16歳とは? わかりやすく解説

16歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/26 08:46 UTC 版)

16歳(才)十六歳(才)(じゅうろくさい)




「16歳」の続きの解説一覧

16歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 14:24 UTC 版)

年齢」の記事における「16歳」の解説

日本 生年月日2006年平成18年4月1日それ以前女性限り父母一方同意の上で、女性結婚可能になる日本赤十字社の200mLの献血可能になる。 以下の免許・資格取得可能になる原動機付自転車普通自動二輪車小型自動二輪車小型特殊自動車運転免許 特殊小型船舶2級小型船舶総トン数5トン未満限定18歳達すると自動的に限定解除となる)、2級小型船舶(湖川小出限定)の操縦免許 無人航空機操縦免許 自家用滑空機操縦免許 日本サッカー協会認定するキッズリーダーの資格を取得できる。

※この「16歳」の解説は、「年齢」の解説の一部です。
「16歳」を含む「年齢」の記事については、「年齢」の概要を参照ください。


16歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/25 06:29 UTC 版)

紅秀麗」の記事における「16歳」の解説

原作本編における「はじまりの風は紅く」「黄金の約束」の時期。 春、霄太師昏君の(ふりをしていた)劉輝の教育係金五百両報酬頼まれ貴妃として後宮に入る。劉輝が政事真面目にするようになった後、「もう私のすることは何もない」と後宮辞す同年の夏、絳攸の提案で、門前行き倒れていた燕青一緒に男装し上で戸部尚書黄奇人のもとで働く事になる奇人その頃劉輝が朝議にかけていた、女性官吏登用制度案を施行までの期間短すぎることから反対していたが、秀麗仕事ぶり見て賛成に回る。これにより条件付制度試行されることとなり、国試受けられるうになる

※この「16歳」の解説は、「紅秀麗」の解説の一部です。
「16歳」を含む「紅秀麗」の記事については、「紅秀麗」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「16歳」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「16歳」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「16歳」の関連用語

16歳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



16歳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの16歳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの年齢 (改訂履歴)、紅秀麗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS