きんぎょ注意報!とは?

きんぎょ注意報!

原題:
製作国:日本
製作年:1992
配給:東映
スタッフ
監督:佐藤順一 サトウジュンイチ
製作:今田智憲 
原作:猫部ねこ ネコ
脚本:まるおけいこ 
企画:旗野義文 ハタノヨシフミ

東伊里弥 アズマイリヤ
作画監督:入好さとる 
撮影:福田岳志 フクダ
アニメキャラクター・デザイン:入好さとる 
音楽:有澤孝紀 
美術:窪田忠雄 クボタタダオ
編集:吉川泰弘 ヨシカワヤスヒロ
録音:立花康夫 タチバナヤスオ
キャスト(役名
かないみか カナイミカ (〔声〕わぴこ)
高田由美 タカダユミ (〔声〕千歳
飛田展男 トビタノブオ (〔声〕
塩屋翼 シオヤヨク (〔声〕秀一
松島みのり マツシマミノリ (〔声〕ぎょぴ)
掛川裕彦 カケガワ (〔声〕田中山
佐久間レイ サクマレイ (〔声〕ぎょポ)
解説
空飛ぶ金魚ぎょぴのラヴ・ストーリーを描くテレビ人気アニメ映画化猫部ねこ原作同名コミックで、「ビックリマン」のまるおけいこ脚本執筆監督作画監督は「悪魔くん ようこそ悪魔ランドへ!!」の佐藤順一入好さとるそれぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
世界でたった1匹のピンク色をした空飛ぶ金魚ぎょぴは、新田舎ノ中学校人気者ある日金魚売りバイトをしている田中山のたらいの中に売れ残っていたぎょポを見かけ、そのかわいさひと目で好きになり仲良くなるが、それを知った千歳は、1匹百円で売られているぎょポと高価なぎょぴは釣りわないと、2匹を引き離そうとする。しかし、2匹の思いはかえって強くなるばかり。反対に千歳事情を聞いたわぴこ、秀一たちにこらしめられそうになったため、ぎょポを奪い、物置立てこもり無理やりぎょポに「ぎょぴなんか大嫌い」といわせる千歳お礼にぎょポを海外旅行に連れて行くことにし、それを知ったぎょぴは泣きながら見送るばかり。そんな時、田中山からぎょポの本心を聞いたわぴこはぎょぴを連れてぎょポを追いかける。ようやくぎょぴはぎょポに追いつき、千歳も2匹の仲を認め、すべてはめでたく解決するのだった

きんぎょ注意報!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 01:02 UTC 版)

きんぎょ注意報!』(きんぎょちゅういほう)は、猫部ねこによる日本の漫画作品。またはそれを原作にしたテレビアニメアニメ映画ゲーム作品。少女漫画雑誌なかよし』(講談社)にて1989年から1993年にかけて連載された。単行本全8巻。略称「きん注」。




  1. ^ なかよしの名作復刻スタート!第1弾はきん注、ミラクルガールズなど4作品” (2015年7月3日). 2017年1月7日閲覧。
  2. ^ 岡田斗司夫『オタク学入門』太田出版、1996年、30頁
  3. ^ 星野らんちゅうとは、何を隠そう僕のペンネームです」Twitter 佐藤順一(@satojumichi) 2014年9月30日 4時31分のツイート。
  4. ^ その後、再放送扱いで全話放送された。
  5. ^ 「テレビ局ネットワーク」『アニメディア』1992年6月号、学研、 107頁。
  6. ^ 途中で放送を打ち切っている。
  7. ^ 1993年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局。
  8. ^ 1993年9月まではテレビ朝日系列とのトリプルネット。
  9. ^ M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、37ページ
  10. ^ 「はやり・はや耳 ぬいぐるみ『ぎょぴちゃん』 子供たちの意見聞き 原宿の店が商品化」『日経産業新聞』1991年6月1日付、6頁。


「きんぎょ注意報!」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きんぎょ注意報!」の関連用語

きんぎょ注意報!のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



きんぎょ注意報!のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのきんぎょ注意報! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS