ホームヘルパーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 職業 > ヘルパー > ホームヘルパーの意味・解説 

ホーム‐ヘルパー

《(和)homehelper日常生活支障がある高齢者障害者(児)・難病患者などの家庭派遣されて、家事世話をする人。特に介護保険法における有資格者ある訪問介護員をいう。


ホームヘルパー(訪問介護員)

資格区分

公的資格

資格概要取得方法

高齢者障害者が、自立した日常生活が送れるよう、外出洗濯調理などの家事援助から、食事入浴排泄介助など、生活全般サポートできる能力認定する資格です。各都道府県指定のホームヘルパー養成研修修了すれば資格を取得できます

受験資格

3級:制限なし、2級:制限なし(自治体によっては3級を取得する必要あり)、1級:2級取得1年以上経過した者

受験料

都道府県により異な

合格率

指定講座修了すればほぼ資格を取得できる

試験日程

都道府県により異な

試験会場

札幌市仙台市東京都名古屋市大阪市広島市福岡市及び那覇市並びにこれら周辺地域

問い合わせ先

都道府県庁指定都市福祉担当 財団法人長寿社会開発センター 03-5470-6755

取得後の職業/活かせる仕事

高齢者障害者自立した日常生活が送れるようにサポートする仕事です。単に、身の回り世話だけでなく、介護知識も必要とされます。また社会福祉士介護福祉士介護支援専門員などから指示指導を受けることもあります。各市町村社会福祉団体施設民間介護サービス事業会社所属し、各家庭派遣されて働くのが一般的です。

ホームヘルパー

読み方:ホームヘルパー

概要解説 高齢化社会到来と共に社会福祉方向地域福祉在宅福祉サービス重視されてきました。その第一線活躍するのがホームヘルパーです。ホームヘルパーの仕事は、国が定める「運営要綱」に基いて決められていますが、「家事援助業務」と「身体介護業務分けられます。また、生活援助活動通じて利用者の心を開き、安心させるのも仕事といえるでしょう必要な能力資格など ホームヘルパーになるには、心身とも健全であること、他人に対す思いやりの心があること、介護活動熱意のあることなどが必要とされていますが、特定の任用上の資格はありません。ただ、介護に関する国家資格である「介護福祉士」の資格持っている採用時に有利になると思われます。介護福祉士資格を取るには2つ方法があり、一つは「国が(財)社会福祉振興試験センター委託して実施する介護福祉士試験合格する」方法ですが、3年上の実務経験が必要になります。もう一つは、大臣指定する介護福祉士養成施設(通常2年)を卒業して資格取得する方法です。 関連する職業

ホームヘルパー

訪問介護員のことです。
心身障害がある方高齢者などの家庭訪問して、家事援助介護をする人のことで、各都道府県知事が1級~3級課程研修指定しています。


訪問介護員

(ホームヘルパー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 09:17 UTC 版)

訪問介護員(ほうもんかいごいん、: Carer, Caregiver, Home Helper)は、介護保険法において訪問介護を行う者のこと。通称ホームヘルパーまたはハウスヘルパーヘルパー






「訪問介護員」の続きの解説一覧



ホームヘルパーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホームヘルパー」の関連用語

ホームヘルパーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホームヘルパーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2021 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2021 kaigo-service.all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの訪問介護員 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS