バッグス・バニー・ショーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > バッグス・バニー・ショーの意味・解説 

バッグス・バニー・ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 02:00 UTC 版)

バッグス・バニー・ショー(The Bugs Bunny Show)は、アメリカ合衆国テレビ番組。1940~1960年代に製作されたクラシック短編を中心に「Looney Tunes」「Merrie Melodies」の短編映画を1回(30分)につき3本放送していた。


  1. ^ レオナード・マーティン英語版 (1980, rev. 1987). Of Mice and Magic: A History of American Animated Cartoons. New York: Plume/Penguin Books. Pg. 274–275.
  2. ^ 『Bugs Bunny Overture(バッグス・バニーのオーバーチュア)』、『Bugs and Daffy The Overture(バッグスとダフィーのオーバーチュア)』としても知られる。
  3. ^ McCorry, Kevin (2007). "The Bugs Bunny Show Page."
  4. ^ そのまま本編に入る時もあった。
  5. ^ 終盤パートがカットされたのは、『ぶっちぎりステージ』でも同様。だが、『ぶっちぎりステージ』版では、1985年にアメリカで発売された『Warner Bros. Cartoons Golden Jubilee 24 Karat Collection』のオープニング映像をタイトルパートとして流用、バイクに乗るタズマニアン・デビルがバッグスたちの舞台に乗り込む場面が使われたが、回によっては緑色の背景が右側からスライドする場面も観られた。
  6. ^ 10分枠で1話のみ
  7. ^ そのため、長年日本におけるカートゥーン ネットワークの公式ウェブサイトで使用された1992年版の初代ロゴは、2021年より廃止され、長年日本におけるワーナー ブラザース ジャパンによるシールドの周りのバナーは、同年6月30日にDVDとBlu-rayで発売された『ストライク・ザ・ブラッド IV OVA Vol.6 <初回仕様版>』を最後に廃止したため、現在ルーニー・テューンズとメリー・メロディーズの短編映画における日本語吹き替えは、現行吹き替え版から『ぶっちぎりステージ』版に差し戻された。[要検証]
  8. ^ バッグス・バニー劇場での歌詞とは異なる。
  9. ^ PCでは再生できないが、DVDレコーダーとDVDプレイヤーでは再生可能である。
  10. ^ 1966年9月10日よりカラー放送
  11. ^ Saturday Schedule (9/13/1986 at 10:00 A.M.)”. Atlus Times (1986年9月7日). 2019年7月5日閲覧。
  12. ^ Saturday Schedule (9/13/1986 at 10:00 A.M.)”. Southeast Missourian (1986年9月5日). 2019年7月5日閲覧。
  13. ^ Saturday Schedule (9/2/2000 at 10:00 A.M.)”. Southeast Missourian (2000年9月1日). 2019年7月5日閲覧。
  14. ^ 1983年8月頃での放送時間帯では平日朝7時40分 - 7時56分
  15. ^ 本編ではなく、ステージのナレーションを担当。
  16. ^ この回までワーナー・ブラザースLCAエンターテインメントとトランスグローバルによる日本語版制作。
  17. ^ この回からは旭通信社(現:ADKマーケティング・ソリューションズ)と東北新社による日本語版制作。
  18. ^ カートゥーン ネットワークではバッグスとエルマーのシーンが一部カットされており、『ぶっちぎりステージ』では旧吹き替えながらノーカットで放送された。
  19. ^ a b c 英語版の商品で日本での発売は無し。


「バッグス・バニー・ショー」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バッグス・バニー・ショー」の関連用語

バッグス・バニー・ショーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バッグス・バニー・ショーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバッグス・バニー・ショー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS