宮間あやとは? わかりやすく解説

宮間あや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/17 10:00 UTC 版)

宮間 あや(みやま あや、1985年1月28日 - )は、千葉県山武郡大網白里町(現・大網白里市)出身の元女子サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー千葉県立幕張総合高等学校出身。サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)では主将を務めた経歴も持つ。データ上で過去大会含め、ワールドカップの攻撃で最もチャンスを作っているプレイヤー[注釈 1]


注釈

  1. ^ 2023 FIFA女子ワールドカップ・決勝トーナメント スペイン vs スウェーデン戦の実況にて (2023.8.15 FIFA+)
  2. ^ この時には、当時の所属先名だった「読売西友ベレーザ」のジャージ姿だった澤穂希や小野寺志保らに囲まれている。当時の澤や小野寺は1996年アトランタオリンピックで初めてオリンピック競技となった女子サッカーで日本代表に選ばれる時期だった。
  3. ^ この退団の経緯に関する詳細に関しては、外部リンクの『ボールを見つけると、どこでもサッカーしちゃう』参照。

出典

  1. ^ サッカー日和ですね、若い頃なら、じっとしていられないはずだが?”. 宮間文夫 オフィシャルブログ (2011年6月26日). 2012年8月12日閲覧。
  2. ^ 「気負わず感じたまま、 今を生きる」・・・宮間あや”. そとぼう新聞NEO. 2012年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月15日閲覧。
  3. ^ 『週刊 サッカー・ダイジェスト』2011年10月1日増刊号、34頁。
  4. ^ a b 『なでしこの誓い 世界一の心のきずな物語』ISBN 9784052035203、学研教育出版、2012年10月16日、111-129頁
  5. ^ 「女子サッカー日本代表 宮間あや 地元・岡山を愛する『陰のMVP』」『産経新聞』2011年7月22日付。
  6. ^ 小林弥生のブログ、2017年1月6日付投稿「おやじさんの引退」より [1]
  7. ^ a b c d e 『中国新聞』2012年8月11日付
  8. ^ なでしこジャパンの湯郷温泉~宮間あやちゃんがもたらしてくれたもの”. 季譜の里 (2011年7月27日). 2014年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月15日閲覧。
  9. ^ なでしこリーグ2007 『サポーターが選ぶMVP』受賞記念インタビュー日本女子サッカーリーグ公式サイト)。
  10. ^ 「女俊輔」なでしこMF宮間が米移籍 nikkansports.com 2016年3月10日閲覧。
  11. ^ “WPS Players Profile Aya Miyama”, womensprosoccer.com
  12. ^ 「プレナスなでしこリーグ2011/プレナスチャレンジリーグ2011」表彰式受賞者発表 Archived 2012年11月9日, at the Wayback Machine.( 日本女子サッカーリーグ公式サイト)。
  13. ^ 宮間あや所属の岡山湯郷、なでしこリーグのレギュラーシリーズ優勝 サッカーキング.2012.8.18付、2017年12月10日閲覧。
  14. ^ 宮間あや、岡山湯郷を退団「すべてかけたこの地離れる」 朝日新聞、2016年11月14日閲覧。
  15. ^ “Goal of the Tournament” in FIFA, 2007.
  16. ^ a b 岡山県県民栄誉賞”. 岡山県(総務学事課). 2022年7月25日閲覧。
  17. ^ 「なでしこ宮間・丸山選手に千葉県民栄誉賞」『読売新聞』2011年7月21日付。
  18. ^ 宮間、丸山両選手に千葉県民栄誉賞 「大和魂みせてくれた」と森田知事」『産経新聞』2011年7月21日付。
  19. ^ なでしこ大苦戦、宮間緊急投入/五輪予選『日刊スポーツ』2011年9月2日付。
  20. ^ なでしこに「紫綬褒章」 佐々木監督「光栄に思う」”. スポニチ Sponichi Annex (2011年11月2日). 2024年2月15日閲覧。
  21. ^ 佐々木監督、緊張の伝達式 紫綬褒章に「身が引き締まる」”. スポニチ Sponichi Annex (2011年11月15日). 2024年2月15日閲覧。
  22. ^ 「支えてくれた人のおかげ」AFC女子MVP 湯郷ベル・宮間選手『読売新聞』11月25日付。
  23. ^ バロンドールとえこひいき。 ~各人各様の投票内容を読む NumberWeb.2012.1.14、2017年12月10日閲覧。
  24. ^ FIFA WOMEN'S WORLD PLAYER 2011 Vote Country FIFA公式.2017年12月10日閲覧。
  25. ^ 「五輪も任せた!なでしこ主将は宮間」『日刊スポーツ』2012年2月10日付。
  26. ^ cf. アルガルベカップ2012
  27. ^ 佐々木則夫 『なでしこ力 次へ』、198-199頁。
  28. ^ 初ボランチ宮間MVP獲得「誇り持ちたい」 スポニチアネックス.2012.3.8付、2017年12月10日閲覧。
  29. ^ 宮間MVPも力不足を反省/アルガルベ杯 日刊スポーツ.2012.3.8付、2017年12月10日閲覧。
  30. ^ 宮間あや「個人の賞にはあまり興味がない」 アルガルベカップ ドイツ戦後選手コメント スポーツナビ.2012.3.8、2017年11月25日閲覧。
  31. ^ 吉田純哉「宮間 FKの女神 -- 逆境救う2G呼ぶ」、『朝日新聞』2012年8月7日付夕刊。
  32. ^ 奥山次郎「なでしこ負けじ魂 -- 宮間FK2ゴールの起点」(『産経新聞』2012年8月8日付)
  33. ^ Natalia Jimenez, A moment of true sportsmanship, as Japan consoles a defeated France (英語) PHOTO BLOG on NBCNEWS.com 2012.8.7付
  34. ^ 宮間が泣いた…なでしこをまとめた主将、敗戦の瞬間に感情爆発」、『スポニチ』2012年8月10日付。
  35. ^ AFCアニュアルアワード2012 宮間あやが2年連続2回目の最優秀プレーヤー、そしてフットサル日本代表初受賞 JFA公式サイト.2012.11.30付、2017年12月10日閲覧。
  36. ^ なでしこジャパン AFC女子アジアカップ初優勝、大会MVPは宮間あや選手 JFA公式サイト.2015.5.26付、2017年12月10日閲覧。
  37. ^ なでしこ、宮間や大儀見ら20人選出 五輪最終予選 日本経済新聞、2016年3月3日閲覧。
  38. ^ なでしこ、ベトナムに快勝も五輪出場ならず アジア最終予選 日本経済新聞、2016年3月8日閲覧。
  39. ^ FIFA女子ワールドカップフランス2019 組み合わせ決定 ~なでしこジャパンはイングランド、スコットランド、アルゼンチンと対戦”. JFA公式サイト (2018年12月9日). 2018年12月9日閲覧。
  40. ^ “元なでしこ・宮間あやがアシスタントで抽選会に参加”. サンケイスポーツ. (2018年12月9日). https://www.sanspo.com/soccer/news/20181209/jpn18120917130002-n1.html 2018年12月9日閲覧。 
  41. ^ “宮間あやさんは16年で現役引退扱い…なでしこジャパンには「代表の誇りを持って」とエール”. ゲキサカ. (2019年6月5日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?276277-276277-fl 2019年6月5日閲覧。 
  42. ^ “元なでしこジャパン主将・宮間あや、2016年度で現役引退していた”. ORICON NEWS. (2019年6月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2136979/full/ 2019年6月5日閲覧。 
  43. ^ “元なでしこ”澤さん宮間さんが新国立に登場 旧国立での伝説の一戦を振り返る”. デイリースポーツ. (2022年5月14日). https://www.daily.co.jp/soccer/2022/05/14/0015300289.shtml 2022年5月16日閲覧。 
  44. ^ “女子W杯トロフィーツアー日本からスタート、レジェンド澤穂希さん&宮間あやさんが“再会””. 日刊スポーツ. (2023年2月25日). https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/202302250000352.html 2023年2月25日閲覧。 
  45. ^ “澤穂希さん&宮間あやさんW杯トロフィーとともにサプライズ訪問、未来のなでしこジャパンに笑顔”. 日刊スポーツ. (2023年2月26日). https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/202302260000453.html 2023年2月27日閲覧。 
  46. ^ “日本サッカーミュージアムが休館 森保監督、沢穂希氏ら豪華メンバーによるトークイベント開催”. サンスポ. (2023年2月26日). https://www.sanspo.com/article/20230226-QIVCQKUJEBB63FMCBDYJVY2RVU/ 2023年2月27日閲覧。 
  47. ^ “元なでしこジャパン澤穂希と宮間あや 女子サッカー国際交流大会に登場”. RBC. (2023年4月10日). https://newsdig.tbs.co.jp/articles/rbc/425096?display=1 2023年4月11日閲覧。 
  48. ^ 宮間あや:「参加する国すべてに優勝するチャンスはある」”. FIFA.com. 国際サッカー連盟. 2022年11月23日閲覧。
  49. ^ “「ずっとサッカーに興味を持ち続けて!」元なでしこジャパン・宮間あやさん 香川県三木町の幼稚園でサッカー教室”. TBS NEWS DIG. RSK山陽放送 (岡山市). (2022年9月13日). https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/150778?display=1 2022年11月23日閲覧。 
  50. ^ 女子W杯決勝戦になでしこのレジェンド宮間あやが!優勝トロフィー手にする姿が反響「日本の誇り」「この登場はしびれた」”. 超サッカー. 2023年8月24日閲覧。
  51. ^ “Myama et Smith recroisent le fer” in FIFA, lundi 4 juillet 2011.
  52. ^ a b 清水寿之「走る。栄冠の咲くへ」、『朝日新聞』2011年9月30日付。
  53. ^ 『週刊 サッカー・ダイジェスト』2011年10月1日増刊号、34-35頁
  54. ^ 清水寿之「『諦めない心』後輩が点火」『朝日新聞』2012年7月10日付
  55. ^ 文藝春秋『Number』8/24臨時増刊号、24頁。
  56. ^ 「宮間へ応援 最後まで…なでしこ『銀』(『読売新聞』2012年8月11日付)」
  57. ^ 石田ミホコ なでしこ宮間から感謝」(『デイリースポーツ』2012年8月19日付)
  58. ^ 試合情報”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  59. ^ 試合情報”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  60. ^ 試合情報”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  61. ^ ニュース”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  62. ^ 試合情報”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  63. ^ 試合情報”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  64. ^ 試合情報”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  65. ^ 試合情報”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  66. ^ CONPETITIONSEAFC2008 & EAFF WOMEN'S FOOTBALL CHAMPIONSHIP 2008”. eaff.com. EAST ASIAN FOOTBALL FEDERATION. 2024年2月17日閲覧。
  67. ^ 試合情報”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  68. ^ 試合情報”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  69. ^ Women's Olympic Football Tournament Beijing 2008” (英語). www.fifa.com. 2024年2月17日閲覧。
  70. ^ (2009-11-14)宮間、大野のゴールでニュージーランドを破る 国際親善試合 なでしこジャパンvsニュージーランド女子代表”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  71. ^ なでしこジャパン”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  72. ^ なでしこジャパン”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  73. ^ U.S. Women Defeat Japan 2-1 to Open 2011 Algarve Cup in Portugal - U.S. Soccer”. www.ussoccer.com (2011年3月8日). 2011年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月17日閲覧。
  74. ^ FIFA女子ワールドカップ ドイツ 2011 特設ページ”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  75. ^ FIFA女子ワールドカップ ドイツ 2011 特設ページ”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  76. ^ マッチレポート”. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  77. ^ (2012-07-12)キリンチャレンジカップ2012 対オーストラリア女子代表戦 試合結果、監督コメント”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  78. ^ ロンドンオリンピック 特設ページ”. www.jfa.or.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  79. ^ マッチレポート”. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  80. ^ MATCH REPORT”. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  81. ^ MATCH REPORT”. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  82. ^ 日程・結果│第17回アジア競技大会(2014/仁川)”. www.jfa.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月17日閲覧。
  83. ^ 日程・結果│第17回アジア競技大会(2014/仁川)”. www.jfa.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月16日閲覧。
  84. ^ 試合結果│アルガルベカップ2015”. www.jfa.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月16日閲覧。
  85. ^ 試合結果│FIFA女子ワールドカップ カナダ2015”. www.jfa.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月16日閲覧。
  86. ^ 試合結果│FIFA女子ワールドカップ カナダ2015”. www.jfa.jp. 日本サッカー協会. 2024年2月16日閲覧。


「宮間あや」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宮間あや」の関連用語

宮間あやのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宮間あやのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮間あや (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS