赤口とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 赤口の意味・解説 

赤口

読み方:しゃっこうしゃっく

赤口とは(定義)

赤口とは、「六曜のひとつで、陰陽道赤舌日しゃくぜつにち)と赤口日まざったとされている日のこと。「赤口日」は陰陽道において八嶽卒神が支配する日とされており、公事訴訟契約凶日という。赤口は基本的に凶日だが、正午の前後のみはいい日とされている。読み方は「しゃっこうもしくはしゃっく」である。赤口はお祝いに関して凶日だが、葬式は特に問題ないとされる

赤口の吉凶(入籍、挙式、引越し、納車)

赤口は「赤」という字からも連想される通り、火や刃物用心するべき日とされている。赤口の日に入籍することは、特に忌まれているわけではないが、縁起気にして赤口を避け他の吉日選んだ方が無難考える人もいる。

結婚式の場合、キャンドルサービスケーキ入刀のように火と刃物を扱う機会あるため、赤口の日の挙式よくないとも言われることもある。それだけに赤口の日は式場予約他日に比べ取りやすくなる傾向にあり、六曜をさえ気にしなければ混雑悩まされずに挙式できる可能性もある。

引っ越しに関しては、やはり「火を連想させる」という理由でよくないとされている引っ越しについて凶日避け方法としては、先に大安の日選んで身の回り道具新居運んでおくという手もある。そのように取り計らうことで、赤口の日に家財道具運んだとしても「大安引っ越し行った」と見なすわけである。

納車に関して赤口は特に影響いとされる吉凶気にする場合、吉とされる正午前後に納車したり、あるいは神社交通安全祈願お祓い受けたりして縁起を担ぐ人もいる。

赤口

読み方:しゃっくしゃっこうじゃっこう

の上不吉とされる縁起の悪い日凶日厄日あらゆる物事について不向きなお日柄であり、ことに祝い事事始め新しい取り組み開始)については、とにかく赤口は避けに越したことはないとされる刃物火の元にも特に要注意。ただし、午の刻正午前後)に限って吉。

赤口は「暦注」における「六曜」の要素である。六曜日ごと吉凶を「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6項目の巡りによって示す体系である。赤口は六曜巡り順において第6番目に位置する

六曜における縁起悪さ度合いでは、赤口は仏滅相並ぶ凶日位置づけられている。ことに祝い事事始めは凶とされているだけに結婚式の日取りとしては最悪といえる

六曜は、もともと占術的な体系であり、科学的根拠裏付けがあるわけでもない、いってしまえば俗信・迷信類する情報である。現代においては暦上の吉凶気にかける場面はほぼないといえるとはいえ冠婚葬祭棟上げなどの機会には、古来より続いてきた習俗を踏まえる意味も含めて、暦上の吉凶気にかける場合はある。

しゃっ‐く〔シヤク‐〕【赤口】

読み方:しゃっく

しゃっこう(赤口)


しゃっ‐こう〔シヤク‐〕【赤口】

読み方:しゃっこう

暦注六曜の一。大凶の日だが、正午だけは吉とされる赤口日しゃっく


赤口

読み方:シャック(shakku)

暦注六輝の一


赤口(しゃっこう・しゃっく)


赤口(しゃっく=又は、しゃっこう、じゃっく、じゃっこう、せきぐち、とも言う)

全てが「大凶とされる日です。正午前後の1時間(午の刻)のみが「吉」とされていますが、全てのお祝いごとや新たな行動控えた方が無難と言われています。「赤」は血や火を表すとして、特に火災怪我に対す注意喚起してます。


赤口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/15 15:03 UTC 版)

赤口(しゃっこう、しゃっく、せきぐち)




「赤口」の続きの解説一覧

赤口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 11:48 UTC 版)

赤舌」の記事における「赤口」の解説

江戸時代妖怪絵巻百怪図巻』(佐脇嵩之1737年)、『化物づくし』(画家制作年不明加賀谷れい所蔵)、『化物絵巻』(画家制作年不明川崎市市民ミュージアム所蔵)には、石燕描いた赤舌」のモデルと見られる「赤口」(あかくち、あか口)という妖怪描かれている。大きくひらかれた赤い口(舌も含まれる)、爪のある手と毛深い顔、黒雲覆われたのような姿が描かれており『十界双六』や石燕の「赤舌」とほぼ共通している。水門描かれていない江戸時代随筆嬉遊笑覧』に引かれている古法元信描いた化物絵」に描かれていたとされる妖怪中には「赤口」という名称が確認できる。 「赤口」について、多田克己六曜の赤口が由来ではないかとの説を唱えている。

※この「赤口」の解説は、「赤舌」の解説の一部です。
「赤口」を含む「赤舌」の記事については、「赤舌」の概要を参照ください。


赤口(あかぐち)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 15:16 UTC 版)

HAPPY★LESSON」の記事における「赤口(あかぐち)」の解説

アニメ版ノベライズにのみ登場

※この「赤口(あかぐち)」の解説は、「HAPPY★LESSON」の解説の一部です。
「赤口(あかぐち)」を含む「HAPPY★LESSON」の記事については、「HAPPY★LESSON」の概要を参照ください。


赤口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 17:11 UTC 版)

六曜」の記事における「赤口」の解説

赤口(しゃっこう/しゃっく)は、正午の前後除いて凶日とされる日。午の刻午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされる陰陽道赤舌日しゃくぜつにち)と赤口日あるいは大赤たいしゃく)が混じって凶日として六曜一つになったといわれている。赤舌日木星西門支配する赤舌神司る日とされ、門を交代で守る配下の六鬼のうち特に3番目の羅刹神は人々威嚇する存在であり、この日訴訟契約避けるべきとされた。また、赤口日木星東門支配する赤口神が司る日とされ、配下八大鬼のうち特に4番目の八嶽卒神は人々弁舌妨害する存在であり、この日訴訟契約避けるべきとされた。赤舌日6日周期赤口日8日周期異な周期であるが、これらが六曜一つに「赤口」としてまとめられ取り込まれたと考えられている。 この日「赤」という字が付くため、火の元刃物気をつける。つまり「死」を連想されるものに注意するとされる

※この「赤口」の解説は、「六曜」の解説の一部です。
「赤口」を含む「六曜」の記事については、「六曜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「赤口」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「赤口」の関連用語

赤口のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



赤口のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2023 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2023 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2023
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤口 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの赤舌 (改訂履歴)、HAPPY★LESSON (改訂履歴)、六曜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS