中華まんとは? わかりやすく解説

中華まん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/07 22:24 UTC 版)

中華まん(ちゅうかまん)とは、小麦粉砂糖酵母ベーキングパウダーなどをこねて発酵させて作った柔らかい皮で様々な具を包み、蒸した饅頭である[1][2]


  1. ^ 大辞泉(yahoo辞書)「中華饅頭」
  2. ^ a b c d グリコ栄養食品たべもの事典
  3. ^ a b 大辞泉(yahoo辞書)「にくまん(肉饅)」
  4. ^ a b 大辞泉(yahoo辞書)「あんまん(餡饅)」
  5. ^ a b 竹内真彦. “諸葛孔明とマントウ”. 龍谷大学. 2022年5月7日閲覧。
  6. ^ 中華まん 新宿中村屋”. 新宿中村屋. 2022年5月7日閲覧。
  7. ^ 豚まんファン集まれ!発祥地・神戸で11月にサミット”. 朝日新聞 (2011年9月18日). 2011年9月19日閲覧。
  8. ^ “セブン「豚まん」よりも「肉まん」を選んだほうがよい理由”. 週刊アスキー. (2017年9月27日). https://weekly.ascii.jp/elem/000/001/558/1558496/ 2021年1月12日閲覧。 
  9. ^ 豚まんサミット 11月11日神戸・南京町で”. 神戸新聞 (2011年9月16日). 2011年9月19日閲覧。
  10. ^ KOBE 豚まんサミット
  11. ^ 尾原崇也 (2022年1月11日). “こしあん、粒あんの境界線はどこ?”. 静岡新聞. 2022年5月7日閲覧。
  12. ^ セブンイレブンのあんまん "こしあん" "つぶあん" の境界線”. togetter (2021年11月13日). 2022年5月7日閲覧。
  13. ^ 井村屋 昭和46年から昭和63年まで
  14. ^ a b 加来翔太郎監修・オカタオカ著 『カレー語辞典』株式会社誠文堂新光社、2016年8月18日、81頁。 
  15. ^ 神戸新聞(2005/06/14日号・はてな?探偵団)



中華まん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:29 UTC 版)

こげぱん」の記事における「中華まん」の解説

中華まん達は体温高く容易には近づけない。中華まんはパンではないがパン達は「パン仲間」として捉えこげぱんは中華まんも嫉妬対象にしたり、パン心得教えようとしたりパンとして接している。「パンでは無いから」という理由なのか「毎日クターっと」の見返しパン集合絵には中華まんはいない。 アニメ版PS版続編には未登場あんまん グッズ、「毎日ダラーっと。」で登場。ふわふわの生地十勝産の高級小豆使用したあんこが入っているあんまん普段は蒸し器中にいる為なかなか会えないボーっとしていることが多く返事もやや遅れがち。更には「痛い」といった感覚や「怖い」といった感情も遅れて伝わようである。 ただし、肌(皮)に関する感覚例えば皮が乾燥してきたとか)に対してはとても敏感に反応する。 いつもニコニコ笑っているが、蒸される前はムスッとした表情をしている。専用シート常時しているが、くっつきやすい生地の色は白。 アニメ版PS版続編には未登場にくまん グッズ、「毎日ダラーっと。」で登場ジューシーな豚ひき肉タケノコシイタケなど具沢山中身肉まん性格・特徴などあんまんと同じ。生地の色は白。 アニメ版PS版続編には未登場カレーまん グッズ、「毎日ボケーっと。」で登場。じっくり炒めた玉ねぎひき肉使ったまろやかな辛さカレー中身生地黄色である。 性格・特徴などあんまんにくまんと同じ。 カレーパン同じくカレー使用されているが、まろやかな辛さカレーなので、カレーパンのように辛口な面は見られないアニメ版PS版続編には未登場

※この「中華まん」の解説は、「こげぱん」の解説の一部です。
「中華まん」を含む「こげぱん」の記事については、「こげぱん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「中華まん」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「中華まん」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中華まん」の関連用語

中華まんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中華まんのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中華まん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのこげぱん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS