第14回NHK紅白歌合戦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第14回NHK紅白歌合戦の意味・解説 

第14回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 07:20 UTC 版)

第14回NHK紅白歌合戦』(だいじゅうよんかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1963年昭和38年)12月31日(JST)に東京宝塚劇場で行われた14回目のNHK紅白歌合戦。21時05分から23時45分(JST)に総合テレビラジオ第1放送生放送された。




注釈

  1. ^ ビデオリサーチ調べ、関東地区では、直前に放送されたニュース(21時から21時05分)も66.7パーセントの視聴率を記録し、この年の視聴率ランキングでは2位(5分以上の番組が対象)となっている[1]
  2. ^ 翌1964年・第15回もチエミが掛け持ちした。その後、ペギー葉山1966年第17回)や九重佑三子1967年第18回)が掛け持ちを回避したのを挟み、水前寺清子と坂本九が起用された第19回1968年より事実上の「掛け持ち解禁」となった。
  3. ^ 歌唱中、谷啓が舞台に登場し、芦野宏と共に踊った。
  4. ^ 番組のテロップでは、「見あげてごらん夜の星を」と表記されていた。
  5. ^ 東京混声合唱団をバックに従えて登場した。
  6. ^ 3人がそれぞれの持ち歌を順番に披露した。伊東ゆかり「キューティ・パイ」→園まり「女王蜂」→中尾ミエ「バイ・バイ・バーディ」のメドレー。
  7. ^ 「ホンダラ行進曲」のパートでは、ハナ肇とクレージーキャッツのメンバー全員がコーラスとして参加。

出典

  1. ^ ビデオリサーチ(編)『視聴率の正体』広松書店、1983年、200頁。ISBN 4-7952-5208-4
  2. ^ 合田, pp. 82-83.


「第14回NHK紅白歌合戦」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第14回NHK紅白歌合戦」の関連用語

第14回NHK紅白歌合戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第14回NHK紅白歌合戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第14回NHK紅白歌合戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS