2016年11月とは? わかりやすく解説

2016年11月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:31 UTC 版)

スズキ・エスクード」の記事における「2016年11月」の解説

日本仕様車仕様変更ボディカラーブラック2トーンルーフ仕様に「ブライトレッド5」と「サバンナアイボリーメタリック」の2色を加えブラック2トーンルーフ3色、モノトーン3色の計6色に拡大同時に2WD車が廃止となり、4WD車のみの設定となった

※この「2016年11月」の解説は、「スズキ・エスクード」の解説の一部です。
「2016年11月」を含む「スズキ・エスクード」の記事については、「スズキ・エスクード」の概要を参照ください。


2016年11月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 06:56 UTC 版)

日産・シーマ」の記事における「2016年11月」の解説

ディグニティOEM供給終了販売期間は4年4カ月短く一度も改良施されることないまま、モデルライフに幕を下ろした同時期販売開始したプラウディア同時に廃止となった

※この「2016年11月」の解説は、「日産・シーマ」の解説の一部です。
「2016年11月」を含む「日産・シーマ」の記事については、「日産・シーマ」の概要を参照ください。


2016年11月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 16:25 UTC 版)

Green500」の記事における「2016年11月」の解説

2016年11月に発表されたGreen500リストの上位5位は以下の通り前回NVIDIA製ではない独自開発アクセラレータメインとするシステム1位だったが、今回NVIDIAGPUTesla P100使用したシステム「DGX-1」を採用したスパコン1位2位入った。特にNVIDIA社が自ら設計してNVIDIA自身設置され1位SATURNV2位以下に大差をつけており、NVIDIAIntelへの対抗心露わにしている。 欧州最速Piz Daintが、Tesla P100採用してバージョンアップし、Green5002位返り咲いた前回1位理研Shoubu3位転落前回2位SatsukiTOP500ランク外に転落)したが、6位以下では、日本最速東大筑波大Oakforest-PACSが6位、京大Camphor 2が9位に入るなど、日本勢健闘した日本ではないが、ドイツの富士通テクノロジー・ソリューションズ本店設置され富士通サーバー機も5位に入った前回トップ10に6機が入っていた中国勢は、前回5位のSugon ClusterTOP500ランキング不参加だったりしたため今回神威太湖之光の1機だけと大幅に減少した国策スパコンである神威太湖之光の他は、普通のサーバートップ10ランクインしていただけだったので、こういうことが起こる)。 1 9,462.09 (アメリカNVIDIA社、DGX SATURNV) 2 7,453.51 (スイススイス国立スーパーコンピューティングセンター(英語版)、Piz Daint3 6,673.84 (日本理化学研究所Shoubu4 6,051.30 (中国無錫国立スーパーコンピュータセンター神威太湖之光5 5,806.32 (ドイツ富士通テクノロジー・ソリューションズ本店、QPACE3)

※この「2016年11月」の解説は、「Green500」の解説の一部です。
「2016年11月」を含む「Green500」の記事については、「Green500」の概要を参照ください。


2016年11月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 05:44 UTC 版)

寺社連続油被害事件」の記事における「2016年11月」の解説

11月20日 - 奈良県興福寺で、木造千手観音菩薩立像台座華原磬銅製楽器)、木造四天王立像一つである持国天像の台座国宝3点や、手すり案内板、床など十数か所液体かけられていることを確認前年一連の事件との関連性不明翌日会見では、それに加えて乾漆八部衆立像国宝)の一つである迦楼羅像の台座木造釈迦如来坐像重要文化財)の台座金剛力士像頭部の阿形像・吽形像の首の部分染み確認された発表された 11月21日奈良県橿原神宮で、賽銭箱絵馬掛ける鳥居石灯籠など8か所に油のような液体かけられているのが発見された。 奈良県東大寺で、大仏殿内の金属製花瓶大仏蓮弁蓮華蔵世界図のポリカーボネート製のレプリカ液体の痕が見つかった

※この「2016年11月」の解説は、「寺社連続油被害事件」の解説の一部です。
「2016年11月」を含む「寺社連続油被害事件」の記事については、「寺社連続油被害事件」の概要を参照ください。


2016年11月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 09:44 UTC 版)

2016年度の将棋界」の記事における「2016年11月」の解説

3日 - 第6期女流王座戦五番勝負第2局が行われ、里見香奈女流四冠連勝タイトル王手里見香奈女流四冠 2-0 加藤桃子女流王座)。 4日 - 二上達也九段享年84歳肺炎のため死去7・8日 - 第29期竜王戦七番勝負第3局が行われ、丸山忠久九段勝利丸山忠久九段 2-1 渡辺明竜王8日 - 第24期倉敷藤花戦三番勝負第1局が行われ、室谷由紀女流二段先勝室谷由紀女流二段 1-0 里見香奈倉敷藤花)。 19日 - 第24期倉敷藤花戦三番勝負第2局が行われ、里見香奈倉敷藤花勝利し勝負最終局に持ち越し里見香奈倉敷藤花 1-1 室谷由紀女流二段)。 20日 - 第24期倉敷藤花戦三番勝負第3局が行われ、里見香奈倉敷藤花連勝し2期連続7期目の倉敷藤花防衛里見香奈倉敷藤花 2-1 室谷由紀女流二段)。 2122日 - 第29期竜王戦七番勝負第4局が行われ、渡辺明竜王勝利。再びタイに戻す(渡辺明竜王 2-2 丸山忠久九段25日 - 第6期女流王座戦五番勝負第3局が行われ、里見香奈女流四冠3連勝で、3期ぶり2期目女流王座獲得自身2度目の五冠となった(里見香奈女流四冠 3-0 加藤桃子女流王座)。 28日 - 清水市代女流六段が第43岡田美術館杯女流名人戦甲斐智美女流五段に勝ち、女流棋士2人目となる女流公式戦通算600勝(将棋栄誉賞)を達成

※この「2016年11月」の解説は、「2016年度の将棋界」の解説の一部です。
「2016年11月」を含む「2016年度の将棋界」の記事については、「2016年度の将棋界」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2016年11月」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2016年11月のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2016年11月のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスズキ・エスクード (改訂履歴)、日産・シーマ (改訂履歴)、Green500 (改訂履歴)、寺社連続油被害事件 (改訂履歴)、2016年度の将棋界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS