宇宙円盤大戦争とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 宇宙円盤大戦争の意味・解説 

宇宙円盤大戦争

原題:
製作国:日本
製作年:1975
配給:東映
スタッフ
監督:芹川有吾 セリカワユウゴ
製作:今田智憲 
原作:永井豪とダイナミックプロ ナガイゴウトダイナミックプロ
原案:サクール・バーン 
脚本:上原正三 ウエハラショウゾウ
企画:有賀健 

勝田稔男 
作画監督:飯野皓 
美術:辻忠直 ツジタダナオ

内川文広 
キャスト(役名
解説
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
大介宇宙科学研究所所長、宇門源息子として育てられているが、地球人間ではなかった。5年前、豊かな緑の星フリード星が、ヤーバン大王のひきいる円盤群に攻められ滅ぼされた時、ガッタイガー地球逃れてきたのだった王女テロンナのひきいるヤーバン星円盤大部隊が地球上に姿を見せはじめた。大介と名をかえたデュークフリードを探し出しガッタイガー持ちかえる事が目的だった。またテロンナは、幼い頃からデュークフリードに慕情寄せており、彼をフリードに連れて行きたいとも思っていた。しかしブラッキー隊長強行策を取るように主張し、地球無差別攻撃開始した。やがて大介は、地球の友人・ひかるの命が危機陥ったため、ひかるを救けるべくガッタイガーをテロンナに渡した。ブラッキー隊長はデュークフリードを掴まえようとするが、彼は変身上空へ飛んだ。ガッタイガー反撃前に円盤次々と爆破心ならずも最後の戦い追いこまれたテロンナに、ブラッキー発射した熱線ミサイルあやまって命中した。テロンナはデュークフリードに、一度だけ抱きしめてほしい、と言い残し息をひきとるのだった

宇宙円盤大戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/25 00:56 UTC 版)

宇宙円盤大戦争』(うちゅうえんばんだいせんそう 英文:Great Battles Of Flying Saucers[1])は、1975年7月26日東映まんがまつりの一編として公開された東映動画製作の劇場用ロボットアニメ。30分。




  1. ^ a b 「東映動画 長編アニメ大全集 下巻」(徳間書店)240頁 1978年
  2. ^ 赤星政尚他「CHAPTER.3 ロボットアニメを作った男たち ロボットアニメ 殿堂入りスタッフ紳士録」『不滅のスーパーロボット大全 マジンガーZからトランスフォーマー、ガンダムWまで徹底大研究』二見書房、1998年9月25日、ISBN 4-576-98138-2、133頁。
  3. ^ 「DVD & VIDEO Selection」『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ、2002年5月1日、 102頁、 雑誌コード:01843-05。
  4. ^ 「DVD マジンガー The MOVIE 永井豪スーパーロボットBOX特集」
  5. ^ <東映まんがまつり>公開の「マジンガーZ」関連劇場版を収めた単巻Blu-ray2タイトルが同日発売


「宇宙円盤大戦争」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宇宙円盤大戦争」の関連用語

宇宙円盤大戦争のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宇宙円盤大戦争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇宙円盤大戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS