三つ目がとおるとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 日本の漫画作品一覧 > 三つ目がとおるの意味・解説 

三つ目がとおる―天狗山の秘密

作者田中啓文

収載図書手塚治虫COVER タナトス
出版社徳間書店
刊行年月2003.5
シリーズ名徳間デュアル文庫


三つ目がとおる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/11 07:34 UTC 版)

三つ目がとおる』(みつめがとおる)は、手塚治虫による日本少年漫画。また、それを原作としたテレビアニメである。




  1. ^ a b 二階堂黎人『僕らが愛した手塚治虫』《激動編》、原書房、2012年、266頁。ISBN 978-4-562-04755-0
  2. ^ a b 池田啓晶『手塚治虫キャラクター図鑑 第5巻』 朝日新聞社、1998年、10頁。ISBN 4-02-330224-4
  3. ^ a b c 『アニメソフト総合カタログ2001』日之出出版、2001年、p.367
  4. ^ アニメでは「〜ホリマク」のあとに「来たれ、赤いコンドルよ」と続く。
  5. ^ アニメではアイキャッチに東洲斎写楽の大首絵などがモチーフとして使われ、「わんわん物語」(アニメ第8話「三つ目イヌ誕生」)では額にバンソウコが貼られており写楽の手で三つ目に改造された子犬・ホクサイ(声:大谷育江)が登場する。
  6. ^ 全集の後書きで手塚本人が書いている。
  7. ^ 転校のエピソードはのちに『三つ目がとおる 秘蔵短編集』(講談社漫画文庫)ISBN 978-4-06-370521-8 に収録されている。
  8. ^ パイロットフィルム紹介では一度だけ姿を現している。
  9. ^ アニメでは単に「鬼胴」。
  10. ^ 厳密には続刊停止の扱いで、講談社コミックス版の既刊は少なくとも1982年ごろまでは再版は続いている。
  11. ^ 犬持医院に人面鳥が襲撃に来るシーンで、写楽が見ていたTVに映るキン肉マンの映像。
  12. ^ [視聴率の現場]湾岸戦争でTV特番戦争 NHKは強かった、『読売新聞』1991年1月23日付東京夕刊。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  13. ^ 第13話で途中打ち切り。
  14. ^ 富山新聞 1991年9月27日付テレビ欄より






固有名詞の分類

日本の漫画作品一覧 犬狼伝説  妖しのセレス  三つ目がとおる  鉄のほそ道  プラスチック解体高校
ファミリーコンピュータ用ソフト 桃太郎伝説  機動警察パトレイバー  三つ目がとおる  マニアックマンション  モンスターワールドシリーズ
テレビ東京系アニメ BLUE SEED  カリメロ  三つ目がとおる  東京アンダーグラウンド  絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク
MSX/MSX2用ソフト 麻雀刺客  レリクス  三つ目がとおる  パロディウス  ロットロット
漫画作品 み MIXIM☆11  Mr.ペンペン  三つ目がとおる  ミンミン!  緑山高校
日本テレビ系アニメ 戦え!オスパー  機動警察パトレイバー  三つ目がとおる  おかしなおかしな トムとジェリー 大行進  蒼き流星SPTレイズナー
ライトノベル 新本格魔法少女りすか  おらくる☆ヒミコさん  三つ目がとおる  妖怪アパートの幽雅な日常  お嬢さまシリーズ
手塚治虫の作品 泥だらけの行進  ビッグX  三つ目がとおる  こじき姫ルンペネラ  少年画報
アニメ作品 み 水グモもんもん  Mr.ペンペン  三つ目がとおる  南の島の小さな飛行機 バーディー  緑山高校
1990年のテレビアニメ からくり剣豪伝ムサシロード  魔法少女レインボーブライト  三つ目がとおる  三丁目の夕日  つる姫じゃ〜っ!

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三つ目がとおる」の関連用語

三つ目がとおるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三つ目がとおるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三つ目がとおる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS