鳥人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 鳥人の意味・解説 

ちょう‐じん〔テウ‐〕【鳥人】

読み方:ちょうじん

飛行家、または、スキーのジャンプ競技選手空飛ぶたとえた語。


鳥人

作者伊井圭

収載図書啄木鳥探偵処
出版社東京創元社
刊行年月1999.5
シリーズ名創元クライム・クラブ

収載図書啄木鳥探偵處
出版社東京創元社
刊行年月2008.11
シリーズ名創元推理文庫


鳥人

読み方:ちょうじん

  1. 錬したる飛行機乗のことをいふ。
  2. 熟練した飛行機乗のことをいふ。
  3. 上手な飛行家の事をいふ。

分類 俗語

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鳥人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/07 04:54 UTC 版)

鳥人(ちょうじん)、もしくはタンガタ・マヌは、イースター島の伝説に登場する、ヒト属性を併せ持つ存在、もしくは名誉称号のことである。


注釈

  1. ^ 木村によれば1867年とされている[2]
  2. ^ a b c 木村によればアジサシとされている[2]

参照

  1. ^ 木村重信著 『失われた文明を求めて』pp.189-190.
  2. ^ a b c d 木村重信著 『失われた文明を求めて』p.190.
  3. ^ フランシス・マジュール著、早津敏彦・服部研二訳、『イースター島の巨石文明』p.112.
  4. ^ フランシス・マジュール著、早津敏彦・服部研二訳、『イースター島の巨石文明』p.114-121.
  5. ^ 木村重信著 『失われた文明を求めて』p.191.
  6. ^ 木村重信著 『失われた文明を求めて』pp.191-195.


「鳥人」の続きの解説一覧

鳥人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/29 11:19 UTC 版)

2012 009 conclusion GOD'S WAR」の記事における「鳥人」の解説

文字通り鳥の頭を持った人。イースター島ジョー襲撃加速装置封じ念動力で彼を追い詰めるムン先生現れたことでどこかへ去っていった。

※この「鳥人」の解説は、「2012 009 conclusion GOD'S WAR」の解説の一部です。
「鳥人」を含む「2012 009 conclusion GOD'S WAR」の記事については、「2012 009 conclusion GOD'S WAR」の概要を参照ください。


鳥人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 08:41 UTC 版)

啄木鳥探偵處」の記事における「鳥人」の解説

明治44年2月大逆事件判決下り啄木慢性腹膜炎から回復したものの体調おもわしくない3月啄木幸楽座の山根一郎から「鳥人」として人気を集める奇術師樹神の様子がおかしいので護衛してほしい頼まれる。だがその夜電線に首を引っ掛けて死んでいた。警察飛行ショー練習中事故死としたが、啄木山根依頼事件の真相に迫る。

※この「鳥人」の解説は、「啄木鳥探偵處」の解説の一部です。
「鳥人」を含む「啄木鳥探偵處」の記事については、「啄木鳥探偵處」の概要を参照ください。


鳥人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 05:09 UTC 版)

ハオ君の不思議な旅」の記事における「鳥人」の解説

人類地上君臨する以前に地上跋扈していた生物前後左右移動

※この「鳥人」の解説は、「ハオ君の不思議な旅」の解説の一部です。
「鳥人」を含む「ハオ君の不思議な旅」の記事については、「ハオ君の不思議な旅」の概要を参照ください。


鳥人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 18:16 UTC 版)

自由人HERO」の記事における「鳥人」の解説

バード 鳥人界英雄ヒーロー友人パーパ無二の親友少女漫画が恋のバイブルな彼女いない歴25年。現王の甥っ子でもあるバードの母が王の姉)。 自らの修行として故郷を出、今は情報屋としてヒーロー達の側で暮らしている。一人暮らし長いのか、料理家事が得意でパーパ家の家政婦化している変身可能。 鳥人界最大の貴族の家跡取り息子として生まれ立ち居振る舞い優雅そのもの容姿端麗家柄良し家事上手と好条件揃っているにも拘らず女性には恵まれない女性だと思っていたが実は男だった相手貢いだ過去を持つ。末っ子長男大勢の姉達にイビられ肩身が狭い。その他、不幸について世界最強認定されている。 よく晩御飯称しヒーロー追われる得意技:ウィングカッター、シャイニングフェニックス 王(ちょうおう)・クジャク 鳥人界の王にして、七王唯一本名判明している。前鳥人界英雄。甥のバード苛め楽しむことを生きがいしており、彼女のいない甥を事あるごとに姉上心配していたぞなどと神経逆撫でにする。バード曰くムカツクおっさん」。 噂話の類が大好きで獣王つるんで人王樹王おちょくっている。得意技:甥イビリ ツル バードの母でクジャクの姉。現当主であり跡継ぎバード良い嫁が早く来ることを望んでいる。嫁に来てくれるなら相手はどんな姿でも構わないらしい。 夫の存在不明。現在までに名前の確認されている子供は4人だが、過去回想録登場する娘で最年長と思われるミヤコ次女の為、少なくとも長女他に存在しており、コバト・チドリが当時独身だと考えればハヤテの「他の婿達」という事から、下記3名以外に嫁に行った娘がいる。得意技息子追い出し ツグミ バードの姉 ミヤコ バード2番目の姉。ハヤテのことが忘れられず独身貫き通している。本気で怒らせる恐ろしい。 コバト バードの姉 チドリ バードの姉。 ハヤテ 【黒刃のハヤテ】の異名を持つ、次期英雄謳われた男。ミヤコとの結婚直前に、禁じられていた果し合いをした為自ら鳥人界を出て行った得意技:黒刃

※この「鳥人」の解説は、「自由人HERO」の解説の一部です。
「鳥人」を含む「自由人HERO」の記事については、「自由人HERO」の概要を参照ください。


鳥人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 06:30 UTC 版)

空からこぼれた物語」の記事における「鳥人」の解説

OURS 1999年3月掲載新任教師である竹島教室最初に見たのは、鳥のような翼をつけて屋上から飛び降りる小林教諭だった。

※この「鳥人」の解説は、「空からこぼれた物語」の解説の一部です。
「鳥人」を含む「空からこぼれた物語」の記事については、「空からこぼれた物語」の概要を参照ください。


鳥人(ハルピュイア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 21:27 UTC 版)

ゴブリンスレイヤー」の記事における「鳥人(ハルピュイア)」の解説

獣人一種鳥の特徴大きく持つ者たちだが、外見的特徴飛行能力有無などは様々。只人価値観では美麗なものが多いが、10歳成人寿命50年ほどと短命そのため恋愛行動熱心で一途な性質である。

※この「鳥人(ハルピュイア)」の解説は、「ゴブリンスレイヤー」の解説の一部です。
「鳥人(ハルピュイア)」を含む「ゴブリンスレイヤー」の記事については、「ゴブリンスレイヤー」の概要を参照ください。


鳥人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 23:16 UTC 版)

みんなでスペランカー」の記事における「鳥人」の解説

一定の範囲ジャンプしながら移動するフラッシュ爆弾ひるませることができるが、動かなくなってしまうた通過できなくなる。ジャンプした下をくぐるのがベスト

※この「鳥人」の解説は、「みんなでスペランカー」の解説の一部です。
「鳥人」を含む「みんなでスペランカー」の記事については、「みんなでスペランカー」の概要を参照ください。


鳥人(エプーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/06 10:03 UTC 版)

ロック冒険記」の記事における「鳥人(エプーム)」の解説

ディモン星における支配的な知的生命体で、鳥類から進化した人間によく似た種族自称はエプームだが、作中では「鳥人」と呼ばれることのほうが多い。

※この「鳥人(エプーム)」の解説は、「ロック冒険記」の解説の一部です。
「鳥人(エプーム)」を含む「ロック冒険記」の記事については、「ロック冒険記」の概要を参照ください。


鳥人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/06 10:03 UTC 版)

ロック冒険記」の記事における「鳥人」の解説

チコ ロック捕らえた鳥人の夫婦から産まれた子。父親ロックかばって死亡したため、ロック父親代わりとなる。ロックか地球文明に関する知識教えられて育つ。ロックとともに鳥人シンジケート宇宙船地球赴くが、地球真相知りいずこへともなく逃亡。のち、逃亡奴隷による秘密組織作り、そのリーダーとして、鳥人による反乱指導することになる。 領主 チコ母親が住む領主チコ起こした火を魔法だと疑いチコ親子魔法使いとして逮捕するロックが火が自然現象であることを明かしてからは態度豹変させ、地球文明教えてくれるように求める。 大僧正 領主とともにチコ親子逮捕するが、ロックによって「神聖な」を燃やされ追い出されるその後、都から「ディモン皇帝」の軍隊呼び寄せるが、ロック作った近代的な武器によって追い返される。このとき退却する途中軍隊第2次探検隊遭遇し第2次探検隊との間に不幸な衝突引き起こすことになる。

※この「鳥人」の解説は、「ロック冒険記」の解説の一部です。
「鳥人」を含む「ロック冒険記」の記事については、「ロック冒険記」の概要を参照ください。


鳥人(ちょうじん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 23:01 UTC 版)

ジバクくん」の記事における「鳥人(ちょうじん)」の解説

人間に0の木の悪素が溜まり突然生まれた変異種短命であるため、物語開始時点において既に絶滅寸前になっている

※この「鳥人(ちょうじん)」の解説は、「ジバクくん」の解説の一部です。
「鳥人(ちょうじん)」を含む「ジバクくん」の記事については、「ジバクくん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鳥人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「鳥人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鳥人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

鳥人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鳥人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳥人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2012 009 conclusion GOD'S WAR (改訂履歴)、啄木鳥探偵處 (改訂履歴)、ハオ君の不思議な旅 (改訂履歴)、自由人HERO (改訂履歴)、空からこぼれた物語 (改訂履歴)、ゴブリンスレイヤー (改訂履歴)、みんなでスペランカー (改訂履歴)、ロック冒険記 (改訂履歴)、ジバクくん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS