仮面ライダーディケイドとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 仮面ライダーディケイドの意味・解説 

仮面ライダーディケイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/16 07:29 UTC 版)

仮面ライダーディケイド』(かめんライダーディケイド、欧文表記:MASKED RIDER DECADE[注釈 2]は、2009年1月25日[注釈 3]から同年8月30日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜8:00 - 8:30(JST)に全31話が放映された、東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。ハイビジョン制作[注釈 4]




注釈

  1. ^ a b 第23話より「GACKT」と表記。
  2. ^ タイトル・ロゴには「仮面ライダーディケイド」「MASKED RIDER」「DCD」が併記されている。
  3. ^ 放送開始の1月25日は原作者・石ノ森章太郎の誕生日である。
  4. ^ アナログ放送ではレターボックス放送
  5. ^ 後者は「『10年って早いな』という我々の偽らざる気持ち」を表現していることがプロデューサーの白倉によって明らかにされている[1]
  6. ^ ディケイド(Decade)はラテン語では10を意味し、英語では十年紀を意味する[2]
  7. ^ スーツは概ね放送当時のものを使用しているが、クウガやアギトのベーススーツは布地部分を改修し近作と素材を統一している[3]
  8. ^ 仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』。告知当時、タイトル未発表。
  9. ^ 劇場版『オールライダー対大ショッカー』のエンドロール後には、12月に映画が公開されることがテレビシリーズ終了に先行して発表されていた。
  10. ^ 劇中で使われているblackbird,flyのピンクは「仮面ライダーディケイドモデル」として限定販売された。
  11. ^ 小指の付け爪に「スーパー」と書かれただけで、その他の外見上の変化は特に無い。
  12. ^ これに関して同作品のDC版のオーディオコメンタリーにて、田﨑監督が「前作で何故栄次郎が死神博士になったのかという疑問を解決した」という趣旨の発言をしている。
  13. ^ テレビ朝日公式サイトでは、番組初期には「キバットバットIII世の妹」と表記されていたが、実際の『ディケイド』劇中ではキバットとは血の繋がりがないキバット族のモンスターとなっていた。『S.I.C. HERO SAGA』では同設定に基づいた扱いで登場している。
  14. ^ 劇中では「また世界が繋がってしまった」という台詞と共に自分を模した猿の様なパペット人形を持ちながら腹話術らしき物をしながら登場し、自身については「全てのライダーの味方」と名乗っていた(紘汰が鎧武であることも知っていた)。
  15. ^ ただしトッキュウジャー5人の物と色が異なり、当時まだ存在しなかったオレンジ色。また紘汰の前から去る直前の鳴滝の台詞や紘汰が烈車に乗車出来た理由を知ったチケットの発言から、少なからずも鳴滝とチケットは互いに面識はあったことを窺わせる描写も盛り込まれている。
  16. ^ 最初に登場した時はなぜか小さくなっていたものの、しばらくたった後に普通の大きさに戻った。
  17. ^ 演じていた制野峻右が俳優業を長期休止していたため、劇中のファイズの声は声優の赤羽根健治が担当していたが、テレビマガジンデラックスによる雑誌では彼が変身したファイズと記されていた[要ページ番号]
  18. ^ 本来は特殊な方法が必要なアンデッド・魔化魍といった怪人も通常の攻撃で撃破可能。
  19. ^ 2本とも手にしている姿の写真も存在している[34]。後に『仮面ライダージオウ』のスピンオフ作品『RIDER TIME 龍騎』で2本使用し戦闘する姿が披露された
  20. ^ 代わりに、『仮面ライダー龍騎』の劇場版及びTVSPで13人の仮面ライダーの内の一人であった仮面ライダーファムが登場しない
  21. ^ 実際にブレイラウザーが刀身の先端を構成しているが、ブレイドが使用する通常のブレイラウザーと異なり、ラウズカードを収納しているオープントレイは常に展開している。
  22. ^ ただし、ディエンドのカメンライドで、「響鬼の世界」で召喚した電王、『オールライダー対大ショッカー』でモモタロスが単独で変身した電王はそのまま変形している他、小説作品『門矢士の世界 〜レンズの中の箱庭』では変身者である野上良太郎が、憑依が解除されていないまま変形する描写がある。
  23. ^ 東映サイトで第9話のトピックスでこれまでの士の外見の変化を「楽しみ方」として紹介している[要文献特定詳細情報]
  24. ^ 『ride the decade』で「ボスクラス怪人」と命名されているように、「世界の怪人を支配している」など実質的に強大な怪人(ライダー)たち。ほとんどが本作品オリジナル。
  25. ^ 敗北者は判決権と変身の権利の剥奪というペナルティがあるだけで、死亡することはない。
  26. ^ 正体はパラドキサアンデッド。
  27. ^ 『超・電王』への導入となる前日談。ただし、イマジンは契約しなくとも人間への憑依や過去への時間移動が可能で、特異点でなくても電王に変身できるという原典との違いがある。
  28. ^ 初出は『仮面ライダーG』に登場する敵組織・シェードの改造人間。
  29. ^ ただし士をこの世界に留めようとする音也達の策略により、幸運や高待遇に恵まれる。
  30. ^ 劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE』が初出。
  31. ^ 原典の獣人は登場しないが、平成ライダーに登場した獣人と同じモチーフの怪人が登場する。
  32. ^ 『ディケイド 完結編』では「融合する複数の世界(地球)」に変わっている。
  33. ^ 第30話のみ友情出演。
  34. ^ a b 原典とは役名が異なる。原典では志村純一・三輪夏美。黒田演じるキャラクターは海東大樹の兄という設定、三津谷演じるキャラクターは本作品のヒロインである光夏海と同音名のため、それぞれ姓・名が変更されている。
  35. ^ 高岩もディケイドがカメンライドした姿としては各ライダーを演じているが、あくまでディケイド(門矢士)が変身した姿であるため演技は異なる[3]
  36. ^ ディケイドを演じる高岩がモモタロスを優先することとなったため。
  37. ^ 本来の時間帯には『提言の広場』(提供:山形経済同友会)が放送されていた。
  38. ^ 本来の時間帯には『エンジョイDIY』(提供:エンチョー)が放送されていた。
  39. ^ 山形テレビでは本作品のみだが、静岡朝日テレビでは本作品の他、直前の『侍戦隊シンケンジャー』も同時ネットになった。
  40. ^ 6月21日は『第109回全米オープンゴルフ大会』最終日放送のため休止。
  41. ^ a b c 朝日放送のみ、『第91回全国高等学校野球選手権大会』の中継のため、第28話が8月23日の同時間に、第29話が8月24日の11:00 - 11:30に、8月25日の11:00 - 11:30に、それぞれ振替放送。
  42. ^ ビートルファンガイア、パラドキサアンデッド、タイガーオルフェノク、バッファローロード タウルス・バリスタ、アリゲーターイマジン、フィロキセラワームの6体。
  43. ^ 東映特撮BBでは従来の作品と同様、毎週2話の配信、最終配信は3話の配信であった。
  44. ^ 侍戦隊シンケンジャー』のみ、連動ストーリーに合わせて第二十幕と第二十一幕を配信。

出典

  1. ^ a b 目指すは100年紀!平成仮面ライダー10周年記念番組『仮面ライダーディケイド』制作発表! | 東映[テレビ]”. 2011年3月23日閲覧。
  2. ^ a b 宇宙船YB 2010, p. 4
  3. ^ a b c d e f g 仮面俳優列伝 2014, pp. 5-22, 「第1章 Mr.平成ライダー&Mr.レッドの軌跡 01 高岩成二」(東映ヒーローMAX vol.27・28掲載)
  4. ^ 宇野常寛『リトル・ピープルの時代』幻冬舎、2011年7月、p.334。ISBN 978-4-344-02024-5
  5. ^ 『仮面ライダーマガジン Summer '09』講談社、2009年8月、p.60。ISBN 978-4-06-379365-9
  6. ^ 「コラム」『仮面ライダー オフィシャルデータファイル』104号、ディアゴスティーニ、2010年。
  7. ^ 仮面ライダーディケイド 第14話 超・電王ビギニング”. 東映. 2011年8月19日閲覧。
  8. ^ 議事概要/青少年委員会/BPO”. 2011年3月23日閲覧。テレビ朝日”. 2011年3月23日閲覧。議事概要/青少年委員会/BPO”. 2011年3月23日閲覧。
  9. ^ 苦情殺到の『仮面ライダー ディケイド』「続きは映画で!?」の真相を直撃! - 日刊サイゾー”. 2011年3月23日閲覧。
  10. ^ 「井上正大のインタビュー」『特撮ニュータイプ』2010年1月号、角川書店、2009年。
  11. ^ 『語れ!平成仮面ライダー』2013年12月、KKベストセラーズ〈ベストムックシリーズ〉、p.15。ISBN 978-4-584-20532-7
  12. ^ 株式会社バンダイナムコホールディングス 2010年3月期(平成22年3月期)本決算短信 補足資料 (PDF)” (2010年5月7日). 2011年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月19日閲覧。
  13. ^ 『仮面ライダーディケイド特写写真集 カメンライド』ホビージャパン〈DETAIL OF HEROES〉、2010年3月、p.54。ISBN 978-4-7986-0018-5
  14. ^ 講談社の書籍『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦超百科』の記述より。
  15. ^ 超全集 上巻 2009, p. 84.
  16. ^ a b c d e f g h 宇宙船YB 2010, p. 6
  17. ^ 宇宙船YB 2010, p. 11.
  18. ^ 『週刊 仮面ライダー オフィシャルデータファイル』第100・109号、ディアゴスティーニ。
  19. ^ 劇中での表現は呼び出すだが「カードから読み込み作り出す」と解説される場合もある。そのためか倒されたライオトルーパーを繰り返し使用可能だが、BLACKはBLACKの世界から召喚するので、複数種類に分かれるとも考えられる。
  20. ^ 『仮面ライダーディケイド超全集〈下巻〉』より。
  21. ^ 『クウガ』から『キバ』までの主人公ライダー。
  22. ^ 劇中ではディケイド龍騎からディケイド電王 アックスフォーム、ディケイドからディケイドファイズ アクセルフォームへ変身した。
  23. ^ 『完結編』に登場したディケイド 激情態はKRしなくても使用可能である。
  24. ^ 原典にも存在する一部の必殺技は、発動操作手順・演出が省略されている(例:カブト ハイパーフォームのハイパーライダーキック・マキシマムハイパーサイクロンではプロテクターが展開しない)。
  25. ^ 週刊『仮面ライダー オフィシャルデータファイル』によれば海東が所持していたカード。
  26. ^ 『ガンバライド』のスペシャルカードでは、他作品の敵の物も存在する。昭和作品の敵組織は組織のシンボルマークとなっており、『W』のドーパントの場合は生態コネクタの形だが、園咲家が変身するドーパントは、園咲家の紋章となっている。
  27. ^ ディケイドはクウガからキバまでの平成9大ライダーを司るマーク、ディエンドは『クウガ』『電王』シリーズを除く平成仮面ライダー劇場版シリーズで登場した8人のMOVIEライダーを司るマークが描かれている。
  28. ^ 注意書きが無い場合、ディケイドが使用した効果。「ディケイドクウガ」などの「ディケイド」の部分は省略。
  29. ^ 注意書きが無い場合、ディエンドが使用した効果。
  30. ^ Journey through the Decade』PVで門矢士がGACKTから受け取る。劇中使用したが効果不明(カードを使用し「Gackt」の文字が表示された直後に映像が終わっている)。
    Stay the Ride Alive』PVでGACKT・士が消え、仮面ライダーWに託される。
  31. ^ 特写 2010, p. 71.
  32. ^ 『東映ヒーローMAX』vol.29、8頁、辰巳出版、2009年。
  33. ^ 超全集 上巻 2009, p. 62.
  34. ^ 仮面ライダーディケイド特写写真集「KAMEN RIDE」、ホビージャパン、2010年3月26日、P.32
  35. ^ 『ハイパーホビー』2009年4月号、徳間書店、2009年[要ページ番号]。『テレビマガジン』2009年4月号、講談社、2009年[要ページ番号]
  36. ^ 超全集 上巻 2009, p. 85.
  37. ^ 超全集 上巻 2009, p. 35.
  38. ^ 怪人伝 2011, p. 226.
  39. ^ 超辞典 2011, p. 689.
  40. ^ 公認ガイドブック『ride the decade』[要ページ番号]
  41. ^ 仮面ライダー図鑑|東映” (日本語). www.kamen-rider-official.com. 2019年9月19日閲覧。
  42. ^ a b 仮面俳優列伝 2014, p. 13, 「スーツアクターのスキル&センス全開 前代未聞!イマジン劇場の衝撃と笑撃」
  43. ^ a b 仮面俳優列伝 2014, pp. 113-122, 「第3章 平成世代が立つ仮面闘争の最前線 10 永徳
  44. ^ a b 超全集 下巻 2010, p. 87.
  45. ^ a b 飯島玲子他「連載「スーツアクター Close Up」高岩成二×福沢博文 対談」『ヒーローヴィジョン』Vol.39、東京ニュース通信社、2011年3月、 89頁、 ISBN 978-4-86336-133-1
  46. ^ a b c 宇宙船YB 2010, p. 7
  47. ^ 宇宙船YB 2010, p. 5.
  48. ^ 宇宙船YB 2010, p. 8.
  49. ^ a b c DVD『仮面ライダーディケイド』VOL.3 特典映像「仮面ライダー座談会 555・アギト編」
  50. ^ a b ディケイド公式読本 2009, pp. 185-187.
  51. ^ a b c d e 伊藤教人”. 劇団BRATS Official Web Site. 2011年5月7日閲覧。
  52. ^ インタビュー・村井良大”. 東映ヒーローネット. 東映 (2009年). 2011年5月7日閲覧。
  53. ^ 『仮面ライダーW RETURNS 公式読本 W RETURNS』より[要ページ番号]
  54. ^ 東映HM60 2019, pp. 106-112, 「東映ヒーロー仮面俳優列伝 PREMIUM 高岩成二」
  55. ^ a b JAE NAKED HERO 2010, p. 35, LIST OF WORKS 岡元次郎
  56. ^ a b c d e f 仮面俳優列伝 2014, pp. 47-60, 「第2章 昭和から平成へ仮面の下のイノベーション 04 岡元次郎」(東映ヒーローMAX vol.31掲載)
  57. ^ a b c d e ディケイド公式読本 2009, pp. 176-178.
  58. ^ JAE NAKED HERO 2010, p. 75, LIST OF WORKS おぐらとしひろ.
  59. ^ 金田進一 誕生!「語る後輩たち[1]」より。
  60. ^ 取材・構成 山田幸彦「東映ヒーロー仮面俳優列伝 VOL.17 高田将司」『東映ヒーローMAX』VOLUME 55(2017 WINTER)、辰巳出版、2017年3月10日、 74-79頁、 ISBN 978-4-7778-1831-0、 雑誌コード:66118-18。
  61. ^ ディケイド公式読本 2009, pp. 170-172.
  62. ^ ディケイド公式読本 2009, pp. 182-184.
  63. ^ 阿部俊行ほか編「屍姫 玄 會川昇(ストーリー・脚本)INTERVIEW」『オトナアニメVol.12』洋泉社〈洋泉社ムック〉、2009年5月9日、ISBN 978-4-86248-406-2、117頁。
  64. ^ 仮面ライダーディケイド 第5話 かみつき王の資格|東映[テレビ]”. 2011年3月23日閲覧。
  65. ^ “ネタバレ注意!本日公開「平成ジェネレーションズ FOREVER」にあるサプライズが”. 映画ナタリー (映画ナタリー). (2018年12月22日). https://natalie.mu/eiga/news/313376 2018年12月22日閲覧。 
  66. ^ “第14話 「GO!GO!ゴースト2015」”. 平成ライダー20作品記念公式サイト. (2018年12月2日). https://www.kamen-rider-official.com/collections/20/14 2018年12月2日閲覧。 
  67. ^ “『ジオウ』ディケイドが登場”. 朝日新聞デジタル. (2018年11月25日). https://www.asahi.com/sp/and_w/interest/entertainment/CORI2124121.html 2018年12月2日閲覧。 
  68. ^ 仮面ライダージオウ - テレビ朝日公式サイト
  69. ^ 平成仮面ライダー20作品記念公式サイト
  70. ^ Inc, Natasha. “「仮面ライダージオウ」最終回後描くVシネ「ゲイツ、マジェスティ」戸谷公人も参加(動画あり)” (日本語). 映画ナタリー. 2019年11月2日閲覧。
  71. ^ 角川書店「別冊付録 ゲゲゲの鬼太郎 伝承大集成 伝承② 脚本 井上亜樹子」『月刊ニュータイプ』第34巻第10号、KADOKAWA、2018年10月、 7頁。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仮面ライダーディケイド」の関連用語

仮面ライダーディケイドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



仮面ライダーディケイドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮面ライダーディケイド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS