山中伸弥とは?

山中伸弥

読み方:やまなかしんや
英語:Shinya Yamanaka

iPS細胞( 人工多能性幹細胞)を開発したことで知られる医学者1962年大阪生まれ神戸大学医学部卒業2012年ノーベル医学賞受賞者である。

山中伸弥は、大学卒業後に整形外科医として病院勤務経験した後、医学研究者転身した経歴を持つ。大阪市立大学大学院薬理学学び直した後、1993年米国カリフォルニア州グラッドストーン研究所Gladstone Instituteに留学し、そこでiPS細胞研究開始した。

米国での約3年研究生活の後、山中伸弥は日本帰国し、日本学術振興会大阪市立大学などを経て奈良先端科学技術大学院大学移籍した。2003年科学技術振興機構JST)から5年間で3億円の支援を受けることが決まり研究の末iPS細胞開発成功した。2004年に山中伸弥は京都大移籍し、iPS細胞研究続け2006年マウスにおけるiPS細胞生成方法確立した。

2012年10月ノーベル賞受賞者が発表され、山中伸弥は英国生物学者ジョン・ガードンと共にノーベル医学賞受賞者に選ばれた。受賞者の平均年齢より7歳ほど若い50歳での受賞マウスでのiPS細胞作成から約6年というスピード受賞といった点も注目集めた。

なお、山中伸弥と共にノーベル医学賞受賞したジョン・ガードンは、クローン技術開発者であり、iPS細胞連なる研究分野開拓者ともいえる人物である。ノーベル賞受賞時点で齢79歳、研究成果から約50年経て受賞となった。

山中伸弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 16:02 UTC 版)

山中 伸弥(やまなか しんや、1962年昭和37年〉9月4日 - )は、日本医師医学者学位医学博士大阪市立大学大学院1993年)。京都大学iPS細胞研究所所長・教授


注釈

  1. ^ 枚岡市は1967年(昭和42年)2月1日に布施市河内市と合併して東大阪市を発足させているため、当時4- 5歳であった伸弥少年は最初から東大阪市立枚岡東小学校に通う。
  2. ^ アシスタントをもじった言葉で、邪魔者の意。
  3. ^ 「邪魔」と「山中」のかばん語。

出典

  1. ^ 東大阪市立枚岡東小学校(地図 - Google マップ) ※該当施設は赤色でスポット表示される。
  2. ^ 奈良市立青和小学校(地図 - Google マップ) ※上に同じ。
  3. ^ 大阪教育大学附属天王寺中学校(地図 - Google マップ) ※上に同じ。
  4. ^ 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎(地図 - Google マップ) ※上に同じ。
  1. ^ ノーベル医学生理学賞、iPS細胞の京大・山中氏らに」『AFPBB News』フランス通信社 (AFP)、2012年10月8日。2012年10月30日閲覧。
  2. ^ Nobel Prize in Physiology or Medicine 2012 - Press release” (英語). The Nobel Prize (official website). Nobel Foundation (2012年10月8日). 2012年10月30日閲覧。
  3. ^ あらい日誌[出典無効][リンク切れ] 奈良県公式ホームページ
  4. ^ a b 大阪教育大学 広報室 (2016年10月12日). “卒業生・山中伸弥教授を迎え,附属天王寺中・高等学校創立記念式典を開催”. 公式ウェブサイト. 大阪教育大学. 2020年4月19日閲覧。 “(...略...)附属天王寺中高の卒業生である京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授が(...略...)”
  5. ^ a b c 青松同窓会事務局 (2012年). “山中伸弥さん(中29期・高23期) ノーベル医学生理学賞を受賞!!”. 公式ウェブサイト. 大阪教育大学附属天王寺中学校・高等学校天王寺校舎 青松同窓会. 2020年4月18日閲覧。
  6. ^ a b c 中高からの親友・世耕議員が語る山中教授“負けず嫌い伝説”腕相撲にマラソン」『zakzak(夕刊フジ)』株式会社産経デジタル、2012年10月10日。2012年10月13日閲覧。オリジナルの2013年7月28日時点におけるアーカイブ。
  7. ^ 徳田理事長が山中・京大iPS細胞研究所長と面談 (PDF) 徳洲新聞 No.842(2012年9月10日号)
  8. ^ a b 再録・時代を駆ける:山中伸弥/2 「スーパーマンになれ 毎日新聞 2012年10月8日閲覧
  9. ^ 第26回京都賞ウイーク2010年12月1日開催 ノーベル賞・山中伸弥氏「手術がヘタで、“ジャマナカ”と呼ばれてた」 挫折したことがiPS細胞研究につながる ログミー
  10. ^ a b c d 『「大発見」の思考法』文春新書
  11. ^ a b c d “山中氏ノーベル賞:「難病治したい」繰り返した挫折、再起”. 毎日新聞. (2012年10月8日). オリジナルの2012年10月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121010184939/http://mainichi.jp/select/news/20121009k0000m040055000c.html 2012年10月8日閲覧。 
  12. ^ 山中伸弥 「科学者になる方法」第10回 SciencePortal 2006年8月30日
  13. ^ 再録・時代を駆ける:山中伸弥/8止 iPSを成人させたい(2011年10月1日掲載) 毎日新聞2012年10月08日
  14. ^ 紀伊民報2012年10月11日付11面
  15. ^ 山中伸弥教授 受賞おめでとうございます 大阪市立大学
  16. ^ 再録・時代を駆ける:山中伸弥/1 研究はマラソンに似て(2011年9月21日掲載) 毎日新聞2012年10月08日
  17. ^ 「奈良先端大での研究が原点、母校の小学校も誇り」2012年10月9日12時04分 読売新聞
  18. ^ サンフランシスコでも山中氏に祝福の声「この日を待っていた」 日本経済新聞2012年10月9日
  19. ^ 山中伸弥「せるてく・あらかると iPS細胞の樹立--若い力がもたらした幸運 (特集 iPS細胞が与えた衝撃)」『細胞工学』第28巻第3号、2009年3月、 242-244頁、 NAID 40016523771
  20. ^ a b ヒトの皮膚から万能細胞、再生医療に画期的成果 京大チームが成功”. 産経新聞. 2007年11月21日閲覧。
  21. ^ 米大統領、万能細胞研究に支持を表明”. 産経新聞. 2007年11月21日閲覧。
  22. ^ 「万能細胞」国が支援、再生医療実用化へ5年で70億円”. 読売新聞. 2007年11月23日閲覧。
  23. ^ 再録・時代を駆ける:山中伸弥/1 研究はマラソンに似て(2011年9月21日掲載)毎日新聞2012年10月08日
  24. ^ 時間が許す限り取材を受け、寄付文化を根づかせたい ウェブゲーテ 2017年9月4日閲覧
  25. ^ "走って募るぞiPS研究費 山中所長、京都マラソンで" 朝日新聞 2012年3月11日閲覧。
  26. ^ 「細胞核初期化の分子基盤」科学研究費助成事業データベース。
  27. ^ "山中教授 大阪マラソンで寄付PR" 読売新聞 2013年8月8日閲覧。
  28. ^ "バテバテ山中教授、亡き恩師が「背中押した」" - 読売新聞 2013年10月28日閲覧。
  29. ^ 山中伸弥所長、京都マラソンで4時間切る快走 読売新聞 2015年2月16日閲覧
  30. ^ 山中伸弥さん、54歳で自己ベスト更新 京都マラソン 産経新聞 2017年2月19日閲覧
  31. ^ 別大マラソン 山中教授、3時間25分台完走 自己ベスト 毎日新聞 2018年2月4日閲覧
  32. ^ 山中教授に洗濯機購入費を贈呈 閣僚有志」『日本経済新聞日本経済新聞社、2012年10月19日。2020年4月19日閲覧。
  33. ^ 再生医療研究に1100億円、iPS中心に 文科相表明」『日本経済新聞』日本経済新聞社、2013年1月10日。2020年4月19日閲覧。
  34. ^ 山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信
  35. ^ 現在の同志社大学理工学部
  36. ^ 指定されたページが見つかりません[出典無効][リンク切れ] 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
  37. ^ ファミリーヒストリー 山中伸弥〜町工場の魂 ノーベル賞へ〜」(NHK2017年10月11日放送)
  38. ^ 日本経済新聞 2012年10月8日 1面 → 日本経済新聞日本経済新聞社、2012年10月8日。2020年4月19日閲覧。[出典無効]
  39. ^ 「受賞は国の支援のたまもの」山中教授が会見 日本経済新聞 2012年10月8日
  40. ^ 山中教授、遺伝子組み換えマウス“逃亡”で謝罪 サンスポ 2014年3月2日 2016年12月9日閲覧
  41. ^ ノーベル賞「山中教授」が隠していた「小保方的」実験ノート 週刊新潮 2014年5月8・15日号 2016年12月9日閲覧
  42. ^ 山中伸弥氏の論文画像類似事案(捏造指摘ではない) 11jigen 2013年 2016年12月9日閲覧
  43. ^ 山中教授「反省、おわび」 過去の論文疑義でデータ発見できず 日本経済新聞 2014/4/28 2016年12月9日閲覧
  44. ^ 2000年にThe EMBO Journalに掲載された論文について”. 京都大学iPS細胞研究所 (2014年4月28日). 2016年12月9日閲覧。
  45. ^ iPS細胞:山中所長「2000年発表論文に不正ない」 毎日新聞 2014年04月28日 2016年12月9日閲覧
  46. ^ iPS細胞:山中所長の一問一答 毎日新聞 2014年04月28日 2016年12月9日閲覧
  47. ^ 京大 山中教授が自身の論文巡り会見 NHK 2014年04月28日 2016年12月9日閲覧
  48. ^ 「内容は一点の曇りもない」「生データ無いのは恥ずかしい」 山中伸弥教授の会見内容 産経新聞 2014年04月28日 2016年12月9日閲覧
  49. ^ [1] 11jigen Twitter 28 Apr 2014 2016年12月9日閲覧
  50. ^ 捏造問題にもっと怒りを 日本の科学を考える 2016年12月6日閲覧
  51. ^ 捏造問題にもっと怒りを · ガチ議論 Disqus
  52. ^ 2000年論文に関するThe EMBO Journalの見解 京都大学iPS細胞研究所 (2014年5月12日). 2016年12月9日閲覧
  53. ^ 中山敬一「実は医学論文の七割が再現不可能 小保方捏造を生んだ科学界の病理」『文藝春秋』第92巻第7号、2014年6月、 97頁、2016年12月9日閲覧。
  54. ^ [2] Jun Seita Twitter 2014年04月29日 2016年12月9日閲覧
  55. ^ Questions Surrounding iPS Cells in Japan 2016年5月30日 2016年12月9日閲覧
  56. ^ [3] 11jigen Twitter 28 Apr 2014 2016年12月11日閲覧
  57. ^ 「謝罪会見、つらかった」 iPS山中教授にイノベーション大賞 アスキークラウド 2014年07月08日 2016年12月9日閲覧
  58. ^ 挫折と失敗を力に。iPS細胞は「塞翁が馬」から生まれた Kindai Picks編集部 2016年12月9日閲覧
  59. ^ 刊行物 京都大学iPS細胞研究所 CiRA(サイラ) 2016年12月9日閲覧
  60. ^ 論文9本に捏造や改ざん、熊本大院教授らの不正認定 朝日新聞 2015年3月20日 2016年12月9日閲覧
  61. ^ 論文不正に関する処分について|ニュース|ニュース・イベント|CiRA(サイラ) | 京都大学 iPS細胞研究所”. www.cira.kyoto-u.ac.jp. 2019年3月4日閲覧。
  62. ^ 「奈良先端大での研究が原点、母校の小学校も誇り」 読売新聞 2012年10月9日。[リンク切れ]
  63. ^ 2012年ノーベル生理学・医学賞 山中伸弥教授 受賞おめでとうございます(PDF) 大阪市立大学
  64. ^ 「「2025年国際博覧会誘致特使」(万博誘致特使)が任命されました。」 2025日本万国博覧会誘致委員会
  65. ^ こどもの本 中之島ホームページ(こどもの本 中之島とは)
  66. ^ 山中京大教授ら iPS細胞供給へ財団法人設立” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年12月19日閲覧。
  67. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年11月7日閲覧。
  68. ^ 平成20年度上原賞受賞者
  69. ^ 第8回(平成20年度)山崎貞一賞バイオサイエンス・バイオテクノロジー分野受賞者 材料科学技術振興財団
  70. ^ 平成20年度島津賞受賞者及び研究開発助成金受領者
  71. ^ 武田医学賞受賞者”. 武田科学振興財団. 2007年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年10月17日閲覧。
  72. ^ 中日文化賞:第61回(平成20年)”. 中日新聞. 2009年10月19日閲覧。
  73. ^ Träger des Robert-Koch-Preises seit 1970” (ドイツ語). Robert-Koch-Stiftung e.V.. 2009年11月7日閲覧。
  74. ^ Announcement of The Shaw Laureates 2008”. The Shaw Prize (2009年6月10日). 2009年11月1日閲覧。
  75. ^ トムソン・ロイター 21名の新たなノーベル賞有力候補者を発表”. トムソン・ロイター. 2010年9月21日閲覧。
  76. ^ Winners of the King Faisal International Prize (KFIP)for the year 1432H / 2011G”. The King Faisal Foundation. 2012年12月1日閲覧。
  77. ^ 山中伸弥所長がアルバニー・メディカル・センター賞受賞 京都大学iPS細胞研究所 CiRA(サイラ)
  78. ^ The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2012”. Nobelprize.org (2012年10月8日). 2012年10月8日閲覧。
  79. ^ 山中・京大教授にノーベル賞 iPS細胞の作製 日本経済新聞 2012年10月8日閲覧
  80. ^ “山中教授に賞金2億8千万円…ブレークスルー賞”. 読売新聞. (2013年2月21日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130221-OYT1T00406.htm 2013年2月21日閲覧。 
  81. ^ “ブレークスルー賞:山中教授ら11人に米の新設賞”. 毎日新聞. (2013年2月21日). http://mainichi.jp/select/news/20130221k0000e040152000c.html 2013年2月21日閲覧。 
  82. ^ 中嶋秀行、中島欽一 (2012) 「細胞分化脳科学辞典 脳科学辞典編集委員会
  83. ^ 図書館機構 : 山中伸弥教授のノーベル生理学・医学賞受賞関連論文(Key Publication)を公開しました 京都大学学術情報リポジトリ 2012年10月11日閲覧
  84. ^ サイエンス誌に載った「人工多能性幹細胞」
  85. ^ NHKスペシャル 人体 ミクロの大冒険 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  86. ^ "日テレ系「news zero」に山中教授、木曜パートナーで5日出演". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 3 March 2020. 2020年10月5日閲覧
  87. ^ 世界を変える“大発見”はこうして生まれた カリコ×山中伸弥”. NHK (2021年7月10日). 2021年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月17日閲覧。


「山中伸弥」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山中伸弥」の関連用語

山中伸弥のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山中伸弥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山中伸弥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS