黄金律とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 黄金律の意味・解説 

おうごん‐りつ〔ワウゴン‐〕【黄金律】


黄金律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/07 21:39 UTC 版)

黄金律(おうごんりつ、: Golden Rule)は、多くの宗教道徳哲学で見出される「他人から自分にしてもらいたいと思うような行為を人に対してせよ」という内容の倫理学的言明である。現代の欧米において「黄金律」と呼ばれるものは、イエス・キリストの「為せ」という言葉を引用していることが多い。


  1. ^ a b スティーブン・ピンカー『21世紀の啓蒙 下:理性、科学、ヒューマニズム、進歩』橘明美,坂田雪子訳、草思社、2019年、341-342頁。ISBN 978-4794224224


「黄金律」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黄金律」の関連用語

黄金律のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黄金律のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黄金律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS