棋聖_(囲碁)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 棋聖_(囲碁)の意味・解説 

棋聖 (囲碁)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 02:41 UTC 版)

「棋聖」と尊称されるのは、歴代名手の中でも卓越した実績を残した江戸時代本因坊道策(前聖)と本因坊丈和(後聖)である、近年では本因坊秀策も棋聖の一人と数えられることもある[1]。また中国出身で日本で活躍し、全棋士を先相先以下に打ち込むなど輝かしい実績を残した呉清源は、「昭和の棋聖」と呼ばれている。




  1. ^ 水口藤雄『囲碁の文化誌』(日本棋院)
  2. ^ 年齢は小林が上だが、木谷門下に入ったのは趙が先という関係。
  3. ^ 国内棋戦 日本棋院
  4. ^ 日本棋院HP 棋聖戦挑戦者決定システムが一新―第40期より
  5. ^ 日本棋院HP 棋聖戦挑戦者決定システムが一新―第40期より
  6. ^ 「棋聖戦」初の4段階リーグ創設読売新聞 2014年10月27日
  7. ^ ちなみに第1期の推薦棋士は橋本宇太郎。橋本は各段戦(九段戦)1回戦で敗退していた。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「棋聖_(囲碁)」の関連用語

棋聖_(囲碁)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



棋聖_(囲碁)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの棋聖 (囲碁) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS