熊坂学とは?

熊坂学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/30 05:27 UTC 版)

熊坂 学(くまさか まなぶ、1977年5月17日 - )は、将棋棋士中原誠十六世名人門下。棋士番号は244。宮城県仙台市出身。


  1. ^ a b 後に第64期の長岡裕也と第72期の竹内雄悟も2勝8敗の成績に終わり、熊坂の最少勝数記録に並んだ。
  2. ^ 本戦では2回戦(初戦)で当時順位戦A級に在籍していた鈴木大介に敗退。
  3. ^ a b 引退棋士のお知らせ日本将棋連盟 2015年4月1日
  4. ^ 降級点の無い時期を含めると、1958年、浅沼一の四段昇段後8年(うち予備クラス5期)・33歳での引退が最短。
  5. ^ 特に、竜王戦の6組昇級者決定戦は、女流棋士・アマチュア出場者・奨励会三段が全員敗退後に1回戦から進行する関係上、引退が内定した棋士が年度を跨いでエントリーしているケースが殆どである。
  6. ^ “【マンスリー将棋】熊坂五段、現役続行へ試練の戦い” (日本語). 産経新聞. (2015年3月23日). オリジナル2018年7月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180704080629/http://www.sankei.com/life/news/150323/lif1503230015-n1.html 2018年7月4日閲覧。 」このとき、年度内は対局は組まれていないので、『年度内に5連勝』であれば、記事の表題が間違っていることになる。
  7. ^ 熊坂は現役末期の2014年2月25日のNHK杯将棋トーナメント予選から、引退が告知される直前の2015年3月31日までの間、公式戦を30回対局し18勝12敗の成績を修めており、以降5連勝することで、数字の上では規定(連続30局以上の勝率が6割5分以上に)を満たすことになっていた。
  8. ^ [野月 浩貴 (@nozuki221) | Twitter、吉田正和 (@yoshidamasakazu) | Twitterなど]
  9. ^ asahi.com : 被災者の熊坂五段、郡山で名人戦の大盤解説 - マイタウン福島
  10. ^ 高野は編入試験の委員を務めていたので、混乱を避け、編入試験の企画自体が不調に終わる前に早い段階で交代を申し出たという。(将棋世界」2007年10月号)
  11. ^ 日本将棋連盟モバイル「熊坂五段インタビュー」2015年5月7日(睡蓮記者)


「熊坂学」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「熊坂学」の関連用語

熊坂学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



熊坂学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本将棋連盟日本将棋連盟
Copyright(C) 2020 Shogi Association, All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熊坂学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS