塚田泰明とは?

塚田泰明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/03 17:54 UTC 版)

塚田 泰明(つかだ やすあき、1964年11月16日 - )は、将棋棋士大内延介九段門下。棋士番号は148。東京都出身。




  1. ^ その後、間もなく、南芳一島朗もタイトルを獲得して、55年組のタイトル経験者は5名となる。
  2. ^ 同年11月25日に、高橋が福崎から十段位を奪取して二冠となったため、「完全戦国時代」は僅か1ヶ月で終わる。
  3. ^ 「棋士に聞く本音対談 塚田泰明九段×中村修九段 55年組とは何だったのか?」『将棋世界』、日本将棋連盟、2013年8月、 100頁。
  4. ^ コラムの森 早指し将棋妙手奇手・アナウンサー島田良夫氏(2012年7月12日付アーカイブ)”. NIKKEI NET 将棋王国 (2003年3月20日). 2012年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月17日閲覧。
  5. ^ 36歳0ヶ月での九段昇段は、勝数規定によるものに限定すると、2013年現在最年少記録である。


「塚田泰明」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「塚田泰明」の関連用語

塚田泰明のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



塚田泰明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本将棋連盟日本将棋連盟
Copyright(C) 2019 Shogi Association, All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの塚田泰明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS