一力遼とは? わかりやすく解説

一力 遼

一力 遼

プロフィール

棋戦主要履歴

平成24年2012年
第7回広島アルミ杯若鯉戦準優勝
第9回中野杯U20選手権優勝非公式戦
平成25年2013年
第4回おかげ杯優勝
第8回広島アルミ杯若鯉戦優勝公式戦初タイトル
平成26年2014年
第39期棋聖戦リーグ入り
16歳9ヵ月でのリーグ入り史上最年少記録リーグ入りにより七段に昇段
第1回グロービス杯世界囲碁U-20優勝
第5回おかげ杯優勝二連覇
第39期新人王戦優勝
平成27年2015年
第62回NHK杯準優勝
第1回イベロジャパン杯優勝
平成28年2016年
第7回おかげ杯優勝
第25期竜星戦井山裕太棋聖破りタイトル獲得
第11回広島アルミ杯若鯉戦優勝
第42期天元戦挑戦者
平成29年2017年
第64回NHK杯準優勝
第43期天元戦挑戦者
第65期王座戦挑戦者
平成30年2018年
第42期棋聖戦挑戦者
第27期竜星戦優勝
第25期阿含桐山杯優勝
第66期王座戦挑戦者
平成31年令和元年2019年
第66回NHK杯優勝
第28期竜星戦優勝
第26期阿含桐山杯準優勝
令和2年2020年
第45期碁聖戦羽根直樹碁聖3-0破りタイトル奪取(初の七大タイトル
第29期竜星戦優勝
第46期天元戦井山裕太天元3-2破りタイトル奪取
第11回おかげ杯優勝
令和3年2021年
第68回NHK杯優勝
第46期名人戦挑戦者
令和4年2022年
第69回NHK杯優勝
第46期棋聖戦井山裕太棋聖4-3破りタイトル奪取
第77期本因坊戦挑戦者
第47期碁聖戦挑戦者
令和5年2025年
第47期棋聖戦芝野虎丸名人4-2破りタイトル防衛

受賞歴

著書一覧


一力遼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/10 01:19 UTC 版)

一力 遼(いちりき りょう、1997年6月10日 - )は、日本囲碁棋士河北新報社取締役兼新聞記者。宮城県仙台市出身[1]


  1. ^ <囲碁棋聖戦>第1局始まる 一力遼八段、井山棋聖に挑む」『河北新報』。2018年9月19日閲覧。オリジナルの2018年9月19日時点におけるアーカイブ。
  2. ^ (月刊囲碁)待ってろ芝野、白星発進 「令和三羽烏」の一力遼、許家元 第45期名人戦リーグ開幕 朝日新聞”. 2020年5月5日閲覧。
  3. ^ 第75期本因坊戦挑戦者決定リーグ 芝野虎丸名人-許家元八段 第15局の2 毎日新聞”. 2020年5月5日閲覧。
  4. ^ 将来は名門新聞社社長も兼務する!?囲碁トッププロ・一力遼八段は何者? Number Web”. 2020年5月5日閲覧。
  5. ^ ひと:一力遼さん=碁聖位を獲得した新聞記者の棋士”. 毎日新聞. 2022年5月12日閲覧。
  6. ^ 大沢伸一郎|研究スタッフ紹介|東北大学大学院医学系研究科 てんかん学分野”. www.epilepsy.med.tohoku.ac.jp. 2023年4月2日閲覧。
  7. ^ 東日本復興祈念囲碁イベント計画”. www.nihonkiin.or.jp. 2023年4月2日閲覧。
  8. ^ “第26回少年少女囲碁大会”. 日本棋院. http://www.nihonkiin.or.jp/amakisen/junior-gochampionship/26/s_r.htm 2014年7月21日閲覧。 
  9. ^ 「次世代人 囲碁棋士 一力遼さん 13 王子が始動 まず一勝」『読売新聞』夕刊 2010年8月7日
  10. ^ 「顔 若手棋戦で優勝した高校棋士 一力遼さん」『読売新聞』2013年5月25日
  11. ^ 平成21年度冬季棋士採用試験本戦
  12. ^ 平成22年度冬季棋士採用試験本戦
  13. ^ 産経新聞 解答乱麻 2010年10月3日閲覧
  14. ^ “夏季採用棋士決定”. 日本棋院. (2010年7月2日). http://www.nihonkiin.or.jp/news/2010/07/post_280.html 2014年7月21日閲覧。 
  15. ^ “中1一力君、囲碁のプロ棋士に 仙台出身”. 共同通信. (2010年6月27日). https://web.archive.org/web/20140726210402/http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010062701000446.html 2014年7月21日閲覧。 
  16. ^ 産経新聞 2013年10月23日囲碁欄
  17. ^ “一力四段、棋聖戦リーグ入り 史上最年少の16歳9カ月”. 共同通信. (2014年3月21日). https://web.archive.org/web/20140726212841/http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014032101001947.html 2014年7月21日閲覧。 
  18. ^ “世界囲碁、一力が初代優勝者に 若手棋士のグロービス杯”. 共同通信. (2014年5月11日). https://web.archive.org/web/20140726212659/http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051101001395.html 2014年7月21日閲覧。 
  19. ^ a b “一力が新人王獲得!【第39期新人王戦決勝三番勝負第3局】”. 日本棋院. (2014年9月25日). http://www.nihonkiin.or.jp/match/2014/09/393.html 2014年12月31日閲覧。 
  20. ^ 囲碁天元戦、19歳の一力七段が挑戦権 井山天元に挑む
  21. ^ 日本棋院
  22. ^ 一力七段、甲級リーグへ参戦(日本棋院)
  23. ^ <一力七段 2タイトル戦に挑む>天下分け目の10番勝負
  24. ^ <囲碁>一力七段、棋聖への挑戦権/決定戦 山下九段に勝利
  25. ^ 井山・一力「十七番勝負」に 初の3棋戦連続同一カード
  26. ^ a b 【昇段】一力 遼八段に昇段
  27. ^ 王座戦で井山が防衛 7冠復帰初戦をストレート勝ち
  28. ^ 第42期 棋聖戦
  29. ^ 情熱大陸 13歳から「勝負師」として生きて来たハタチのプロ囲碁棋士・一力遼の涙の味”. 2018年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月8日閲覧。
  30. ^ 第66期 王座戦
  31. ^ 第27期 竜星戦
  32. ^ 第25期 阿含・桐山杯 全日本早碁オープン戦
  33. ^ 第53回棋道賞が決定”. 日本棋院 (2020年2月18日). 2020年8月15日閲覧。
  34. ^ "囲碁の一力八段が河北新報に 棋士と記者、二足のわらじ". アサヒ・コム. 朝日新聞社. 1 April 2020. 2020年4月1日閲覧
  35. ^ “プロ棋士・一力遼の巣ごもり生活 ネットで練習対局、解説も”. 河北新報オンラインニュース. 河北新報社. (2020年5月25日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202005/20200525_75023.html 2020年5月26日閲覧。 
  36. ^ 一力碁聖奪取、悲願の七大タイトル獲得!【第45期碁聖戦挑戦手合五番勝負第3局】”. 日本棋院 (2020年8月14日). 2020年8月15日閲覧。
  37. ^ 第45期碁聖戦”. 日本棋院. 2020年8月15日閲覧。
  38. ^ 関七段が天元奪取にあと1勝 囲碁天元戦”. 産経ニュース (2021年11月25日). 2021年11月25日閲覧。
  39. ^ 激戦の末、一力がタイトル奪取!!【第46期天元戦挑戦手合五番勝負第5局】”. 日本棋院. 2021年3月21日閲覧。
  40. ^ 【昇段】一力 遼九段に昇段”. 日本棋院. 2021年3月21日閲覧。
  41. ^ 第54回棋道賞が決定”. 日本棋院. 2021年3月21日閲覧。
  42. ^ 2020年賞金ランキングが決定”. 日本棋院. 2021年3月21日閲覧。
  43. ^ 一力九段が棋聖奪取、フルセットで井山棋聖破る…棋聖戦第7局詳報”. 読売新聞社 (2022年3月18日). 2022年3月18日閲覧。
  44. ^ “【囲碁】一力遼棋聖が初防衛 芝野虎丸名人の挑戦を退ける 棋聖戦第6局”. 日刊スポーツ. (2023年3月10日18時0分). https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/202303100001036_m.html?mode=all 2023年3月11日閲覧。 
  45. ^ 【囲碁・本因坊戦】一力遼棋聖が初の本因坊を獲得 井山裕太V12ならず”. 日刊スポーツ (2023年7月20日). 2023年7月20日閲覧。
  46. ^ 一力、3期ぶり天元に復位 自身初の三冠、関から奪還”. 神戸新聞NEXT (2023年12月6日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  47. ^ a b 大一番「自分を信じて」 天元・碁聖に輝くホープ 名人戦に挑む 一力遼(いちりき・りょう)さん(囲碁棋士):東京新聞 TOKYO Web”. 東京新聞 TOKYO Web. 2023年9月5日閲覧。
  48. ^ 現役男子最年少プロ棋士「一力遼さん」来社-かわら版 49号” (PDF). 日本製紙 (2011年1月1日). 2018年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月14日閲覧。
  49. ^ “一力遼七段、早稲田の杜へ「文碁両道」まっしぐら”. 産経新聞. (2016年5月23日). オリジナルの2018年9月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180919163721/http://www.sankei.com/life/news/160523/lif1605230004-n1.html 2018年9月19日閲覧。 
  50. ^ 【ニュース】一力遼の一碁一会”. 河北新報オンライン. 2023年4月2日閲覧。
  51. ^ a b 「二刀流の棋士 一力遼」出版、棋聖獲得の道のりたどる 11日から販売”. 河北新報オンライン (2023年1月5日). 2023年4月2日閲覧。
  52. ^ 囲碁の天元戦挑戦者、3期ぶり復位目指す一力遼二冠に決定 棋士で記者、アジア大会でも「メダル目指す」:東京新聞 TOKYO Web”. 東京新聞 TOKYO Web. 2023年9月5日閲覧。
  53. ^ 囲碁大会・イベント”. 囲碁大会・イベント. 2023年9月7日閲覧。
  54. ^ 囲碁:UP TO DATE 一力、鍛えた心 激戦制す 観戦記者が見た“二刀流棋士””. 毎日新聞. 2023年9月7日閲覧。
  55. ^ “一力七段、初優勝 囲碁・グランドチャンピオン戦”. 朝日新聞デジタル. (2017年3月23日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12856473.html 2017年7月18日閲覧。 
  56. ^ “一力七段が初優勝 囲碁グランドチャンピオン戦”. 河北新報. (2017年3月19日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170319_13031.html 2017年7月18日閲覧。 
  57. ^ 囲碁の日本棋院”. 囲碁の日本棋院. 2021年3月22日閲覧。
  58. ^ 第50回大倉喜七郎賞・第58回秀哉賞の受賞者決まる 日本棋院 2021年03月16日


「一力遼」の続きの解説一覧

一力遼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 08:34 UTC 版)

棋風」の記事における「一力遼」の解説

力戦派。早見え早打ち序盤から勝負を仕かけていく好戦的な棋風

※この「一力遼」の解説は、「棋風」の解説の一部です。
「一力遼」を含む「棋風」の記事については、「棋風」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「一力遼」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「一力 遼」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一力遼」の関連用語

一力遼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一力遼のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
日本棋院日本棋院
Copyright © 1996-2024 Nihonkiin all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一力遼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの棋風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS