張栩とは?

張 栩

氏名/Name 張 栩 Chang Hsu
ヨミ チョウ ウ チャン シュー
性別/Sex Male
段位/Dan 九段 9 dan
生年月日/Birthdate 昭和55年1月20日 1980/1/20
出身地/Hometown 台湾台北市 Taipei City/Taiwan
所属/Affiliation 日本棋院東京本院 Nihonkiin Tokyo
タイトル数/Title Won 38

プロフィール


棋戦主要履歴

平成12年
第25期棋聖戦リーグ入り
第56期本因坊戦リーグ入り
平成13年
第56期本因坊戦挑戦者
平成14年
第49回NHK杯優勝
第27期新人王戦優勝
平成15年
第58期本因坊戦で、加藤剱正本因坊4-2で破り本因坊獲得
本因坊獲得により九段昇段
第51期王座戦王銘エン王座3-1で破り王座獲得
平成16年
第59期本因坊戦依田紀基名人4-2退け本因坊防衛
第29期名人戦依田紀基名人4-2で破り名人獲得
史上5人目名人本因坊となる
第52期王座戦山下敬吾天元3-1下し防衛
平成17年
第24期NECカップ優勝
第52回NHK杯優勝
第9回LG杯世界棋王戦兪斌九段中国)を3-1で破り優勝
第17回テレビアジア選手権趙漢乗八段韓国)を破り優勝
第30期名人戦小林覚九段4-3下しタイトル防衛
第53期王座戦山下敬吾天元3-0下し3連覇
平成18年
第31期碁聖戦依田紀基碁聖3-0で破り初の碁聖獲得
第15期竜星戦優勝
第13期阿含桐山杯優勝
平成19年
第26期NECカップ優勝(2回目)
第32期碁聖戦横田茂昭九段3-0下し2連覇
第16期竜星戦優勝2連覇
第14期阿含桐山杯優勝2連覇
第32期名人戦高尾紳路名人4-3で破り名人復位
平成20年
第55回NHK杯優勝(3回目)
第33期碁聖戦山下敬吾棋聖3-1下しタイトル防衛3連覇
第33期名人戦挑戦手合井山裕太八段4-3下しタイトル防衛
第15期阿含桐山杯優勝3連覇
第34期天元戦河野臨天元3-0で破りタイトル奪取
第56期王座戦山下敬吾王座3-1で破りタイトル奪取
名人天元王座碁聖の4冠獲得史上4人目
平成21年
第47期十段戦高尾紳路十段3-1で破りタイトル奪取
名人十段天元王座碁聖獲得史上初の5冠
第34期碁聖戦結城聡九段3-0下しタイトル防衛。4連覇
第57期王座戦山田規三生九段3-0下しタイトル防衛
平成22年
第34期棋聖戦山下敬吾棋聖4-1下しタイトル奪取
七大タイトルグランドスラム達成
第48期十段戦山下敬吾天元3-0下しタイトル防衛
第58期王座戦山田規三生九段3-0下しタイトル防衛
平成23年
第30期NECカップ優勝
第35期棋聖戦井山裕太名人4-2下しタイトル防衛
第59期王座戦羽根直樹碁聖3-0下しタイトル防衛
王座4連覇通算7期)
平成24年
第36期棋聖戦高尾紳路九段4-3下しタイトル防衛
第19期阿含桐山杯優勝

囲碁関連受賞履歴

平成12年
棋道賞勝率第1位賞
平成14年
棋道賞優秀棋士賞、勝率第1位賞、最多勝利賞、最多対局
年間70勝(14敗)は史上最多記録
秀哉賞受賞
平成15年
棋道賞最優秀棋士賞、勝率第1位賞、最多対局
平成16年
棋道賞最優秀棋士賞。
秀哉賞受賞
22回ジャーナリストクラブ賞受賞
平成17年
棋道賞最優秀棋士
平成18年
棋道賞優秀棋士賞、最多勝利賞、連勝記録
4917敗。15連勝
平成19年
棋道賞最優秀棋士
最多勝利賞、最多対局賞、連勝記録
735122敗。17連勝
平成20年
棋道賞最優秀棋士
最多勝利賞 ☆5116
秀哉賞受賞
平成21年
棋道賞最優秀棋士
棋道賞連勝賞(17連勝
平成22年
秀哉賞受賞(4回目)
棋道賞最優秀棋士賞(4年連続7回目)

平成15年
賞金ランキング第1位
平成16年
史上3人目賞金1億突破
平成17年
3年連続賞金ランキング第1位
平成19年
賞金ランキング第1位
平成20年
賞金ランキング第1位
平成21年
賞金ランキング第1位
平成22年
賞金ランキング第1位(4年連続7回目)

平成19年
通算600達成
27歳7ヶ月での達成となり史上最年少記録
入段から13年4ヶ月での達成となり史上最短期間
達成勝率 .741となり史上2位
平成21年
通算700勝達成
2910ヶ月での達成となり史上最年少記録
入段から15年8ヶ月での達成となり史上最短期間
達成勝率 .734となり史上1位

著書


張栩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/10 14:36 UTC 版)

張栩(ちょう う、1980年1月20日 - )は、日本棋院所属の囲碁棋士九段林海峰名誉天元門下。小林光一名誉三冠義父にあたる。




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『勝利は10%から積み上げる』張栩 朝日新聞出版 2010年
  2. ^ 「恥ずかしい碁見せられぬ」不振の張九段帰郷へ”. 読売新聞 (2015年5月14日). 2015年5月17日閲覧。
  3. ^ 張栩九段、悩み多い時期を打開した「目覚めの一手」NHKテキストView
  4. ^ 最短記録は山下敬吾九段の22年7ヶ月
  5. ^ 900勝達成時勝率1位は高尾紳路九段の.700
  6. ^ a b 日本棋院 張栩九段が通算900勝達成!【36歳11ヶ月・史上最年少記録】
  7. ^ 張栩、9期ぶりに名人挑戦
  8. ^ 張栩、10期ぶりの名人獲得
  9. ^ 台湾週報2164号-2004年10月28日(台北《民生報》2004年9月29日:二大女流棋士は「台湾媳婦」 第23期女流本因坊戦で熱い火花)
  10. ^ 公式戦のみ。女流棋戦・地方棋戦(王冠戦関西棋院第一位決定戦など)は除く。
  11. ^ 高島俊男 『お言葉ですが…(7)漢字語源の筋違い』 文藝春秋〈文春文庫〉、2006年、157-158頁
  12. ^ 張栩の詰碁(毎日コミュニケーションズ)
  13. ^ 張栩の詰碁(毎日コミュニケーションズ)
  14. ^ 囲碁:本因坊挑戦者、山下九段と伊田七段でプレーオフ 毎日新聞 2014年4月3日 2014年4月8日閲覧
  15. ^ 張、挑む異次元布石 ブラックホール「未来の囲碁界へ問いかけ」





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「張栩」の関連用語

張栩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



張栩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本棋院日本棋院
Copyright © 1996-2019 Nihonkiin all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの張栩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS