囲碁の段級位制とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 囲碁の段級位制の意味・解説 

囲碁の段級位制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/29 23:16 UTC 版)

囲碁の段級位制(いごのだんきゅういせい)は、囲碁の技量の度合いを表すための等級制度。




  1. ^ 昇段規定 日本棋院
  2. ^ 2013年余正麒が本因坊戦のリーグ入りしたことで、三段から七段へと昇段した。
  3. ^ 朝日新聞2009年2月10日
  4. ^ 第18期の同棋戦における金成進アマ・河成奉アマが双方、予選Cから出場しながら最終予選をも勝ち抜き、本戦ベスト8まで進出したのが最高である。なお、金成進は後に韓国にてプロとなり、LG杯世界棋王戦では予選を勝ち抜いて本戦進出している。
  5. ^ 『囲碁百科辞典』71頁


「囲碁の段級位制」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「囲碁の段級位制」の関連用語

囲碁の段級位制のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



囲碁の段級位制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの囲碁の段級位制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS