HUGっと!プリキュアとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > HUGっと!プリキュアの意味・解説 

HUGっと!プリキュア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/20 04:29 UTC 版)

HUGっと!プリキュア』(はぐっと プリキュア、HUGTTO! PRECURE)は、2018年2月4日から2019年1月27日まで、朝日放送テレビ[注 1]の制作によりテレビ朝日系列で、毎週日曜8:30 - 9:00(JST)に全49話が放送された、東映アニメーション制作のテレビアニメ。「プリキュアシリーズ」の通算15作目にして、13代目のプリキュアに当たる。




注釈

  1. ^ a b c d 第8話(2018年3月25日放送・2017年度最終放送日)までは朝日放送(ABCテレビ)名義(認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化のため)。
  2. ^ はな曰く、キュウリは「河童になる」とのこと。
  3. ^ 漫画版によると「めちゃショック」の略であり、テレビシリーズでも同様に本人が説明している。
  4. ^ しかし、はなは「似てる?」と微妙な面持ちだった。
  5. ^ しかし、ほまれが第5話で「ちゃん」付けを拒否したため「ほまりん」という愛称を挙げていた。
  6. ^ えみる、アンリ、ルールーに突っ込まれる。
  7. ^ 「人の心を縛るな!」「照れるぜ!」「壁があるなら壊す!」「ハリーをいじめるな!」「はぐたんを泣かせるな!」など。
  8. ^ この時は、居合わせたえみるとルールーがプリキュアに覚醒し、加勢したため事なきを得る。
  9. ^ 第13話でルールーが柱にパンチしてヒビ入れたのを見て「強いんだね」と発言したため。その後ほまれに「そういう問題?」と突っ込まれる。
  10. ^ 第40話でトラウムが出した奇妙な型の映写機らしき物を見て「かわいい!」とときめき、それを見たほまれに「マジで?」と突っ込まれている。
  11. ^ 仲間になった直後は冗談めかして「野乃はな」と呼んだこともある。
  12. ^ スケーター時代は長い髪をポニーテールにまとめていたこともある。
  13. ^ あまりの怖さに青ざめ、現実逃避すべくポップコーンをむさぼる行為に出た。
  14. ^ 自室にはサクランボをモチーフにした家具が多数ある。
  15. ^ ストーップなのです!」と昂ることもある。また、たまにつけないこともある。
  16. ^ 「えみる」と呼ばれ、「馴れ馴れしいのです!呼び捨てにしないで下さい!」と憤慨した。
  17. ^ 通常のハイキングなのに過剰な大荷物を用意したり、安易に花に触ろうとするクラスメイトを制止する、学校でもプールの水を抜いたり、キャンプファイアーの火を消してしまうなどしてクラスメイトを困惑させるなど。
  18. ^ 第21話で愛用のエレキギターが壊されたため、エールにメロディソードをねだる。
  19. ^ えみる曰く、ギターは「人の心を表す」とのこと。
  20. ^ ルールーとさあや、ほのかとの共同製作によるデザイン。
  21. ^ この時、互いに頬をつねり合った。
  22. ^ この時、表情がのようになり、人格も豹変した。
  23. ^ えみる曰く「『キュアえみ~る』は世を忍ぶ仮の姿」とのこと。またルールーには「新たなプリキュア?」とおののかせており、その後「プリキュアの可能性87.56%、けっこうプリキュアだがミライクリスタルは感じない」と分析されている。
  24. ^ えみる曰く「このポーズは大変」とのことで、暫くするとポーズを維持できず転倒してしまう。
  25. ^ この時「もじ…もじ…」と恥ずかしそうに照れていた。
  26. ^ はなたちの机には「お昼休み、 中庭にて 待つのです。」と書かれた果たし状の置き手紙があった。
  27. ^ ここではなが「照れるぜ!」と格好付け、えみるが「先輩がプリキュアだったのはショックですが…」とこぼしてしまい、彼女を「めちょっく!」に陥らせる。
  28. ^ 掃除の際、家具を無造作に跳ね飛ばす、挨拶をしようとしないなど。
  29. ^ キュアえみ~るに「何なのですかあれは?」「見づらくないですか?」と指摘される。
  30. ^ 第15話でえみるの家へ赴いた際、城のような豪邸やオペラ歌手のような両親を見てもまったく驚かず、それを見た彼女に「ノーリアクション」と逆に驚かれた。
  31. ^ ホットドッグミルフィーユピザ肉まんを食しており、各国々の言葉で「美味しい」と評した。
  32. ^ 第26話でさあやの母・れいらが主演の料理ドラマを熱弁するが、よだれを垂らしつつ語っていたため食がメインだと思われる(大食いでもあるため)。
  33. ^ この時、互いに頬をつねり合った。
  34. ^ 「はぐたん」の名前の由来も、これを聞いたはなが「ハグ」と解釈したことに起因している。
  35. ^ 第15話ではなから「『はな』って言って!」と催促されるが、禍々しい圧を感じ泣いてしまった。
  36. ^ キュアトゥモローとしてはノンクレジット。
  37. ^ 作中では用いられていないものの、幼年誌や一部の媒体ではこの姿を便宜上「ハリ男(ハリお)」と呼称することもある。
  38. ^ はなの家族と初めて対面した際にはぐたんの父親として認識されており、以降も対外的にはその体で通している。
  39. ^ その他の仲間の安否は不明だが、ハリー達が暮らしていたハリハリ地区はクライアス社との取引の後、大規模な火災によって壊滅している。
  40. ^ 本名を明かさなかった頃は「プレジデント・クライ」という名で表記されていた。公式サイトによる表記。本編の字幕表記では「クライ」のみ。
  41. ^ 「ボス」または「社長」と呼ばれることもある。
  42. ^ 主に野乃はなに対して
  43. ^ 時折、髪をほどくこともある。
  44. ^ アンリをスカウトしようとしたこともある。
  45. ^ EDクレジットの名義は第12話までは「ルールー」、第13話からは「ルールー・アムール」と表記。
  46. ^ 彼女が出撃する際にクライアス社のボスに稟議書を提出し、出撃の許可を得ているかどうかは不明であるが、第15話で「有給消化中」という張り紙が仕事机に張ってある(退職後は不明)。
  47. ^ その姿を見たルールーに「明らかに不審者、通報される確率82%」と分析され、それを聞き「イヤにリアルな数字ね…」とおののく。
  48. ^ チャラリートを素体とした個体(第11話)は落合福嗣が、パップルを素体とした個体(第22話)は大原さやかが、それぞれ担当した為吉田のクレジットは無し。
  49. ^ 例外として、サルのトゲパワワを利用してオシマイダーを誕生させたこともある。
  50. ^ アンドロイドを「アン・ドゥ・トロワ」「餡ドーナツ 」、ルール違反を「ルールー違反」とはぐらかされた。
  51. ^ このため、休憩時間中はずっとネギを切る練習をしていた。
  52. ^ はなに「半分じゃない、大和撫子とパリジャンのダブル」と一蹴した。
  53. ^ この時、えみるに一部始終を目撃されてしまい、その際「立ち聞き、よくないよ」とえみるに注意している。
  54. ^ アンリ曰く「声も低くなるし、背も伸びてゆく」とのこと。
  55. ^ 例を挙げると、『灯台下暗し』を灯台モトクロス、『優柔不断』を柔道二段といった具合。
  56. ^ しかしそのぬいぐるみをはながはぐたんに渡したのを見て複雑な心境を呟き、それを見ていたパップルに「どんまい」と慰められる。
  57. ^ 本人曰く、「ネギ姉さんを演じて以来ネギが嫌いになった」とのこと。
  58. ^ 庇おうとした際、他の部員から「またもとに戻りたいの?」と脅されていた。
  59. ^ なお、はなの転校後はまた他の部員から仲間外れにされている描写がある。
  60. ^ a b 変身しようとした際、ゆかりから「久しぶりの変身なのに、この格好では気分が乗らない」という要望を受け、ことはがかけた魔法で服装が変化した。
  61. ^ ひまり:科学者、あおい:ミュージシャン、ゆかり:ショートヘアの旅人、あきら:研修医。いちかとシエルはパティシエ衣装のまま。
  62. ^ フランス語でアンジュは「天使」、エトワールは「星」、マシェリは「最愛」、アムールは「愛情」を意味する。また、アンリが一時的に変身したアンフィニもフランス語で「無限」を意味する。
  63. ^ へそ出しルックとスニーカーはチアリーダーを意識しており、元気さやスポーティさ、そして健康的なイメージを演出している[30]
  64. ^ スイートプリキュア♪』の調辺アコ(キュアミューズ)はメイジャーランドの王女、『ドキドキ!プリキュア』の円亜久里(キュアエース)はトランプ王国のマリー・アンジュ王女が持つプシュケーの分かれた善の部分が生まれ変わった姿で、いずれも異世界に由来する。
  65. ^ このアクセサリーメーカーもハートアクセメーカーとして販売されている。
  66. ^ なお、坪田は4クール目(第39話以降)の全話の脚本を書いている。これはプリキュアシリーズとして初[33]
  67. ^ オープニングクレジット上では、第8話までは4代目ABCロゴ、第9話以降は同ロゴを元にした「ABC TV」ロゴ(斜めラインの下に「TV」を記載)で表記されている(第33話を除く)。
  68. ^ オープニングクレジット上ではプリキュアシリーズ15周年記念ロゴが表示されている。映像ソフト収録版や動画配信版では記念ロゴは省略。
  69. ^ 実際に使用されているロングイントロバージョンのテレビサイズ版がサウンドトラック1に収録されているほか、フルサイズ版もボーカルアルバム1に収録されている。
  70. ^ 第23話で退職
  71. ^ 第42話のみアンリに変更。
  72. ^ ストーリー展開上省略される回もあり、特に第37話ではアバンタイトル自体を省略し開始後すぐオープニングに入っている。
  73. ^ 以下のパターンも含めてはなが自己紹介するときは「わたし、野乃はな!13歳!」(第49話のみ14歳)と言う。
  74. ^ 台詞は一貫して「は〜ぎゅ、は〜ぎゅ」だけで、プリキュアや字幕などで通訳される事はなかった。
  75. ^ その他のテレビ朝日系列フルネット23局では、本来の放送日時に先行ネットしている。
  76. ^ 特記のない限り、全てのテレビ朝日系列フルネット全24局での本放送日。2つ記載している場合、上段:制作局(朝日放送→朝日放送テレビ)、下段:制作局を除くテレビ朝日系列フルネット23局。
  77. ^ 同話数にて、シリーズ通算700回を記録。
  78. ^ 坪田文と田中仁の共同ペンネーム[37]
  79. ^ 制作局と同時刻ネットではあるが、1週先行。
  80. ^ 9:55 - 10:25に放送。
  81. ^ テレビ朝日系列フルネット局が所在しない山梨県富山県福井県鳥取県島根県徳島県高知県佐賀県宮崎県を除く。
  82. ^ 第28話(2018年8月25日)は『アジア大会2018ジャカルタ男子マラソン』(TBS制作、7:30 - 11:00)放送のため、15:54 - 16:24に放送。また第45話(2018年12月29日)はTBS側の年末編成の都合(『JNNニュース』の放送時間変更。10:50 - 11:00)で11:30 - 12:00に放送。
  83. ^ 初期メンバー3人はハリー。

参照話数

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 第17話
  2. ^ a b c d e f g 第9話
  3. ^ a b c d e f g 第13話
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 第4話
  5. ^ a b c d e f g h i j 第2話
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 第18話
  7. ^ a b c d e f g h i 第40話
  8. ^ a b c d e f g h i j 第5話
  9. ^ a b c d e f g h i j k 第1話
  10. ^ a b c d e f g h i j k 第23話
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 第19話
  12. ^ a b c d e f g h 第27話
  13. ^ a b c d e f g 第14話
  14. ^ a b c d e f 第10話
  15. ^ a b c d e f g h 第11話
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 第20話
  17. ^ a b c d e f g h i j 第31話
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 第49話
  19. ^ a b c d e f g h i 第6話
  20. ^ a b c d e f g h i j 第12話
  21. ^ a b c 第29話
  22. ^ a b c d e f 第30話
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m 第15話
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n 第7話
  25. ^ a b c d e f g 第26話
  26. ^ a b c d 第35話
  27. ^ a b c 第44話
  28. ^ a b c 第38話
  29. ^ a b c d e f g h 第3話
  30. ^ a b c d e f g h i j k l 第25話
  31. ^ a b c d e f g 第8話
  32. ^ a b c d e f g h i j k l 第24話
  33. ^ a b c d e 第16話
  34. ^ a b c 第43話
  35. ^ a b c d e f g 第21話
  36. ^ a b c d e f 第41話
  37. ^ a b c d e f g h i j k l m 第22話
  38. ^ a b c d 第45話
  39. ^ 第28話
  40. ^ a b c d e f 第39話
  41. ^ 第46話
  42. ^ a b c 第48話
  43. ^ 第32話
  44. ^ a b c 第33話
  45. ^ a b c d e f 第47話
  46. ^ a b 第34話
  47. ^ a b 第42話
  48. ^ a b 第36話
  49. ^ a b c 第37話

出典

  1. ^ @tsubofumi (2018年2月3日). "劇中のアイテムを…" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  2. ^ 新番組「HUGっと!プリキュア」キャストは引坂理絵、本泉莉奈、小倉唯ら”. 映画ナタリー (2018年1月6日). 2018年2月4日閲覧。
  3. ^ プリキュア:第15弾「HUGっと!プリキュア」は子どもを守るお母さん…”. マイナビニュース (2017年12月27日). 2018年2月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e HUGっと!プリキュア|お楽しみ|朝日放送”. 2018年2月12日閲覧。
  5. ^ プリキュア15年で初、初代が放送中の最新作に登場,日刊スポーツ,2018年6月24日
  6. ^ 「HUGプリ」にキュアミラクル、キュアドリーム、キュアピーチらがゲスト登場,コミックナタリー,2018年10月1日
  7. ^ a b 『オトメディア』2018年7月号別冊「オトメディア+SUMMER2018」P.30
  8. ^ a b アニメージュ』2019年1月増刊号P.14
  9. ^ キャラクター│キュアエール(朝日放送テレビ番組公式サイト)
  10. ^ キャラクター│キュアアンジュ(朝日放送テレビ番組公式サイト)
  11. ^ キャラクター│キュアエトワール(朝日放送テレビ番組公式サイト)
  12. ^ キャラクター キュアマシェリ”. HUGっと!プリキュア|朝日放送テレビ. 2018年6月17日閲覧。
  13. ^ キャラクター キュアアムール”. HUGっと!プリキュア|朝日放送テレビ. 2018年6月17日閲覧。
  14. ^ pps_asのツイート(1052038837252153344)
  15. ^ 『アニメージュ』2019年1月増刊号P.22-23
  16. ^ a b c d e f g h i 公式サイトのクライアス社の項目にて
  17. ^ @tsubofumi (2018年7月8日). "社長の名前〇〇・クライっていうのは決めてたんですが、とても悩んで。その時、サトジュンさんがポツリと呟いた「常時、暗い」って言葉にピンと来てジョージ・クライにしました。けど、意外とアグレッシブな人です。" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  18. ^ a b c d e 『アニメージュ』2018年7月号P.29
  19. ^ a b HUGっと!プリキュア:山田ルイ53世、小島よしお、キンタロー。が出演 芸人3人の思い - 毎日新聞
  20. ^ @waka_fuumi (2018年7月22日). "ビシンくんは男の子だよ…?" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  21. ^ kentatanaka0824のツイート(1043452059138158592)
  22. ^ 『HUGっと!プリキュア』第29話「ここで決めるよ!おばあちゃんの気合のレシピ!」より、あらすじ・先行場面カットが到着!,アニメイトタイムス,2018年8月25日
  23. ^ 『アニメディア』2018年9月号P.46
  24. ^ 『HUGっと!プリキュア』第31話よりあらすじ・先行場面カットが到着! はなは、学校のクラスメイト・エリが出場するチアリーディングの大会に行くことに”. アニメイトタイムズ (2018年9月8日). 2018年9月8日閲覧。
  25. ^ 『HUGっと!プリキュア』第35話よりあらすじ・先行場面カット到着! 女優として大活躍中のさあや、次はお医者さんの役をやることに”. アニメイトタイムズ (2018年10月6日). 2018年10月6日閲覧。
  26. ^ a b c d アニメージュ』2018年3月号P.75
  27. ^ 「HUGっと!」に史上初新プリキュア2人同時登場,日刊スポーツ,2018年5月31日
  28. ^ 史上初 男の子プリキュア誕生 シリーズ放送開始から15年,ハフポスト,2018年12月2日
  29. ^ 男の子のプリキュア登場 「遂に…」ネットで話題,朝日新聞デジタル,2018年12月2日
  30. ^ プリキュアコスチュームクロニクル p154。
  31. ^ a b 『アニメージュ』2018年7月号P.32-33
  32. ^ 月刊アニメディア2018年9月号p49
  33. ^ 『アニメージュ』2019年1月増刊号P.32
  34. ^ 『HUGっと!』プリキュアキャスト決定 OP&ED曲も発表”. ORICON NEWS (2018年1月6日). 2018年2月4日閲覧。
  35. ^ 2018年7月29日(日)品川ステラボールにて 「HUGっと!プリキュア」ライブ開催決定!!,マーベラス,2018年3月24日
  36. ^ HUGっと!プリキュア:「もう一度みたいお話」首位に第37話 歴代プリキュア登場も話題に,毎日新聞デジタル,2019年2月1日
  37. ^ @tsubofumi (2018年6月3日). "そして坪中仁文さんですが…" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  38. ^ 「ふたりはプリキュア」映画で復活、新作と夢コラボ,日刊スポーツ,2018年3月17日
  39. ^ 劇場版最新作『映画HUGっと!プリキュア▽ふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ』ポスタ―ビジュアルが解禁! プレゼントつき前売り券の発売も決定! - アニメイトタイムズ、2018年6月17日、同日閲覧。
  40. ^ 「映画プリキュアミラクルリープ」10月公開、次回作「映画ヒープリ」の制作も決定(コメントあり / 動画あり),映画ナタリー,2020年7月10日
  41. ^ HUGっと!プリキュア ドリームステージ♪|劇団飛行船
  42. ^ Blu-ray DVD・本”. HUGっと!プリキュア. 東映アニメーション. 2018年6月20日閲覧。
  43. ^ @narikids_info (2018年9月7日). "【HUGっと!プリキュア】" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  44. ^ プリキュアつながるぱずるん|バンダイナムコエンターテイメント公式サイト
  45. ^ 「HUGっと!プリキュア」LINEスタンプ|LINE STORE
  46. ^ HUGっと!プリキュア 「クライアス社」 - LINE スタンプ | LINE STORE
  47. ^ S.H.Figuarts HUGっと!プリキュア スペシャルページ | 魂ウェブ
  48. ^ S.H.Figuarts キュアマシェリ | プリキュアオールスターズ 趣味・コレクション | プレミアムバンダイ公式通販
  49. ^ 『HUGっと!プリキュア』キュアアムールがS.H.Figuartsシリーズからフィギュア化!並べてかわいいはぐたんも付属!,電撃ホビーウェブ,2019年6月13日
  50. ^ S.H.Figuarts キュアエトワール&ハリハム・ハリー | HUGっと!プリキュア 趣味・コレクション | プレミアムバンダイ公式通販
  51. ^ 『まどマギ』まどかやほむらのデフォルメ可動フィギュア、『コナン』S.H.Figuarts 江戸川コナンなどが初展示!『おジャ魔女どれみ』PROPLICA ペペルトポロンも!【魂ネイション2019速報レポート】アニメ編②,電撃ホビーウェブ,2019年10月25日
  52. ^ 「HUGっと!プリキュア オフィシャルコンプリートブック」発売決定!,超!アニメディア,2019年1月27日
  53. ^ HUGっと!プリキュア オフィシャルコンプリートブック 4月22日(月)発売!,超!アニメディア,2019年3月22日
  54. ^ Loppi限定!ローソンコラボグッズの予約が8/1(水)AM10時より開始! 現在放送中の「HUGっと!プリキュア」と15周年を迎えた「ふたりはプリキュア」が描き下ろしイラストで登場!ここだけの限定アイテムを要チェック!,プリキュア15周年公式サイト,2018年7月31日
  55. ^ エイプリルフールネタまとめ2018!,アニメイトタイムズ,2018年4月1日
  56. ^ エイプリルフールに便乗しているサイトまとめ2018年版,GIGAZINE,2018年4月1日
  57. ^ 『ドラゴンボール』×『プリキュア』エイプリルフールでコラボ,ORICON NEWS,2018年4月1日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「HUGっと!プリキュア」の関連用語

HUGっと!プリキュアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



HUGっと!プリキュアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのHUGっと!プリキュア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS