室谷由紀とは?

谷口由紀

(室谷由紀 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/06 18:52 UTC 版)

谷口 由紀(たにぐち ゆき、旧姓は室谷(むろや)、1993年3月6日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士女流棋士番号は42。大阪府大阪狭山市出身。森信雄七段門下。同志社香里高等学校を経て、同志社大学に進んだが[1]、将棋に専念するために中退[2]




注釈

  1. ^ 日本将棋連盟のサイトでは女流3級時代の成績も通算されており、9勝4敗、0.692。

出典

  1. ^ 「将棋時評-棋道哀楽(青野照市)」、『将棋世界』、日本将棋連盟、2012年2月、 71頁。2011年11月24日の第38期女流名人位戦リーグ最終局の時点で、谷口(当時は室谷)が同志社大学1年生である旨の記述がある。
  2. ^ 「将棋時評-棋道哀楽(青野照市)」、『将棋世界』、日本将棋連盟、2012年9月、 62頁。2012年6月28日の第2期女流王座戦2次予選の時点で、谷口(当時は室谷)が同志社大学を中退して将棋一本に打ち込んでいる旨の記述がある。
  3. ^ a b c 室谷由紀研修会員が女流棋士仮会員の資格を取得”. 日本将棋連盟 (2009年6月30日). 2015年11月7日閲覧。
  4. ^ 室谷由紀さんが10月より女流3級に”. 日本将棋連盟 (2009年7月23日). 2015年11月7日閲覧。
  5. ^ 室谷由紀女流3級が女流1級に昇級”. 日本将棋連盟 (2010年7月20日). 2015年11月7日閲覧。
  6. ^ 2011年4月1日付昇級・昇段者”. 日本将棋連盟 (2011年3月31日). 2015年11月7日閲覧。
  7. ^ 室谷由紀本人ツイート”. Twitter (2014年2月23日). 2015年11月7日閲覧。
  8. ^ a b c d 第9期マイナビ女子オープン挑戦者インタビュー 室谷由紀女流二段「夢の舞台へ」 - マイナビ将棋情報局・2016年4月8日
  9. ^ 室谷由紀女流初段が二段に昇段”. 日本将棋連盟 (2015年8月26日). 2015年11月7日閲覧。
  10. ^ 室谷由紀本人ツイート”. Twitter (2017年3月13日). 2017年3月30日閲覧。
  11. ^ 将棋棋士は“手が口ほどに物を言う” 室谷由紀女流二段「手荒れしないようにしています」”. Abema TIMES (2017年12月20日). 2018年1月3日閲覧。
  12. ^ 前代未聞!?棋士によるフットサル大会を生中継。 - SoccerKING・2016年6月16日
  13. ^ 室谷由紀本人ツイート”. Twitter (2017年3月27日). 2017年3月30日閲覧。
  14. ^ 将棋・室谷由紀女流二段、同い年・香川愛生女流三段への対抗心「私は常に彼女より下」”. Abema TIMES (2017年12月26日). 2018年1月3日閲覧。
  15. ^ a b 室谷由紀女流二段が結婚”. 日本将棋連盟 (2018年3月6日). 2018年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月6日閲覧。


「谷口由紀」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「室谷由紀」の関連用語

室谷由紀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

関屋喜代作

鈴木環那

田中寅彦

桐谷広人

石井健太郎

石田直裕

中尾敏之

阿久津主税





室谷由紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本将棋連盟日本将棋連盟
Copyright(C) 2018 Shogi Association, All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの谷口由紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS