先勝とは?

先勝

読み方:せんしょう,せんかち,さきがち
別表記:さきがち】、せんかち

先勝(せんしょう)とは、吉凶定め基準となる「六曜」のうちの1つ。事を行うならば早い方が良いとされる。「せんかち」「さきがち」と読むこともある。

「先勝」とはすなわち「先んずれば即ち勝つ(さきんずればすなわちかつ)」ということで、先勝日万事に急ぐことが好ましい。そのため用事を行うならば午前中良く午後は悪いとされている。また「急ぐことよし訴訟事よし」とも言われ、争うことに良い日ともされている。先勝は、古く室町戦国時代さかのぼり当時武将達の間で、開戦日の吉凶を占う目安としても重んじられた。

現代において、先勝(の午前)は建築吉日として、大安次に好ましい日とされている。また乗り物は命に関わるのであるので、同じく大安次に先勝の午前行われることを好ましく考え自動車ディーラー存在する。縁起をかつぐ入籍引っ越し場合は、大安友引次に好ましいとされるのがこの先勝である。

葬式を先勝の日に行うことについては様々な考え方があるが、基本的には執り行っても問題ない。ただし六曜は、「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」という順で連なっており、「友引」の日は「友を引く(連れていく)」という考え方から、葬式には不向きであるとされている。友引前日が先勝であることを考えれば、お通夜を先勝の日に行ってしまうと葬式友引になってしまう可能性が高くなる。このような意味で、通夜は先勝の日は避けるべきであると考え向きもある。

せん‐しょう【先勝】

[名](スル)

何回も行う試合で、まず最初に勝つこと。「日本シリーズに先勝する」

暦注六曜の一。万事急ぐをよしとし、午前を吉、午後を凶とする日。先勝日せんかち


先勝

読み方:センショウ(senshou)

六曜星の一で午前は吉、午後は凶、急いでとされる日。


先勝

六輝六曜)のひとつ。急用訴訟などに良いとされ、何事急いで早く事を行うと幸運舞い込む日。午前は吉、午後は凶とされる。「せんかちせんしょうさきかち」ともいう

先勝(せんかち=又は、せんしょう・さきかち、とも言う)

午前中は「吉」、午後は「凶」とされ、「先んずればすなわち勝つ」で、何事も急ぐが勝ちで、急ぎものを始め公式行事訴訟開始契約締結日などの適日と言われ、全て積極的に行動すれば結果良しとし、午前中に用を足すことを良とする日です。




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「先勝」の関連用語

先勝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



先勝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2021 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2021
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー

©2021 GRAS Group, Inc.RSS