哲也-雀聖と呼ばれた男とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 日本の漫画作品一覧 > 哲也-雀聖と呼ばれた男の意味・解説 

哲也-雀聖と呼ばれた男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/07 23:32 UTC 版)

哲也-雀聖と呼ばれた男』(てつや じゃんせいとよばれたおとこ)は、原案:さいふうめい、漫画:星野泰視による日本漫画




  1. ^ a b 実際には、2004年暮れの発売号である。
  2. ^ 『哲也 THE FINAL』202ページ。
  3. ^ 文庫版17巻 第251話『新聞戦争(しんぶんウォーズ)』より。
  4. ^ 第27話『死なない奴』。
  5. ^ 『哲也 THE FINAL』21-22ページ。
  6. ^ 『哲也 THE FINAL』201ページ。
  7. ^ 『哲也 逆転のセオリー』177ページ。
  8. ^ ただし、哲也が握り込みをした時は別に咎めておらず、必要な場面で使うことは黙認しているようである。哲也は房州と別れた後も、度々握り込み系の技も使っている。
  9. ^ 原作では触れられていないが、アニメでは「当時のルールでは国士のカンあがりなどに様々なルールが存在していた」旨のテロップが表示された。
  10. ^ 『哲也 逆転のセオリー』91ページ。
  11. ^ 『哲也 逆転のセオリー』177-178ページ。
  12. ^ アニメ版では発言の度に回数が増えていき、劇中では「一晩で3回」、CMアイキャッチでは最終的に「一晩で5回」になった。
  13. ^ ただし、劇中でイカサマなどの技を習得したくだりは一切描かれていない。
  14. ^ その勝ち金は、アニメでは雀ボーイとして働いている父にレコードの破片とともに送られた描写がある。
  15. ^ 『哲也 THE FINAL』83ページより。
  16. ^ ただし、この指紋によるガン牌は「いくら目印を付けてもすぐに他の誰かの指紋が重なるため不可能」だと対哲也戦で言及されていたが、後の函館の勝負ではそのような描写はなかった。
  17. ^ 『哲也 THE FINAL』87ページより。
  18. ^ 『哲也 逆転のセオリー』103ページ。
  19. ^ 芸能事務所「ぷろだくしょんバオバブ」の設立に参加した独立メンバーの1人であり、これが発端となって東映アニメーションのアニメに出演できない状態が続いたが、21年目となったこのアニメから出演解禁となった。
  20. ^ 『哲也 玄人に学ぶ勝負の鉄則』55ページ。
  21. ^ 劇中でユウさんが「18年妹を見てきた」と言っている。
  22. ^ 『哲也 逆転のセオリー』111ページ。
  23. ^ リサが安全牌が6ピンであることを指ローズで伝えるが、哲也は「落ち目になった人間のツキはなかなか戻らない」という理由でその逆の筋である9ピンを捨てたことでアメリカかぶれの「ピンズの八面待ち」直撃を回避した。
  24. ^ 『哲也 玄人に学ぶ勝負の鉄則』147ページ。
  25. ^ 具体的には、つけボクロの位置の交換、利き腕の変化、座る場所の変更。
  26. ^ 『哲也 逆転のセオリー』105ページ。
  27. ^ 『哲也 逆転のセオリー』97ページ。
  28. ^ クラブの女たちに至っては、金をバラ撒いていた。
  29. ^ アニメではこのシーンの直後に現在の麻雀ルールでは槍槓を優先するが、当時は様々なルールが存在していたと解説文が表示された。
  30. ^ 2人はもともと全20話中に登場する予定はなかった。


「哲也-雀聖と呼ばれた男」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「哲也-雀聖と呼ばれた男」の関連用語

哲也-雀聖と呼ばれた男のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



哲也-雀聖と呼ばれた男のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの哲也-雀聖と呼ばれた男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS