ミラクル少女リミットちゃんとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ミラクル少女リミットちゃんの意味・解説 

ミラクル少女 リミットちゃん

原題:
製作国:日本
製作年:1974
配給:東映
スタッフ
監督:田宮武 タミヤタケシ
原作:永島慎二 ナガシマシンジ
脚本:雪室俊一 ユキムロシュンイチ
企画:高見義雄 タカミヨシオ
音楽:菊池俊輔 キクチシュンスケ
制作補:江藤昌治 エトウマサハル
キャスト(役名
解説
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
西山リミット小学校5年女の子彼女は4年の時、飛行機事故にあい、父の西山博士さまざまな機械体の中組みこまれて奇跡的に助かり、以来彼女は超能力備えサイボーグになっていた。リミット親友浅見信子の弟・友男は、凄まじい腕白坊主だが、リミットにとっては可愛い弟のような存在である。この友男が通学バスの中で恋をした1年生のくせに女の子恋をするとは生意気だ、とボスことごとに友男にあたった。ところが、友男の恋の相手というのはボスの妹の綾子だった。勿論、友男もボスもその事は知らない綾子誕生日がやってきた。友男は綾子招待されてボスの家へやって来た。すっかりめかしこんだ友男だったが、ボス綾子の兄と知ってびっくり。勿論ボスも驚いて、たちまち二人大喧嘩始めてしまった。綾子はそんな二人見て泣きだしてしまった。そこで、リミットはフラワーリングのボタン押した。部屋中に花の香りがただよいボスと友男は何となく仲直りしてしまった。綾子と友男はとても幸せそうだった。

ミラクル少女リミットちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/02 19:45 UTC 版)

ミラクル少女リミットちゃん』 (ミラクルしょうじょリミットちゃん) は、永島慎二・ひろみプロダクション(現:おもちゃ箱)原作のSFサイボーグアニメ作品・漫画作品。1973年10月1日から1974年3月25日にかけてNET(現:テレビ朝日)系列で、毎週月曜日19時00分から19時30分に全25話が放送された。




  1. ^ 『魔女っ子アニメ大全集』:東映動画篇 (株)BANDAI、1993年8月20日、14項、68頁。ISBN 4-89189-505-5
  2. ^ a b サイボーグ化により一般人より高い身体能力を得た「超人的能力」という意味あいで使われており、一般的にイメージされるエスパーが持つ超能力とは異なる。
  3. ^ 『魔女っ子アニメ大全集』:東映動画篇 (株)BANDAI、68頁。
  4. ^ 企画書・パイロットフィルムでは本編の1年前、小学4年生の夏休みの時。漫画版では事故に遭った時期は同じだが、「とある事情で巻き込まれた交通事故…」とあり、経緯が異なる。
  5. ^ ペンダントと呼んでいるが、ブローチのように上着に取り付けられた描写であり、ペンダントトップとしてネックレスにぶら下げられた描写はない。
  6. ^ 『魔女っ子アニメ大全集』167頁では両名併記。DVD-BOX解説書では明比正行のみ記載。
  7. ^ 『河北新報』1973年10月28日 - 1974年4月21日付朝刊、テレビ欄。
  8. ^ 『河北新報』1974年4月1日 - 9月9日付朝刊、テレビ欄。
  9. ^ 『河北新報』1973年10月1日 - 1974年3月25日付朝刊、テレビ欄。
  10. ^ 『福島民報』1973年10月1日 - 1974年3月25日付朝刊、テレビ欄。
  11. ^ 『北國新聞』1973年12月13日付朝刊テレビ欄





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミラクル少女リミットちゃん」の関連用語

ミラクル少女リミットちゃんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミラクル少女リミットちゃんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミラクル少女リミットちゃん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS