継』2017年9月16日号 p120
  47. ^ 琴奨菊、初場所から94場所目での初金星…元大関の金星獲得は史上15例目
  48. ^ 元大関の琴奨菊、意外や初金星「輝ける場所はある」 日刊スポーツ 2017年9月13日9時55分 紙面から(2017年10月7日閲覧)
  49. ^ 『大相撲中継』2017年10月13日号 p.84.
  50. ^ 琴奨菊は相撲史に残る貴重な存在。大関陥落した力士の苦闘の歴史。
  51. ^ a b 『大相撲中継』2017年11月18日号 p72-73
  52. ^ 碧山、琴奨菊はともに3敗目 V争いから後退 デイリースポーツ Online 2019.03.22.(株式会社デイリースポーツ、2019年3月24日閲覧)
  53. ^ 大相撲春場所 殊勲賞に逸ノ城、敢闘賞は取組結果で最大2人に Sponichi Annex2019年3月24日 13:10 (スポーツニッポン新聞社、2019年3月24日閲覧)
  54. ^ 逸ノ城が殊勲賞 14年秋場所以来、2度目 日刊スポーツ 2019年3月24日13時26分(日刊スポーツ新聞社、2019年3月24日閲覧)
  55. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年4月号51頁から52頁
  56. ^ ベースボール・マガジン『歴代大関大全』
  57. ^ a b 大空出版『相撲ファン』vol.4 7頁
  58. ^ 『大相撲中継』2017年5月27日号10-11頁
  59. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年12月号51頁
  60. ^ 琴奨菊は準V「悔しい」 nikkansports.com 2014年7月28日12時30分 紙面から
  61. ^ 『大相撲中継』2017年5月27日号52頁
  62. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年4月号57ページから58ページ
  63. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p19
  64. ^ 毎日新聞2018年3月6日 東京朝刊
  65. ^ 元大関・琴奨菊、得意のがぶり寄りで勝ち越し決定 旭道山も「えーっ!っていうぐらい若い」相撲ぶり AbemaTIMES 2019.03.19 17:10(AbemaTV、2019年3月20日閲覧)
  66. ^ ただし不戦勝が2回、不戦敗が1回あるため、実際に土俵上で対戦した回数としては63回。
  67. ^ 琴バウアー?菊バウアー? 琴奨菊がうれしい悩み 日刊スポーツ 2016年2月11日18時58分
  68. ^ ““琴菊論争”に終止符!ルーティン名「琴バウアー」に決定”. スポニチ Sponichi Annex. (2016年2月17日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/02/17/kiji/K20160217012055170.html 
  69. ^ 毎日新聞 2016年2月4日 東京夕刊
  70. ^ 『相撲』2012年1月号43頁
  71. ^ “琴奨菊関が婚約 佐賀市の会社員福地さんと”. 佐賀新聞ニュース. (2012年10月30日). http://www1.saga-s.co.jp/news/saga.0.2317972.article.html 
  72. ^ 週刊実話2013年3月3日号
  73. ^ 琴奨、遠藤下し「あ~良かった」/初場所 nikkansports.com 2014年1月24日9時31分 紙面から
  74. ^ 琴奨菊「失うモノない」決戦心待ち 部屋では8キロのタイ準備 MSN産経ニュース 2014年7月26日 19:56
  75. ^ “琴奨菊が結婚、名古屋場所かど番Vへラブパワー注入”. 日刊スポーツ. (2015年7月11日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1505062.html 
  76. ^ “2度目婚約…琴奨菊"今度こそ" 語学堪能美女に絵本で求婚”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年2月21日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/02/21/kiji/K20150221009846180.html 
  77. ^ 琴奨菊「家賃7万円で中古車」の新婚生活を初めて語った! 女性自身 2016年03月10日 06:00
  78. ^ 日刊スポーツ 2017年9月16日
  79. ^ 力士ほどのグルメはいない? ちゃんこだけにとどまらない相撲めしの数々 ダ・ヴィンチニュース 2018/3/25 (KADOKAWA、2018年4月12日閲覧)
  80. ^ 琴奨菊 トークショーで「琴バウアー」久々披露 封印の理由も明かす Sponichi Annex 2018年7月1日 20:17(スポーツニッポン新聞社、2018年9月3日閲覧)
  81. ^ 琴奨菊たまらず涙、66度対戦の稀勢の里引退に万感 日刊スポーツ 2019年1月16日 20:29
  82. ^ Rikishi in Juryo and Makunouchi” (English). szumo.hu. 2007年7月24日閲覧。


「琴奨菊和弘」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「琴奨菊和弘」の関連用語

琴奨菊和弘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



琴奨菊和弘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの琴奨菊和弘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS