内館牧子とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > 内館牧子の意味・解説 

内館牧子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 01:47 UTC 版)

内館 牧子(うちだて まきこ、1948年9月10日 - )は、日本の脚本家作家作詞家


  1. ^ a b 斉藤明美『家の履歴書 文化人・芸術家篇』キネマ旬報社、2011年、p380-384
  2. ^ Ms Wendy224号 「注目の人 脚本家/内館 牧子さん」 Wendy-Net
  3. ^ 『私の父、私の母PartII』中央公論社、1996年、34-35頁
  4. ^ a b 内館牧子(2007): 『養老院より大学院』講談社文庫, 259p.
  5. ^ 男の原点 強さと品格、綱と通じる…内館牧子さん 特集:ラグビーワールドカップ 2019 日本大会:読売新聞
  6. ^ “内館さんも大声援 成長した姿に感激”. 毎日新聞. (2010年9月20日). http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/amateur/10kurojishi/archive/news/2010/09/20100901ddlk14050264000c.html 
  7. ^ メジャー、インディーを問わず観戦しているらしく、2009年プロレス大賞ベストバウト(大日本プロレス11月20日後楽園ホール大会・カミソリ十字架ボード+αデスマッチ伊東竜二 vs 葛西純戦)について、評価がされにくいインディー団体である大日本プロレスデスマッチ三田佐代子とともに強く推したことが、三田の出演するインディーのお仕事で告げられている。
  8. ^ なお、2002年にも受験を試みたが武蔵丸の稽古総見欠席(後述)の影響で騒動後の横綱審議委員会と東北大大学院の入試日が重なり断念したという。
  9. ^ 日刊スポーツ 2017年5月8日
  10. ^ 尚武蔵丸の師匠・武蔵川親方(第57代元横綱・三重ノ海)は「武蔵丸はケガをおして冬巡業を参加したのに、気分転換して何が悪い。横審委員にこんな言われ方するのは心外だ」と反論したという。
  11. ^ 内館牧子『「横審の魔女」と呼ばれて』(朝日新聞出版)
  12. ^ “「朝青龍はまた同じ過ちを繰り返す」内館牧子が引退勧告”. J-CASTニュース. (2007年9月25日). http://www.j-cast.com/tv/2007/09/25011584.html 2011年2月15日閲覧。 
  13. ^ “小倉智昭「イジメ」指摘 朝青龍か例の問題か”. J-CASTニュース. (2009年5月26日). http://www.j-cast.com/tv/2009/05/26041879.html 2011年2月15日閲覧。 
  14. ^ 内館牧子「朝青龍と相撲以外で会っていたら気が合ったはず」NEWSポストセブン 2014-05-02
  15. ^ 朝日新聞』2009年6月22日
  16. ^ 「人たらし」朝青龍“天敵”内館委員と和解?スポニチアネックス 2009-04-30
  17. ^ 内館氏「次はクビ」朝青メッタ斬り締め日刊スポーツ 2010-01-26
  18. ^ “天敵”内館氏「ベストの選択だった」スポニチアネックス 2010-02-05
  19. ^ あさイチ プレミアムトーク 内館牧子,goo
  20. ^ 連載の途中ですが、ここでお知らせです
  21. ^ 【裁判終了】賠償金&謝罪ゲット【完全勝利】
  22. ^ “再ブレイク中の斉藤由貴、平凡な主婦に訪れた刺激的な日々を熱演”. ORICON STYLE. (2016年9月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2078435/full/ 2016年9月13日閲覧。 
  23. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。
  24. ^ 『官報』号外第151号、2019年11月3日


「内館牧子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内館牧子」の関連用語

内館牧子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



内館牧子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内館牧子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS