澤穂希とは?

澤穂希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 00:04 UTC 版)

澤 穂希(さわ ほまれ、1978年9月6日 - )は、東京都府中市出身の元女子サッカー選手である。元サッカー女子日本代表ポジションミッドフィールダー。6度のW杯と4度の五輪に出場。2011年FIFA女子ワールドカップドイツ大会で得点王とMVPを獲得。2011年度FIFA最優秀選手賞受賞者。日本女子代表では出場数とゴール数が歴代1位(205試合83得点)。


  1. ^ a b 日本サッカー協会公式プロフィール
  2. ^ オリンピック / アテネ2004 / 日本代表選手団 / サッカー / 澤 穂希”. 日本オリンピック委員会公式サイト. 2015年9月3日閲覧。
  3. ^ 知恵蔵2015
  4. ^ 【二十歳のころ 高倉麻子(4)】澤とのパスで理解した世界に通じるプレー”. SANSPO.COM (2017年12月29日). 2021年7月28日閲覧。
  5. ^ a b c 吉井妙子「なでしこJAPAN 澤 穂希「私はあきらめない」」『文藝春秋』9月号、2011年、 166頁。
  6. ^ 澤穂希 日本サッカーを救うためアメリカ人との結婚断念”. 女性セブン (2011年7月13日). 2021年7月28日閲覧。
  7. ^ 江橋よしのり (2015年12月18日). “澤穂希が未来を切り拓いた伝説の一戦”. Sportsnavi. 2021年7月28日閲覧。
  8. ^ 2002 FIFAワールドカップ™10周年 メモリアルウェブサイト”. 日本サッカー協会. 2013年5月21日閲覧。
  9. ^ 早草紀子 (2016年1月7日). “澤穂希の軌跡(1)阪口夢穂とだからこそできた、「驚きのダブルボランチ」”. WebSportiva. 2021年7月28日閲覧。
  10. ^ 澤穂希選手移籍のお知らせ”. 東京ヴェルディ公式サイト (2009年1月23日). 2018年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月28日閲覧。
  11. ^ “米プロリーグの沢、荒川が古巣日テレ復帰”. 日刊スポーツ. (2009年8月21日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20090821-533832.html 2013年5月21日閲覧。 
  12. ^ 日テレ・ベレーザ選手移籍のお知らせ”. 日テレ・ベレーザ公式サイト (2011年1月5日). 2018年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月28日閲覧。
  13. ^ 澤3得点でメキシコに快勝、なでしこジャパン決勝トーナメント進出 FIFA女子ワールドカップドイツ2011 グループリーグ第2戦(対メキシコ)マッチレポート”. JFA公式 (2011年7月2日). 2021年7月28日閲覧。
  14. ^ なでしこ悲願のW杯初優勝、澤がMVPと得点王”. REUTERS (2011年7月18日). 2021年7月28日閲覧。
  15. ^ FIFA Ballon d'Or: Homare Sawa”. FIFA.com (2012年1月9日). 2013年5月21日閲覧。
  16. ^ FIFAバロンドール2011 澤穂希選手がFIFA女子年間最優秀選手賞を受賞”. 日本サッカー協会 (2012年1月10日). 2013年5月21日閲覧。
  17. ^ “沢が長友、香川抑え年間MVP 女性で初”. 日刊スポーツ. (2012年1月27日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20120127-895617.html 2013年5月21日閲覧。 
  18. ^ “沢「良性発作性頭位めまい症」”. 日刊スポーツ. (2012年3月12日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20120312-916419.html 2013年5月21日閲覧。 
  19. ^ 『スポーツ報知』2012年8月9日付
  20. ^ AFC初代殿堂入り10名に奥寺氏、澤、キューウェル氏らが選出”. サッカーキング (2014年11月22日). 2021年7月28日閲覧。
  21. ^ なでしこ佐々木監督、澤の選出理由は「誰よりも戦っている姿勢」”. サッカーキング (2015年5月1日). 2021年7月28日閲覧。
  22. ^ 澤穂希選手入籍のお知らせ”. INAC神戸レオネッサ (2015年8月11日). 2016年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月28日閲覧。
  23. ^ 澤結婚!お相手はイケメン、温厚、ナイスガイの38歳元Jリーガー”. サンケイスポーツ (2015年8月11日). 2015年8月12日閲覧。
  24. ^ 澤、明かした お相手は辻上氏「責任感が強くて男らしいところが大好き」”. スポニチ Sponichi Annex (2015年8月12日). 2015年8月14日閲覧。
  25. ^ a b 澤穂希選手、W杯最多出場記録6回でギネス認定 ナイナイも祝福”. ORICON (2015年9月4日). 2015年9月4日閲覧。
  26. ^ 澤穂希、ほほえみ絶やさず「人生で最大の決断」”. ヨミウリ YOMIURI ONLINE (2015年12月17日). 2015年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月28日閲覧。
  27. ^ あまりにハッピーエンディングな澤伝説の最終章 「全く悔いもなくやり切りました」”. SOCCER MAGAZINE ZONE (2015年12月27日). 2016年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月28日閲覧。
  28. ^ 世界に轟くなでしこの”レジェンド澤”の功績 英メディアが「歴代最高の女子選手10傑」に選出”. SOCCER MAGAZINE ZONE (2016年3月9日). 2016年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月28日閲覧。
  29. ^ “澤穂希さん、第1子妊娠を発表 来年1月に誕生予定”. ORICON STYLE. (2016年7月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2075331/full/ 2016年7月19日閲覧。 
  30. ^ “澤穂希さん、第1子の長女出産「産声の瞬間、感動と感謝」なでしこ元エースコメント全文あり”. 産経WEST. (2017年1月10日). オリジナルの2017年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170111143042/http://www.sankei.com/west/news/170110/wst1701100045-n1.html 2021年7月28日閲覧。 
  31. ^ 澤穂希、ドラマ初出演「また演技したい」 『捜査一課長』で事件の第一発見者に”. ORICON NEWS. 20190104閲覧。
  32. ^ なでしこ8強!沢 ハットで釜本超え歴代1位得点だ”. 日刊スポーツ (2011年7月2日). 2021年7月28日閲覧。
  33. ^ 澤のハットトリックが女子W杯の史上最年長記録に/女子W杯”. SOCCERKING (2011年7月2日). 2011年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月28日閲覧。
  34. ^ なでしこ世界一! 沢がMVP/女子W杯”. 日刊スポーツ (2011年7月18日). 2020年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月28日閲覧。
  35. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)
  36. ^ 日本サッカー協会が、1993 AFC女子選手権準決勝での対中華人民共和国戦で途中出場した記録を記載漏れしていたため、2013年9月21日に訂正を行った。澤の代表キャップ、加算忘れで188に訂正 日刊スポーツ 2013年9月21日閲覧


「澤穂希」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「澤穂希」の関連用語

澤穂希のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



澤穂希のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの澤穂希 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS