藤沢里菜とは?

藤沢里菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/18 07:40 UTC 版)

藤沢 里菜(ふじさわ りな、1998年9月18日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁女流棋士、四段。埼玉県出身[1]藤沢秀行名誉棋聖門下[1]




  1. ^ 謝依旻は女流棋士特別採用試験ではなく一般採用試験による入段。
  2. ^ 2019年現在のプロ入り最年少記録は2019年4月入段の仲邑菫の10歳0か月。
  3. ^ 謝依旻の最年少記録(女流最強位、17歳1か月)を塗り替えた。女流棋戦以外の棋戦では、井山裕太の2005年阿含・桐山杯早碁オープン戦の16歳4か月が最年少記録。
  1. ^ a b 藤沢里菜 - プロフィール” (日本語). 日本棋院公式サイト. 2019年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月1日閲覧。
  2. ^ a b c 『anan』2017年9月6日号
  3. ^ 第2回小・中学校囲碁団体戦
  4. ^ 第3回小・中学校囲碁団体戦
  5. ^ 第4回小・中学校囲碁団体戦
  6. ^ 平成20年度棋士採用試験情報”. 日本棋院のアーカイブ. 2019年2月17日閲覧。
  7. ^ 第5回小・中学校囲碁団体戦
  8. ^ 平成21年度棋士採用試験情報”. 日本棋院のアーカイブ. 2019年2月18日閲覧。
  9. ^ 優勝は吉田美穂さん(第51回全日本女流アマ囲碁選手権大会)”. 日本棋院のアーカイブ. 2019年2月9日閲覧。
  10. ^ 院生序列 平成21年度 4月期序列表”. 日本棋院のアーカイブ. 2019年2月18日閲覧。
  11. ^ 平成22年度棋士採用試験情報 ( 東京本院 )”. 日本棋院のアーカイブ. 2019年2月18日閲覧。
  12. ^ 第36期棋聖戦
  13. ^ 第8回広島アルミ杯・若鯉戦
  14. ^ 第64回本因坊秀策囲碁まつり・第3回女流秀策杯尾道市囲碁のまちづくり推進協議会
  15. ^ 藤沢里菜さん(16)史上最年少で女流本因坊奪取 賞金の使い道「プチぜいたくと貯金かな」
  16. ^ 藤沢が最年少タイトル獲得!【第1回会津中央病院杯女流トーナメント戦決勝】” (日本語). 日本棋院. 2019年2月9日閲覧。
  17. ^ 藤沢が最年少女流本因坊獲得!【第33期女流本因坊戦五番勝負第3局】日本棋院 2014年11月7日
  18. ^ 週刊碁 2015年2月1日号』日本棋院
  19. ^ 【囲碁】藤沢女流名人が扇興杯優勝で女流四冠に” (日本語). 産経ニュース (2017年7月16日). 2019年2月9日閲覧。
  20. ^ 藤沢里菜三段が碁聖戦本戦入り! 日本棋院
  21. ^ 第43期 碁聖戦
  22. ^ a b 女流本因坊、藤沢里菜が返り咲き…謝依旻は11年ぶり無冠” (日本語). 産経ニュース (2018年12月5日). 2019年2月9日閲覧。
  23. ^ a b 藤沢里菜四段が女流棋士初の七大タイトル本戦勝利!【第45期天元戦本戦1回戦】” (日本語). 日本棋院. 2019年2月9日閲覧。
  24. ^ 【入段】平成22年度 新入段者、日本棋院、2010年4月1日、2018年5月13日閲覧。
  25. ^ 【昇段】桂  篤五段、柳澤 理志四段、藤沢 里菜二段に昇段 日本棋院、2013年10月8日、2018年5月13日閲覧。
  26. ^ 【昇段】藤沢 里菜三段に、卞 聞愷二段に昇段、日本棋院、2015年8月7日、2018年5月13日閲覧。
  27. ^ 【昇段】藤沢 里菜四段に昇段、日本棋院、2018年4月23日、2018年5月13日閲覧。


「藤沢里菜」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「藤沢里菜」の関連用語

藤沢里菜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



藤沢里菜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本棋院日本棋院
Copyright © 1996-2019 Nihonkiin all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの藤沢里菜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS