カツラとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > リフォーム用語 > カツラの意味・解説 

かつら【桂】


かつら【桂】

京都市西京区桂川西岸地名桂離宮がある。[歌枕

[補説] 書名別項。→桂


かつら【桂】


かつら【×鬘】

古くは「かづら」。現代でも能楽関係では「かずら」という》頭髪のように作って頭にかぶったり付けたりするもの。俳優などが扮装(ふんそう)用に、また、一般に髪形を変えたり、はげを隠したりするのに用いる。→かずら(鬘)


かつら【×桂】

カツラ科落葉高木山地自生広卵形裏面が白い。雌雄異株5月ごろ、紅色雄花淡紅色雌花をつけ、花びらはない。材を建築・家具や碁盤将棋盤などに用いる。おかつら。かもかつら。

中国の伝説で、月の世界にあるという木。

桂の画像
桂の画像
カツラ(1)の

カツラ

カツラ科カツラ属落葉高木。夏から秋にを採り、それを乾かし、粉にしてお香作るのでコウノキ(香の木)とも呼ばれる。材の性質としては軽軟材にあたり木質は密、香りがよく耐久性優れる。加工は容易であるが、狂いやすい。造作材ベニヤ材として用いられる。

カツラ

別名:
【英】:Cercidiphyllum japonicum
(カツラ科)


北海道本州四国九州などに分布していますが、蓄積の多いのは北海道です。しかし、最近では生産量少なくなってきています。

木材
心材辺材の色の差ははっきりしています。前者褐色で、後者黄白色です。カツラの木材の中で、色の濃いものをヒカツラ、淡いものをアオカツラと呼んで区別することもあります前者のほうがよいとされています。年輪はわかります。肌目は精です。気乾比重は0.40-0.50(平均値)-0.66でやや軽軟な木材といえます。保存性の低い木材です。切削などの加工は容易で、表面はよく仕上ります。

用途
軽軟で、加工し易いので、家具用材、とくに引き出し側板としては定評あります。しかし、最近では、生産量減り需要追い付かなくなってきため、ずっと値段の易い南洋材の中から材質比較似ているようなものを探しだし、ナンヨウカツラというような商品名をつけて代用品にしていることが多くなっています。したがって、よほどでないと、カツラを引き出し側板に使ったような家具出会うことはないようです。かっては、洗濯用の張り板和裁裁ち板などのような用途があり、われわれには馴染みの深い木材だったのですが。碁・将棋などの盤、彫刻器具などにも使われます。


読み方:カツラ(katsura

髪形を変えたり、扮装用にかぶる人工の髪。


カツラ

カツラヒモ類の先端の処理に使用します。
ヒモをカツラの穴に通したり、9ピンなどにテグス・ワイヤーなどを結びつけて9ピンをカツラに通して結び目隠したりして使う金具です。

関連用語:キャップ

カツラ(カン付き)

カツラカツラヒモに留め具をつなげるための金具接着剤ヒモ類の先端をつけて、処理します。

関連用語:キャップ

加都良

読み方:カツラ(katsura

藪肉桂または、木犀古名


読み方:カツラ(katsura

藪肉桂または、木犀古名


杜木

読み方:カツラ(katsura

藪肉桂または、木犀古名


杜樹

読み方:カツラ(katsura

藪肉桂または、木犀古名



読み方:カツラ(katsura

藪肉桂または、木犀古名




読み方:カツラ(katsura

クスノキ・モクセイなどの総称


読み方:カツラ(katsura

藪肉桂または、木犀古名



香木

読み方:カツラ(katsura

藪肉桂または、木犀古名


読み方:カツラ(katsura

所在 北海道釧路郡釧路町


読み方:カツラ(katsura

所在 宮城県仙台市泉区


読み方:カツラ(katsura

所在 千葉県茂原市


読み方:カツラ(katsura

所在 新潟県十日町市


読み方:カツラ(katsura

所在 新潟県糸魚川市


読み方:カツラ(katsura

所在 新潟県岩船郡関川村


読み方:カツラ(katsura

所在 岐阜県揖斐郡揖斐川町


読み方:カツラ(katsura

所在 愛知県海部郡七宝町


読み方:カツラ(katsura

所在 三重県伊賀市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方:カツラ(katsura

所在 京都府(阪急電鉄京都本線ほか)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

かつら

(カツラ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/14 07:14 UTC 版)

かつらカツラ(桂、葛、鬘)




「かつら」の続きの解説一覧

カツラ

出典:『Wiktionary』 (2019/03/02 01:41 UTC 版)

名詞

カツラ

  1. ユキノシタ目カツラ科カツラ属属す落葉樹学名:Cercidiphyllum japonicum


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カツラ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

カツラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カツラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2021 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2021 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
すずらん工房すずらん工房
Copyright (c) 2000-2021 BOW All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのかつら (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカツラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS