シイタケとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > シイタケの意味・解説 

椎茸

読み方:シイタケ(shiitake

担子菌類ハラタケ目のきのこ


シイタケ

【仮名】しいたけ
原文shiitake mushroom

黒い色をした東洋キノコで、広く食用とされている。シイタケからは数種類の抗がん物質発見されており、胃がん大腸がん治療薬として日本研究されているレンチナンそのひとつである。学名Chamaemelum nobileである。

シイタケ

シイタケ
科名 キシメジ科
別名: -
生薬名: コウシン香蕈
漢字表記 椎茸
原産 日本 中国
用途 コナラ・クヌギ・シイなどの枯れ木春と秋発生します。今は人口栽培年中生産され食用にされます。二日酔い栄養補給煎じたり調理して利用します。
学名: Lentinus edodes Sing.
   

椎茸


シイタケ

読み方:しいたけ

  1. 押丁ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・和歌山県

分類 和歌山県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

椎茸

読み方:シイタケ(shiitake

春から秋にかけて天然には山林中のシイ類・コナラ類・クリ類・クヌギ類などの枯れ木にできる

季節

分類 植物


シイタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/02 08:55 UTC 版)

シイタケ椎茸香蕈[1]学名Lentinula edodes、英語:Shiitake, Shiitake mushroom)は、ハラタケ目-キシメジ科に分類されるキノコである。異説では、ヒラタケ科ホウライタケ科ツキヨタケ科ともされる。




注釈

  1. ^ とちぎ農産物マーケティング協会(2014年4月30日閲覧)にて、日本椎茸農協連刊行『しいたけ ひとくち知識』(2000年12月)で言及されていると引用。漫画『もやしもん』作中の解説(第39話2ページ目、単行本第4巻 p.20)、うちこ農と食の検定(内子町産地収益力向上協議会 2014年4月30日閲覧)などにも言及あり。

出典

  1. ^ 木村修次・黒澤弘光『大修館現代漢和辞典』大修館出版、1996年12月10日発行(1251ページ)
  2. ^ Pegler, D. N., 1983. The genus Lentinula (Tricholomataceae, tribe Collybieae). Sydowia 36: 227-239.
  3. ^ 「しいたけ表示基準」(平成18年6月30日農林水産省告示第908号)第2条
  4. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  5. ^ a b 黒須泰行、岩黒大志「シイタケ中のグアニル酸に関する研究」『研究紀要』第29巻、国際学院埼玉短期大学、2008年3月、 87-91頁、 NAID 110006992811
  6. ^ ナメコの化学成分組成に及ぼす栽培時のオゾン暴露の影響 日本食品工業学会誌 Vol.40 (1993) No.1 P7-16
  7. ^ シイタケの菌床栽培における培地窒素量と子実体の窒素含有成分との関係 日本食品科学工学会誌 Vol.47 (2000) No.3 P191-196
  8. ^ ビタミンB1を多く含むシイタケの菌床栽培方法 (PDF) 千葉県森林研究センター特用林産研究室
  9. ^ シイタケ培地へ添加したトレハロースの子実体への影響(第1報)添加量と子実体の収量,含有量,鮮度保持,食味との関係 木材学会誌 Vol.55 (2009) No.3 P170-175
  10. ^ ヒラタケおよびナメコによるカルシウム塩添加培地からのカルシウムの吸収 日本食品科学工学会誌 Vol.42 (1995) No.9 P682-686
  11. ^ その戻し方間違ってます!干ししいたけの戻し方伝授。”. 椎茸と湯葉の専門店 武州屋. 2015年12月14日閲覧。
  12. ^ 木村友子、菅原龍幸、福谷洋子、加賀谷みえ子「超音波照射が干し椎茸の水戻しに及ぼす影響」『日本家政学会誌』第45巻第7号、日本家政学会、 585-593頁、 NAID 110003167843
  13. ^ ナノミスト、シイタケエキスを超音波使い濃縮”. 日本経済新聞 (2014年9月27日). 2015年12月14日閲覧。
  14. ^ 製品紹介:シイタケエキス”. 丸善製薬株式会社. 2015年12月15日閲覧。
  15. ^ ヒアルロン酸しわ シイタケエキス”. 化粧品成分ガイド.WEB. 2015年12月15日閲覧。
  16. ^ シイタケ菌糸体の有用性 第19回 日本補完代替医療学会学術集会特別講演別冊 (代替医療科学研究センター発行、鈴木信孝監修、2015年11月28日)
  17. ^ シイタケ菌糸体の有用性 第19回 日本補完代替医療学会学術集会特別講演別冊 (代替医療科学研究センター発行、鈴木信孝監修、2015年11月28日)
  18. ^ 中村雄彦: しいたけによる中毒疹, 臨皮, 31: 65-68, 1977
  19. ^ 足立準, 「シイタケ皮膚炎の1例」『皮膚』 2000年 42巻 3号 p.299-300, doi:10.11340/skinresearch1959.42.299
  20. ^ 2019年中国食用菌行业产量及生产模式分析” (中国語). chyxx.com. 中国产业信息网 (2020年1月13日). 2020年6月8日閲覧。
  21. ^ 主要国の野菜の生産動向等”. vegetable.alic.go.jp. 農畜産業振興機構 (2018年). 2020年6月8日閲覧。
  22. ^ 椎茸統計資料”. ousyou-shiitake.jp. 王将椎茸 (2019年). 2020年6月8日閲覧。
  23. ^ 本山荻舟「貿易船で禅問答」『飲食系図』関書院、1948年11月。 コマ13-15(原本9-13ページ)
  24. ^ 荒井涙光「(十)阿育王山の典座」『道元禅師』丙午出版社、1915年6月。 コマ44-46(原本66-71ページ)
  25. ^ 雷落とすとキノコ育った 岩手大成果
  26. ^ プルタルコス柳沼重剛「食卓歓談集」、岩波書店、2001年12月14日、 ISBN 9784003366431
  27. ^ 塚本俊介、前田貴昭、池田元吉、秋山秀典「キノコ栽培へのパルス高電圧の利用」『プラズマ・核融合学会誌 = Journal of plasma and fusion research』第79巻第1号、プラズマ・核融合学会、2003年1月25日、 39-42頁、 doi:10.1585/jspf.79.39NAID 130000133720
  28. ^ 食用きのこ増産用パルス高電圧発生装置の開発とその効果の検証 農業機械学会誌 Vol.74 (2012) No.6 p.483-489
  29. ^ キノコ栽培へのパルス高電圧の利用
  30. ^ きのこ増産装置(らいぞう)
  31. ^ 林野庁「主要な特用林産物の平成30年の生産動向」、2019年。2020年5月閲覧。
  32. ^ 小川[2012:39]
  33. ^ 小川[2012:23-25]文献は典座教訓という
  34. ^ 小川[2012:29]
  35. ^ 小川[2012:34-35]
  36. ^ 小川[2012:125]
  37. ^ 小川[2012:60-95]
  38. ^ 小川[2012:83]
  39. ^ [1]


「シイタケ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シイタケ」の関連用語

シイタケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シイタケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2020, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシイタケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS