心得とは?

こころ‐え【心得】

理解していること。また、理解してとりはからうこと。「心得のある処置

常に心がけていなければならないこと。心構え。「日ごろの心得がよくない

技芸を身につけていること。たしなみ。「茶の湯の心得がある」

ある事をするにあたって注意し、守るべき事柄。「接客の心得」「冬山登山の心得」

下級の者が上級役職代理または補佐するときの職名。「課長心得」


こころ‐・う【心得】

〔他ア下二〕 ⇒こころえる(心得)


こころ‐え【心得】

〔名〕

① 心得ること。物事の細かい事情などを理解していること。理解会得

承応狭衣物語(1069‐77頃か)四「おほかたの殿上人などの心得にしつつ、あまた参らせし扇をば、さるものにて

政基公旅引付文亀元年(1501)閏六月二日「以此趣蔵本え雖申聞候、一向心不行候」

事情理解して取りはからうこと。

謡曲道成寺(1516頃)「さあらば供養に舞を舞はうずるよし申し候ふが、それのおん心得にてそとお場(には)へ入れられ候へかし」

浄瑠璃平家女護島(1719)二「それにも入道殿承引なくは一門の心得にて、中国備前の辺迄呼のぼせ時節を見よ」

心中思い決めること。心づもり。覚悟決心

史記抄(1477)七「人は皆死ぬるをいやかるに、我れはよろこふは、あはれ我か不明なによって、心得はし、ちかうたかそ」

④ 常に心がけていなければならないこと。用意たしなみ

椿葉記(1434)「御こころえのために細かに申す也」

(5) 技芸などを一通りにつけていること。たしなみがあること。「武芸の心得」

中華若木詩抄(1520頃)中「古人の詩は、いづれも、この意得ありて、つくる也」

(6) 気持意志考え方

曾我物語南北朝頃)五「恐れ入りて候へども悪しき御こころへと存じ候」

(7) 用心をすること。注意すること。

庭訓往来註(室町中‐後)「有御意、可養生也」

(8)こころえしょ心得書)」「こころえしだい(心得次第)」の略。

(9) 下級の者が、仮に一時上級の者の職務つかさどる時の名称。

明治八年一〇月達第八五号陸軍武官命課規則1875二条歩兵科大尉を以て歩兵大隊長為すときは大隊長心得と称し」

(10) 今後どうするかの見当。あて。

随筆独寝1724頃)上「町人どの様なるものは、いかほど持丸長者といはるるとても、心得なきもの也」


こころ・ゆ【心得】

〔他ヤ下二〕 (「こころう〔ア下二〕」から転じて、室町頃から用いられた語。終止形多くこころゆる」となる) =こころえる(心得)

常徳院殿御集(1489)「こころゆる これも又これも又とや論ずらむ弓と馬ともるい代のみち」


こころ‐・える【心得・意得】

〔他ア下一〕 [文]こころ・う 〔他ア下二

① まわりの事情物事の意味などを理解し、さとる。わけがわかるわきまえる思わく察する

*竹取(9C末‐10C初)「宮仕仕うまつらず成りぬるも、かくわづらはしき身にて侍れば、心えず思しめされつらめども」

徒然草1331頃)七八物の名など心得たるどち、片端言ひ交し、目見合せ笑ひなどして、心知らぬ人に心えず思はする事」

承知する同意する。了解する。ひきうける。

源氏100114頃)真木柱いかなりけることならむとはいまに心えがたく思ける」

愚管抄(1220)五「内侍には伊予内侍少輔内侍二人ぞ心ゑたりける」

気をつける用心する心構えをする。覚悟する。

徒然草1331頃)二一三「さればころび落ちぬやうに心得て炭をつむべきなり」

たしなみがある。会得している。その道経験が深い。精通する。

源氏100114頃)帚木「わが心えたる事ばかりを、おのがじし心をやりて、人をばおとしめなど、かたはらいたき事多かり」

平家13C前)一〇「与三兵衛重景、石童丸といふ童、舟に心えたればとて〈略〉召し具して」

[補注]室町時代ごろからヤ行下二段にも活用し「こころゆ(る)」が見られるが、その明らかな例は「こころゆ」の項にあげた。→こころゆ


心得

読み方:こころえ

【文語】ア行下二段活用動詞「心得」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


心得

読み方:こころえ

ア行下一段活用動詞「心得る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

心得

読み方こころえ

ア行下二段活用動詞「心得」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの
「心得」の口語形としては、ア行下一段活用動詞「心得る」が対応する。


心得

読み方こころう

ア行下二段活用動詞「心得」の終止形
「心得」の口語形としては、ア行下一段活用動詞「心得る」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

心得

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:48 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. こころえ 参照

和語の漢字表記

心 得

  1. こころう 参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「心得」の関連用語

心得のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



心得のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの心得 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS