丁稚奉公とは?

でっち‐ぼうこう【丁稚奉公】

[名](スル)商店などに丁稚として奉公すること。転じて年少のうちから下働きとして勤めはじめること。


丁稚

(丁稚奉公 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 03:09 UTC 版)

丁稚(でっち)とは、商家に年季奉公する幼少の者を指す言葉。丁稚として働く (奉公する) ことを丁稚奉公といった。職人のもとでは徒弟、弟子、子弟とも呼ばれる。江戸時代に特に多かった[1]。明治時代以後はいわゆる近代的な商業使用人となっていく。


  1. ^ a b 世界大百科事典』(平凡社)「でっち」の項目
  2. ^ 採用に至るまでは紹介者の仲介や、保証人による保証が必要とされ、大商店の丁稚になることは狭き門であった。
  3. ^ 江戸東京博物館」展示資料より。
  4. ^ この盆暮れの小遣い銭の支給は現代の日本の給与体系に見られるボーナスの源流とも言われる。
  5. ^ 東京朝日新聞


「丁稚」の続きの解説一覧



丁稚奉公と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「丁稚奉公」の関連用語

丁稚奉公のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



丁稚奉公のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの丁稚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS