友引とは?

友引

読み方:ともびき

友引とは、友引の意味

友引とは、六曜の名称の1つで、相打ち勝負なしの日のこと、つまり良いことはないが悪いこともない日のことである。本来は「共引き」と書き表していたが、陰陽道の友引と混同されるようになり、いつしか六曜でも友引と言うようになった

陰陽道における友引は、災い友人に及ぶ方角のことを指す。方角日によって異なり、その方角へ向かって葬送することが避けられていた。

現代六曜陰陽道解釈依る所が多く、友引の葬儀避け傾向にある。ちなみに六曜仏教とは関係なく葬式避けるという話は迷信である。

ちなみに六曜は、先勝せんしょう)、友引、先負(せんぷ)、仏滅ぶつめつ)、大安たいあん)、赤口しゃっこう)の6つである。

とも‐びき【友引】

暦注六曜の一。なにごとをしても勝ち負けがないといわれる日。この日に葬式を出すと、他人の死をさそうといって嫌う。友引日。


友引

読み方:トモビキ(tomobiki)

六友引日の略。六曜星の一で相引勝負なしという日。


ともびき 【友引】

暦注六輝六曜)の一つ相引き勝負なしとする日。朝・晩は吉、昼は凶とする。俗信で友を引くとして葬式忌む。(地方により寅の日忌む所もある)

友引

六輝六曜)のひとつ。大安に次ぐ吉日結婚式などの慶び事にはよい日だが、正午は凶とされる。「ともびきゆういん」ともいう。挙式スタート時間正午避けて。

友引(ともびき=又は、ゆういん、とも言う)

午前午後とも相引き勝ち負けがない日とされています。朝方夜半は「吉」で、昼間は「凶」とされ、新たな行動控えるのが無難という日です。この日が通夜葬儀当る場合は、「故人の死が友を引いて(招いて)死人が続く」と忌み嫌って、避け日延べ(1日2日)する風習あります



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「友引」の関連用語

友引のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



友引のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2021 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2021
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー

©2021 GRAS Group, Inc.RSS