七つの大罪_(漫画)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 七つの大罪_(漫画)の意味・解説 

七つの大罪 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/12 12:07 UTC 版)

七つの大罪』(ななつのたいざい、The Seven Deadly Sins)は、鈴木央による日本漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2011年52号の読切作品を経て2012年45号から連載を開始。2015年、第39回講談社漫画賞・少年部門受賞。2018年10月時点で累計発行部数は3000万部を突破している。




注釈

  1. ^ 当時から換算した「10年後のメリオダス」の想像図としてこうなった。
  2. ^ 本人曰く「他人のことを考えずに作る」。
  3. ^ マーリン曰く、メリオダスは値段よりかなり安い値段で売ってしまったらしい。
  4. ^ 幼少の頃を描いた第31話の扉絵では隠していない。また、この時点で右目の文様が確認できる。
  5. ^ 本人はこれを気にしているため現在の髪形になっている。
  6. ^ メリオダスと出会わずに天寿を全うした生まれ変わりも存在している。
  7. ^ ホーク自身はマーリンが「100倍で3000」の「100倍」のところだけ小さく言ったため3000だと思っている。
  8. ^ TVアニメ特別編「聖戦の予兆」において、これが女神族の虚言だということが描写されている。
  9. ^ メリオダス曰く、ネコとおやつを取り合って負けたこともあるらしい。
  10. ^ 22巻のエスタロッサの回想シーンで彼らしき人物が左端に書かれている。
  11. ^ ゴウセルのみ吹き出しが四角く描かれる。テレビアニメ版では、台本を読み上げるような平坦な口調で表現されている。
  12. ^ ただし、兄からはその事で疎まれ、暴力を受けていた。この際に魔力を発現し、兄の腕を折っている。
  13. ^ アルドリッチ時は身長190cm、体重101kg。ヘルブラム時は身長65cm、体重5kg。
  14. ^ その中で城塞都市コランドを滅ぼしており、その死体や恨みを後にメラスキュラに利用されてしまった。
  15. ^ メリオダスに匹敵する女神族側の戦士であるというのが自身が選ばれた一番の理由であるが、同時に自身が聖戦時に手にかけたゴウセルの恋人グラリーザの復讐という意味もあった。
  16. ^ 元はバイゼル大喧嘩祭りの参加者の一人。不治の病を患った少女で、病を治す事を条件に自らの体を貸した。
  17. ^ 元はバイゼル大喧嘩祭りの参加者の一人。喧嘩祭りから数日後に魔神族に殺害され、魂となった自身に交渉してきたタルミエルの要求を呑んで体を貸した。
  18. ^ メンバーの全員が「金剛」の称号を持つ聖騎士で闘級3000を超える。
  19. ^ ただしこれは器が生体である場合に限られる。例として、サリエルが器としたソラシドは、恩寵の使用により急激に成長し、タルミエルが器としたアーバスはもともと死人であった為に何の変化もなかった。
  20. ^ アニマックス・Dlife・ネット配信では実写パートはカットされる。ボンボンTVでは完全版として配信されていた。本コーナーは同年8月18日公開の映画『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』のゲスト声優オーディションを兼ねていた。
  21. ^ a b アニプレックス講談社電通ムービック
  22. ^ アニプレックス、講談社、サミー、電通、ムービック、東映
  23. ^ a b c d TBS系列局が所在しない秋田県福井県徳島県佐賀県を除く(遠距離受信および区域外再放送は含めず)。
  24. ^ アニメサタデー630フィルムズ第1弾として位置づけられている。
  25. ^ アニプレックス、講談社、サミー、電通、ムービック、東映、MBSテレビ、TBSテレビ

出典

  1. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(1)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年2月16日閲覧。
  2. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(2)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年2月16日閲覧。
  3. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(3)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年2月16日閲覧。
  4. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(4)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年2月16日閲覧。
  5. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(5)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年2月16日閲覧。
  6. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(6)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年2月16日閲覧。
  7. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(7)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年5月18日閲覧。
  8. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(8)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年5月18日閲覧。
  9. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(9)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年6月17日閲覧。
  10. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(10)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年8月16日閲覧。
  11. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(11)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年10月17日閲覧。
  12. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(12)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2014年12月19日閲覧。
  13. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(13)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2015年2月18日閲覧。
  14. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(14)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2015年4月17日閲覧。
  15. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(15)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2015年6月17日閲覧。
  16. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(16)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2015年8月12日閲覧。
  17. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(17)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2015年10月16日閲覧。
  18. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(18)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2015年12月17日閲覧。
  19. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(19)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2016年2月17日閲覧。
  20. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(20)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2016年4月15日閲覧。
  21. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(21)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2016年6月17日閲覧。
  22. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(22)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2016年8月17日閲覧。
  23. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(23)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2016年10月17日閲覧。
  24. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(24)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2016年12月16日閲覧。
  25. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(25)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2017年3月19日閲覧。
  26. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(26)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2017年5月17日閲覧。
  27. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(27)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2017年7月14日閲覧。
  28. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(28)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2017年10月17日閲覧。
  29. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(29)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2017年12月15日閲覧。
  30. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(30)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2018年2月16日閲覧。
  31. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(31)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2018年7月17日閲覧。
  32. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(32)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2018年7月17日閲覧。
  33. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(33)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2018年8月18日閲覧。
  34. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(34)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2018年11月18日閲覧。
  35. ^ マガメガ|週刊少年マガジン|七つの大罪(35)|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2019年1月20日閲覧。
  36. ^ 『七つの大罪 公式ファンブック 解体罪書』(鈴木央)|講談社コミックプラス”. 2016年8月27日閲覧。
  37. ^ 『七つの大罪 公式ファンブック 罪約聖書』(鈴木央)|講談社コミックプラス”. 2016年8月27日閲覧。
  38. ^ 『七つの大罪 イラストコレクション 〈七色の罪〉』(鈴木央)|講談社コミックプラス”. 2016年8月27日閲覧。
  39. ^ 『七つの大罪 番外編集 <原罪>』(鈴木央)|講談社コミックプラス”. 2018年7月17日閲覧。
  40. ^ 『七つの大罪 公式アニメガイド アニ罪』(鈴木央)|講談社コミックプラス”. 2016年8月27日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「七つの大罪_(漫画)」の関連用語

七つの大罪_(漫画)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



七つの大罪_(漫画)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの七つの大罪 (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS