白倉伸一郎とは?

白倉伸一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 04:55 UTC 版)

白倉 伸一郎(しらくら しんいちろう、1965年8月3日 - )は、日本のテレビドラマ映画プロデューサー東京都出身。東京大学文学部第三類(フランス語フランス文学)卒業。現在は東映株式会社の取締役およびテレビ第二営業部長[1][2][3]、兼経営戦略部ハイテク大使館担当。




注釈

  1. ^ 石ノ森章太郎は当初、初代『仮面ライダー』を見て育った青年が仮面ライダーに変身するなどのプロットを提出したが、より原点回帰すべきだと白倉が打診したところ、それが許諾されたという。白倉は雑誌記事において、当時20代前半だった自身が『真』のターゲット層に近かったためではないかと分析している[4]
  2. ^ 仮面ライダー剣』『仮面ライダーキバ』を除く。
  3. ^ 第30話以降。
  4. ^ Space.3以降クレジットなし。
  5. ^ 第24話以降。
  6. ^ 三十之巻以降。
  7. ^ a b c d テレビ朝日出向時代。
  8. ^ a b 劇中にカメオ出演している。

出典

  1. ^ a b 「東映人事/白倉取テ営2部長、日笠東映テ社長」(2014年6月28日閲覧)文化通信
  2. ^ a b 語ろう 2015, p. 333
  3. ^ a b c d e f g h i 「スーパー戦隊制作の裏舞台 白倉伸一郎」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1992 恐竜戦隊ジュウレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2019年3月8日、32-33頁。ISBN 978-4-06-513708-6
  4. ^ 『中央公論』2012年8月号、中央公論新社、60-61頁。
  5. ^ 役付取締役等の異動について[リンク切れ]
  6. ^ 決算発表資料の追加(役員の異動)について
  7. ^ キネマ旬報 2015年3月下旬 映画業界決算特別号 No.1684」第1部 映画界概況 各社の動向
  8. ^ 「仮面ライダーを救い、コロナ危機を乗り越えよ」 東映ハイテク大使館の挑戦SankeiBiz 2020年5月17日
  9. ^ 『仮面ライダー555』企画書[要文献特定詳細情報]
  10. ^ 白倉伸一郎『ヒーローと正義』(寺子屋新書刊、2004年)[要ページ番号]
  11. ^ 製作現場について 東映マイスター
  12. ^ 東映ヒーロネット(Internet Archive)
  13. ^ a b 東映ヒーロネット(Internet Archive)
  14. ^ a b c d 東映ヒーロネット(Internet Archive)
  15. ^ 『超光戦士シャンゼリオンバイブル』、87ページ。ISBN 978-4-257-03664-7
  16. ^ A Study around... 「入社試験で RX を批判!」
  17. ^ “北川景子、「セーラームーン」オーディション秘話を明かす”. モデルプレス. (2013年5月20日). https://mdpr.jp/news/detail/1245439 2019年3月29日閲覧。 
  18. ^ 『超光戦士シャンゼリオンバイブル』、88ページ。ISBN 978-4-257-03664-7
  19. ^ 樹想社『仮面ライダー 悪の系譜』ISBN 4-87777-049-6 のp169より。
  20. ^ 東映ヒーロネット(Internet Archive)
  21. ^ 『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』パンフレット
  22. ^ 映画『がんばれいわ!!ロボコン』情報解禁!!” (日本語). 東映オフィシャルサイト. 2020年4月1日閲覧。


「白倉伸一郎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「白倉伸一郎」の関連用語

白倉伸一郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



白倉伸一郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白倉伸一郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS