テレ朝チャンネルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > テレ朝チャンネルの意味・解説 

テレ朝チャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/20 07:13 UTC 版)

テレ朝チャンネル(テレあさチャンネル)は、株式会社テレビ朝日が運営するCSデジタル放送向けの専門チャンネルである。テレ朝チャンネル1とテレ朝チャンネル2に分けられる




  1. ^ ただし日刊スポーツ西日本版では、2013年の2チャンネル体制になってからは掲載が省略されている。
  2. ^ 東経110度CS放送に係る衛星基幹放送の業務の認定
  3. ^ 朝日ニュースター:名称変更で4月から「テレ朝チャンネル2 ニュース・スポーツ」に - 毎日jp 2012年2月26日
  4. ^ a b 出典:『ケーブル年鑑2015』(サテマガ・ビーアイ刊、2014年10月発行)p. 398
  5. ^ 2014年4月 合併。6月にブランドをJ:COMに統合
  6. ^ 日本テレビ制作の『美味しんぼ』など。但し、TBS制作の『笑ゥせぇるすまん』はTBSチャンネルのみの放送。
  7. ^ 毎日6:00 - 8:00・14:00 - 16:00(土日は12:00 - 14:00)・19:00 - 21:00・24:00 - 26:00
  8. ^ あたしンち』ではミニコーナーも放送しているが、『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけと共演する本放送時における放送枠変更に関する内容(セリフとテロップ)が修正されていた。
  9. ^ テレ朝チャンネルではじめて放送された平成仮面ライダーシリーズ作品。
  10. ^ 第1話初回放送の2008年3月11日に第2話が放送される放送事故があった。
  11. ^ 日本代表4チームの内、BS朝日と2チームずつ折半して放送。例として、2010年シーズンはガンバ大阪川崎フロンターレのゲームを生中継、鹿島アントラーズサンフレッチェ広島のゲームを録画放送した(BS朝日はこの逆)。
  12. ^ ただし、ACLの放映権については2013年度の大会以後は日本テレビ放送網BS日テレ日テレG+日テレプラスを含む)に移行したため、テレ朝chでの放送は2012年度をもって終了した。
  13. ^ テレビ朝日 2012年シーズンプロ野球・埼玉西武ライオンズ主催ゲームCS完全生中継決定!! - テレビ朝日、2011年12月27日
  14. ^ ただし、放映権を持つ西武主催ゲームと広島対巨人戦が重複した際に、後者をテレ朝チャンネルで放送することになっているが、2012年の対象となるゲームが西武のビジターとなり、実現しなかった(一部のスカパー!情報誌より)。2014年は9月16日にそれが該当し、西武対日本ハム戦をch2、広島対巨人戦をch1<BS朝日と同じ内容>で放送している
  15. ^ エキサイトボクシング』はスカイ・A sports+、テレビ朝日で過去に放送された試合はFIGHTING TV サムライで放送されていた。
  16. ^ 2015年11月からは中国テレビ★CCTV大富を同じ番号で放送中
  17. ^ 2013年2月までFOODIES TVが使用していたチャンネル番号を引き継ぎ
  18. ^ 地上波放送が広島県ローカルとなった日は、地上波では『カープ応援中継“勝ちグセ。”』名義で広島ホームテレビ主導制作(独自企画等を実施する場合がある)となり、衛星波向けはテレビ朝日主導で別制作する。
  19. ^ GIANT KILLINGテレ朝チャンネル公式ホームページ


「テレ朝チャンネル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「テレ朝チャンネル」の関連用語

テレ朝チャンネルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



テレ朝チャンネルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテレ朝チャンネル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS