ゲゲゲの鬼太郎_(テレビアニメ第3シリーズ)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ゲゲゲの鬼太郎_(テレビアニメ第3シリーズ)の意味・解説 

ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第3シリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 02:11 UTC 版)

ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、1985年10月12日から1988年3月21日まで、フジテレビほかで全115話が放送された、東映アニメーション制作のテレビアニメ。水木しげる漫画ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする、妖怪アニメ作品のテレビシリーズとしては3シリーズ目に当たる。




注釈

  1. ^ 例外として、今作は子泣き爺のみ過去のシリーズでも同役で準レギュラー的に出演経験のある永井一郎が、正式にレギュラーで担当となった。
  2. ^ 原則的には「呼子」表記だが、設定資料では「山彦(やまびこ)」とも表記されている。
  3. ^ 他に中野聖子も代役で担当している。
  4. ^ 他に柴田由美子も代役で担当している。
  5. ^ 大竹は第1・第2シリーズでも多数の役でゲスト出演をしており、特に本作は一番最多出演のゲスト声優となった。
  6. ^ 向井はマリリン・モンロー出演映画の日本語吹き替え版での専属的な担当で、本作では明言されていないが吸血鬼ピーの妻兼側近のモンローは、原作と第2シリーズでも「マリリン・モンロー当人の血を吸った際にそっくりになった」と設定されている。
  7. ^ 第4話初登場時のみ千葉耕市が演じた。劇場版第1作の再登場から青野が担当となり、テレビシリーズは第16話より出演している。
  8. ^ 雪國」がヒットするのは翌1986年。
  9. ^ 最初はねずみ男が出てくるが、すぐに一反木綿に替えられた。
  10. ^ ただし、番組終了後は通常と変わらない。
  11. ^ 1987年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局。
  12. ^ 現・NST新潟総合テレビ。
  13. ^ 現・IBC岩手放送。
  14. ^ 本来の時間帯では自社制作の報道番組『'85→'86報道特集 今・燃える時代』→『土曜ニュースマガジン』を放送していた[8]
  15. ^ 1987年9月まではフジテレビ系列とのクロスネット局。
  16. ^ 現・テレビ愛媛。

出典

  1. ^ ゲゲゲの鬼太郎(第3シリーズ)【連日】”. ゲゲゲの鬼太郎(第3シリーズ)【連日】 || ファミリー劇場. 2019年12月27日閲覧。
  2. ^ 『テレビマガジンデラックス 26 ゲゲゲの鬼太郎』(講談社)、1986年、82頁。ISBN 4061724762
  3. ^ 「テレビ局ネットワーク」『アニメディア』1988年1月号、学研、 79 - 81頁。
  4. ^ a b 「テレビ局ネットワーク」『アニメディア』1986年6月号、学研、 58頁。
  5. ^ a b c 「全国縦断放映リスト」『アニメージュ』1987年10月号、徳間書店、 110頁。
  6. ^ 『福島民報』1985年11月16日 - 12月28日付朝刊、テレビ欄。
  7. ^ a b c 「テレビ局ネットワーク」『アニメディア』1986年6月号、学研、 59頁。
  8. ^ 山陽新聞』、1986年8月23日、20ページ、1987年8月22日、22ページ、各テレビ欄
  9. ^ a b 「テレビ局ネットーワーク」『アニメディア』1986年6月号、学研、 60頁。
  10. ^ 下野新聞 縮刷版下野新聞社、1988年12月31日付ラジオ・テレビ欄。 


「ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第3シリーズ)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゲゲゲの鬼太郎_(テレビアニメ第3シリーズ)」の関連用語

ゲゲゲの鬼太郎_(テレビアニメ第3シリーズ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ゲゲゲの鬼太郎_(テレビアニメ第3シリーズ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第3シリーズ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS