ビザとは? わかりやすく解説

ビザ【visa】


査証

(ビザ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/27 06:31 UTC 版)

査証(さしょう)または ビザ: Visa , Travel visa)とは、国家が自国民以外に対して、その人物の所持する旅券が有効であり、かつその人物が入国しても差し支えないと示す証書である[1]


  1. ^ 海外渡航の自由がない国家において、自国民に対する出国許可を「出国ビザ」と称する場合がある
  2. ^ 【Econo Graphics】ビザなし渡航国数、日本がシンガポール首位に『日経ヴェリタス』2018年4月29日(50項)。
  3. ^ 韓国パスポート「世界2位」 189カ国にビザなし渡航可能=1位日本”. 2019年3月17日閲覧。
  4. ^ 海外安全基礎データ リビア 外務省 2013年8月10日閲覧
  5. ^ サウジアラビア政府による日本国民を含む一部外国人に対する観光ビザ発給開始の発表 - 在サウジアラビア日本国大使館 令和元年9月27日
  6. ^ 米国のESTA
  7. ^ [https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/visit-canada/eta/apply-ja.html カナダのeTA]
  8. ^ オーストラリアのETA


「査証」の続きの解説一覧

ビザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 05:26 UTC 版)

中華民国とナミビアの関係」の記事における「ビザ」の解説

両国市民は、他方国に入る前にビザを申請する必要がある中華民国パスポート招待状を持っている中華民国市民は、香港ナミビア総領事館でビザを申請することができる。南アフリカ国際空港通過する際に南アフリカのトランジットビザを申請する必要はない空港出て陸路ナミビア移動する場合は、実際に南アフリカ入国しているため、南アフリカのビザを申請する必要があるナミビアパスポート(英語: Namibian passport)を持つナミビア国民(英語: Demographics of Namibia)は、国際会議スポーツイベント貿易展示会出席するために中華民国電子ビザ参加可能で、最長30日間滞在できるが、滞在日数延長できない

※この「ビザ」の解説は、「中華民国とナミビアの関係」の解説の一部です。
「ビザ」を含む「中華民国とナミビアの関係」の記事については、「中華民国とナミビアの関係」の概要を参照ください。


ビザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 13:59 UTC 版)

中華民国とガーナの関係」の記事における「ビザ」の解説

両国市民は、他の国に入る前にビザを申請する必要があります中華民国パスポートを持つ市民は、現地関係者、または旅行代理店到着時に国の入国管理局長にビザを申請するか、台湾商工会議所依頼し到着時にビザを申請するよう依頼できる。なお、ガーナ国内では黄熱病流行しているため、入国時に黄熱病予防接種証明書黄熱病)を提示する必要がありますガーナパスポートを持つ市民中華民国の査証政策によって国際会議スポーツイベント展示会出席するため台湾入国できる。しかし、期間は30日間までで、延長することはできない

※この「ビザ」の解説は、「中華民国とガーナの関係」の解説の一部です。
「ビザ」を含む「中華民国とガーナの関係」の記事については、「中華民国とガーナの関係」の概要を参照ください。


ビザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 14:46 UTC 版)

ヴィクトリアの滝」の記事における「ビザ」の解説

ザンビアジンバブエともに観光しのぎを削っている。観光客簡単に行き来できるようにするため、ヴィクトリアフォールズ橋国境では、どちらの国も比較簡単な手続きでビザを発給している。日本人の場合、ビザはその場で発給され事前に取得しておく必要はない。ただしビザは有料である。なお、出国してから相手国入国せずに戻ってくるだけであればビザは不要なので、単にヴィクトリアフォールズ橋まで行って戻るだけであれば料金掛からない2014年には両国の共通ビザである「KAZAビザ」の発行開始されている。

※この「ビザ」の解説は、「ヴィクトリアの滝」の解説の一部です。
「ビザ」を含む「ヴィクトリアの滝」の記事については、「ヴィクトリアの滝」の概要を参照ください。


ビザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 07:02 UTC 版)

中華民国とキルギスの関係」の記事における「ビザ」の解説

両国市民は、他の国に入る前にビザを申請する必要があります国際会議スポーツイベントトレードショー出席するために台湾到着したキルギスパスポートをもつキルギス市民中華民国の査証政策により、最長30日間滞在できる。しかしこの期間は延長できない

※この「ビザ」の解説は、「中華民国とキルギスの関係」の解説の一部です。
「ビザ」を含む「中華民国とキルギスの関係」の記事については、「中華民国とキルギスの関係」の概要を参照ください。


ビザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 09:23 UTC 版)

中華民国とパラオの関係」の記事における「ビザ」の解説

2018年12月1日より、中華民国パスポート所有する中華民国国民は、パラオ入国する際にビザなしで90日間滞在することができる。 2018年12月1日より、パラオパスポート所有するパラオ国民は、中華民国入国する際にビザなしで90日間滞在することができる。

※この「ビザ」の解説は、「中華民国とパラオの関係」の解説の一部です。
「ビザ」を含む「中華民国とパラオの関係」の記事については、「中華民国とパラオの関係」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ビザ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ビザ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビザ」の関連用語

ビザのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビザのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの査証 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中華民国とナミビアの関係 (改訂履歴)、中華民国とガーナの関係 (改訂履歴)、ヴィクトリアの滝 (改訂履歴)、中華民国とキルギスの関係 (改訂履歴)、中華民国とパラオの関係 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS