石田芳夫とは?

石田 芳夫

氏名/Name 石田 芳夫 Ishida Yoshio
ヨミ イシダ ヨシオ  
性別/Sex Male
段位/Dan 九段 9 dan
生年月日/Birthdate 昭和23年8月15日 1948/8/15
出身地/Hometown 愛知県 Aichi Pref./JAPAN
所属/Affiliation 日本棋院東京本院 Nihonkiin Tokyo
タイトル数/Title Won 24

プロフィール


棋戦主要履歴

昭和43年
12期首相杯優勝 ☆初タイトル獲得
昭和44年
1期新鋭トーナメント優勝
昭和45年
17期日棋院選手権大平修三選手権者3-1で破りタイトル奪取
昭和46年
26本因坊戦林海峰本因坊4-2で破りタイトル奪取
22歳史上最年少本因坊となり「秀芳」と号す
第8期プロ十傑戦決勝梶原武雄九段3-2で破り優勝
昭和47年
27本因坊戦林海峰名人4-3で破りタイトル防衛
昭和48年
28本因坊戦林海峰名人4-0で破りタイトル防衛
昭和49年
29本因坊戦武宮正樹七段を4-3で破り防衛
13旧名人戦で林海峰名人4-3降す
史上3人目名人本因坊となる
22王座戦林海峯王座2-1で破り初の王座獲得
昭和50年
30本因坊戦坂田栄男九段4-3で破り5連覇
名誉本因坊資格第二十四世本因坊。
昭和53年
26王座戦工藤紀夫王座2-1で降し王座獲得
昭和59年
10天元戦片岡聡天元3-1で降し初の天元獲得
昭和62年
34NHK杯優勝
昭和63年
第7期NECカップ優勝
第1回IBM優勝
平成2年
37NHK杯優勝
平成13年
第48回NHK杯で3回目の優勝

囲碁関連受賞履歴


著書


石田芳夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/26 16:19 UTC 版)

二十四世本因坊秀芳(にじゅうよんせいほんいぼう しゅうぼう[要出典] 1948年8月15日 - )本名:石田 芳夫(いしだ よしお)は、日本囲碁棋士愛知県西春日井郡新川町(現清須市)出身、木谷實九段門下、日本棋院所属、九段。1971年に22歳の当時史上最年少で本因坊となって秀芳と号し、本因坊5連覇により名誉称号を名乗る。正確な計算と形勢判断により「コンピューター」のニックネームがある。タイトル獲得数は24。




  1. ^ a b c d e 内藤由起子(囲碁観戦記者) 『それも一局 弟子たちが語る「木谷道場」のおしえ』 水曜社、1969年、27-48頁。ISBN 978-4-88065-396-9 
  2. ^ 江崎誠致「昭和の碁」(立風書房)P.180
  3. ^ 現在は、芝野虎丸が19歳11ヶ月で名人位を獲得し最年少記録を更新している。
  4. ^ 本人も「昭和60年(1985年)の天元戦を最後に挑戦手合に出ていないので、元気が良かったのは前半の半分だけだね」と語っている。(朝日新聞2006年8月12日付)
  5. ^ 石田秀芳. “プロが全力で取り組んでも分からない碁は、ずば抜けてすばらしいゲーム”. NEWS TOKYO. 2020年7月12日閲覧。
  6. ^ 二十四世本因坊秀芳が通算1000勝達成[史上11人目]”. 日本棋院のアーカイブ. 2019年1月22日閲覧。
  7. ^ 二十四世本因坊秀芳が1100勝を達成”. 日本棋院 (2019年1月18日). 2019年2月8日閲覧。
  8. ^ 公式戦のみ。女流棋戦・地方棋戦(王冠戦関西棋院第一位決定戦など)は除く。
  9. ^ a b 趙治勲二十五世本因坊が告発する、兄弟子・石田芳夫二十四世本因坊の“悪行”とは NHKテキストView
  10. ^ 内藤由起子『囲碁の人ってどんなヒト』(毎日コミュニケーションズ、2005年)、101ページ。
  11. ^ 囲碁棋士 石田芳夫(3) 自分が歌ったレコード
  12. ^ 読売新聞 棋聖戦 第26期第5局
  13. ^ a b NO.25 中野泰宏 九段 (プロ棋士の気まぐれリレー日記)”. 日本棋院のアーカイブ. 2019年1月22日閲覧。


「石田芳夫」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石田芳夫」の関連用語

石田芳夫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石田芳夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本棋院日本棋院
Copyright © 1996-2021 Nihonkiin all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石田芳夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS