囲碁の形勢判断とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 囲碁の形勢判断の意味・解説 

囲碁の形勢判断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/29 20:53 UTC 版)

囲碁の形勢判断(いごのけいせいはんだん)とは、囲碁において、対局途中の局面を評価し、盤上の配置やハマの数から、どちらの対局者がどの程度優勢かを判断すること。




  1. ^ 『囲碁百科辞典』103ページ
  2. ^ 『囲碁百科辞典』16ページ
  3. ^ 『囲碁百科辞典』158ページ
  4. ^ 『囲碁百科辞典』137ページ
  5. ^ 『囲碁百科辞典』41ページ
  6. ^ 隅の星から両辺の星へ開いた形なら、三々や星下、隅の星からの一間トビなどが模様に芯を入れる手になる。
  7. ^ 『囲碁百科辞典』138ページ
  8. ^ 本来「目」は「1目勝ち」のように盤上の空点の数助詞、「子」は「2子局」のように碁石の数助詞であるが、「2目の頭」のように「目」と「子」は混同されて同義語化している。「2目の頭」は「2子の頭」が正統である。
  9. ^ 死活に絡む手入れの例は隅の板六バカ八を参照。
  10. ^ 双方のヨセの結果の差が2目なので「後手2目のヨセ」と言う。
  11. ^ 双方のヨセの結果の差が6目なので「後手6目のヨセ」と言う。
  12. ^ 将棋では、囲碁の「形作り」と同様の趣旨の手段に「最後のお願い」という言葉が使われる。
  13. ^ 『道策』1ページ
  14. ^ 中国などでは「形勢が悪くても最後まで最善を尽くすべき」という考え方もある。


「囲碁の形勢判断」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「囲碁の形勢判断」の関連用語

囲碁の形勢判断のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



囲碁の形勢判断のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの囲碁の形勢判断 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS