働かざる者食うべからずとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 働かざる者食うべからずの意味・解説 

働(はたら)かざる者(もの)食(く)うべからず

怠けて働こうとしない人は、食べてはならない徒食いましめる言葉


働かざる者食うべからず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/15 07:51 UTC 版)

働かざる者食うべからず」(はたらかざるものくうべからず、英語: He who does not work, neither shall he eat.)とは、労働に関する慣用句である。


  1. ^ 松永晋一 『テサロニケ人への手紙』 日本基督教団出版局、1995年、249頁。ISBN 4818402001
  2. ^ 印刷物として初めて世に出たのはレーニンの没後5年、1929年1月20日発行の同党の機関紙「プラウダ」第17号
  3. ^ 岩波文庫人権宣言集p.283
  4. ^ 岩波文庫人権宣言集p.292


「働かざる者食うべからず」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「働かざる者食うべからず」の関連用語

働かざる者食うべからずのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



働かざる者食うべからずのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの働かざる者食うべからず (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS