魔法少女ララベルとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 魔法少女ララベルの意味・解説 

魔法少女ララベル

原題:
製作国:日本
製作年:1980
配給:東映
スタッフ
演出:福島和美 フクシマカズミ
原作:藤原栄子 フジワラエイコ
脚本:曽田博久 ソダヒロヒサ
企画:山口康男 ヤマグチヤスオ
作画監督:進藤満尾 
音楽:いずみたく イズミタク
スクリプター:進藤満尾 
キャスト(役名
堀江美都子 ホリエミツコ (ララベル
つかせのりこ  (テコ
松島みのり マツシマミノリ (トコ
八奈見乗児 ヤナミジョウジ (立花作造)
田中崇  (ビスカス
辻しげる ツジシゲル (落葉積郎)
解説
人間界落ちてきたララベル人間の友テコトコ連れだって海水浴行き、そこで、一人民宿切り回す良太という少年手伝い大奮闘する。楽しい夏の海……。原作藤原栄子脚本曽田博久演出福島和美それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください

魔法少女ララベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/27 21:12 UTC 版)

魔法少女ララベル』(まほうしょうじょ ララベル)は、藤原栄子原作、東映動画製作の魔法少女アニメである。1980年2月15日 - 1981年2月27日テレビ朝日系列にて放映された。全49話。15年にわたって製作された東映魔女っ子シリーズの最終作である。




  1. ^ a b 東映魔女っ子シリーズは書籍や商品展開によって作品の範囲が異なっており、公式サイトでも本作や前作が何作目に該当するかについての見解は特に示されていない。
  2. ^ a b 『魔女っ子アニメ大全集』:東映動画篇 (株)BANDAI、1993年8月20日、112頁。ISBN 4-89189-505-5
  3. ^ 大西祥平「『うわさの姫子』作者 藤原栄子先生ロング・インタビュー」『CONTINUE』Vol.30、2006年、p.126
  4. ^ a b 辻真先『TVアニメ青春記』実業之日本社、1996年、148頁。ISBN 4408101974
  5. ^ 辻真先『ぼくたちのアニメ史』岩波書店、2008年、92頁。ISBN 978-4005005871 第1話の台本を書いたあとは、番組終了後の打ち上げパーティまで誘いが来ることはなかったとのこと。
  6. ^ もっとも、第27話でララベルとビスカスがヘンリーというファッションデザイナーに勧められ、ファッションの売込み合戦をするも、ヘンリーはインチキデザイナーだと分かって、苦労が無駄になってしまうという、「ララベルまでビスカスのとばっちりを食わされる」話も、僅かながら存在する。
  7. ^ 人間の単位だと身長150センチ、体重38キロ、年齢9歳となる。
  8. ^ a b c d e 『魔女っ子マテリアル』、銀河出版、1999年、ISBN 4877770070
  9. ^ アニメージュ』 1981年4月号(徳間書店)全国放映リスト p.115。
  10. ^ 『アニメージュ』1980年8月号(徳間書店)全国放映リスト pp.93 - 94。
  11. ^ 1980年9月26日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  12. ^ 『週刊TVガイド 東北版』1981年5月15日号、72ページ。
  13. ^ 本放送後の2000年 - 2001年頃、青森朝日放送にて日曜 6:30 - 6:45に再放送されている。
  14. ^ 「全国放映リスト」『アニメージュ』1981年4月号、徳間書店、 114頁。
  15. ^ 「全国放映リスト」『アニメージュ』1980年7月号、徳間書店、 124頁。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「魔法少女ララベル」の関連用語

魔法少女ララベルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



魔法少女ララベルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの魔法少女ララベル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS