林海峰とは? わかりやすく解説

林海峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/29 09:36 UTC 版)

林 海峰(りん かいほう、リン ハイフォン 、1942年5月6日 - )は、中国囲碁棋士名誉天元上海出身、日本棋院東京本院所属、藤田梧郎七段、呉清源九段門下。中華職業圍棋協会理事。海峯棋院設立者。元・全日本学生囲碁連盟副会長、特別顧問。


  1. ^ a b 旭日中綬章の囲碁棋士、林海峰名誉天元 JIJI.COM
  2. ^ a b 平成29年秋の外国人叙勲受章者  在日受章者 内閣府
  3. ^ 七大タイトルでは工藤紀夫九段
  4. ^ 小堀啓爾『現代の棋士12人の世界』(日本棋院)P.54
  5. ^ 囲碁、林海峰が通算1400勝 史上2人目 琉球新報
  6. ^ “聶衛平:我就覺得林海峰厲害”. 東方網. (2002年1月22日). http://news.eastday.com/epublish/big5/paper148/20020122/class014800010/hwz584983.htm 2018年1月5日閲覧。 
  7. ^ “围甲不是“哈日”族--日本棋手登陆围甲联赛之我见”. 人民網. (2002年3月7日). http://japan.people.com.cn/2002/03/07/riben20020307_17488.html 2018年1月5日閲覧。 
  8. ^ “贵州卫视队出征围甲目标不变”. 中国中央電視台. (2003年4月5日). http://www.cctv.com/news/sports/boards_cards/20030405/100343.shtml 2018年1月5日閲覧。 
  9. ^ 内藤由起子 『「囲碁ライバル物語~木谷門、平成四天王、井山一強に挑む新世代~」p.20』マイナビ出版、2020年。 
  10. ^ 中平邦彦『棋士・その世界』(講談社文庫)P.106
  11. ^ 公式戦のみ。女流棋戦・地方棋戦(王冠戦関西棋院第一位決定戦など)は除く。


「林海峰」の続きの解説一覧

林海峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 08:34 UTC 版)

棋風」の記事における「林海峰」の解説

実利派。若い頃には粘りのある棋風で「二枚腰」と呼ばれたが、壮年以後戦闘的な棋風となった

※この「林海峰」の解説は、「棋風」の解説の一部です。
「林海峰」を含む「棋風」の記事については、「棋風」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「林海峰」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「林海峰」の関連用語

林海峰のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



林海峰のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの林海峰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの棋風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS