ボクっ娘とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ボクっ娘の意味・解説 

ボクっ娘

読み方:ボクっこ
別表記:ボクッ娘僕っ娘

自分を「ぼく」(僕、ボク)と呼ぶ女の子一人称が僕の少女。主にマンガアニメゲームなどのキャラクター類型として扱われる。また、しばしば萌え属性として扱われる。

ボク少女

(ボクっ娘 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/03 09:57 UTC 版)

ボク少女(ボクしょうじょ)、またはボクっ子(ボクっこ)、ボクっ娘(ボクっこ)、僕女(ぼくおんな)は、男性用一人称である「ボク」などを使う少女のこと[1]


注釈

  1. ^ 例えば、小説『涼宮ハルヒシリーズ』における佐々木の登場場面では、渦中の人物が女性であることが読者に伏せられたまま物語が進行し、語り手以外の人物による指摘によって初めて状況が明かされる[7]
  2. ^ ただし、これは口伝によって曲が広まる過程で歌詞が変化した結果であり、荒木とよひさが作詞した際には、男性の語り手を想定した歌であったという[10]

出典

  1. ^ “ボクっ娘 【ボクっこ】”, 大辞林goo辞書 (第二 ed.), 三省堂, (1995-11-03), ISBN 4-385-13902-4, http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/237468/m0u/ 2009年7月2日閲覧。 .
  2. ^ “俺女 【おれおんな】”, 大辞林goo辞書 (第二 ed.), 三省堂, (1995-11-03), ISBN 4-385-13902-4, http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/237377/m0u/ 2009年9月28日閲覧。 .
  3. ^ 涼元悠一「第7章第1節 今、誰が喋っているのか?」『ノベルゲームのシナリオ作成技法』秀和システム、2006年8月5日、第1版、142-146頁。ISBN 4-7980-1399-4
  4. ^ 花井拓登「妄愛・珍愛・偏愛コラム - ボク女トラップ」『空想美少女大百科・電脳萌え萌え美少女大集合!』宝島社別冊宝島〉、1999年1月、122頁。ISBN 4-7966-9421-8。「「ボク女」というのは、一人称に“ボク”を使っている女の子のこと。十人前後の女の子が登場する作品にたいてい一人いて、必ず二人以上はいないタイプである。」
  5. ^ a b c d 篠本634; 富田隆 (2008年8月22日). ““ボクっ娘”“俺女”の接し方マニュアル!”. R25.jp. リクルート. 2009年8月26日閲覧。
  6. ^ a b 花井拓登「妄愛・珍愛・偏愛コラム - ボク女トラップ」『空想美少女大百科・電脳萌え萌え美少女大集合!』宝島社別冊宝島〉、1999年1月、122-123頁。ISBN 4-7966-9421-8
  7. ^ 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2007年4月1日、初版、82頁。ISBN 978-4-04-429209-6
  8. ^ 『ポップ・カルチャー・クリティーク2.少女達の戦歴』(青弓社、1998年)
  9. ^ 下川耿史、家庭総合研究会『昭和・平成家庭史年表 1926→1995』
  10. ^ 驚き桃の木のりへぇ~ 男性の詩人ハイネが僕の恋人?”. 桃屋ホームページ のり平 アニメCMアニメ博物館. 桃屋. 2009年8月24日閲覧。
  11. ^ 玉利越「空想美少女整理箱49 - 田中美沙(同級生シリーズ) 「オレ系」だけど「オレ」とは言わない」『空想美少女大百科・電脳萌え萌え美少女大集合!』宝島社別冊宝島〉、1999年1月、130頁。ISBN 4-7966-9421-8。「女性読者の方は試しに明日から一人称を「ボク」または「オレ」に変えてみよう。(中略)通常であれば、あなたはたちまち社会的信用を失うであろう。」
  12. ^ a b “女の子も仮面ライダーになっていいんだよ 春名風花さん”. 朝日新聞デジタル. (2017年3月7日). https://www.asahi.com/articles/ASK3654KKK36UTIL02X.html 2019年3月15日閲覧。 
  13. ^ a b 朝日新聞「Dear Girls」取材班『Dear Girls ─自分らしく生きていくための28の言葉─』朝日新聞出版社、2019年2月、118-122頁。ISBN 978-4022515940
  14. ^ 本人Twitter (2017年3月9日)より。
  15. ^ 本田由紀 『学校の「空気」 (若者の気分) 』岩波書店、2011年、61頁。ISBN 978-4000284516
  16. ^ “おれ”, 大辞林goo辞書 (第二 ed.), 三省堂, (1995-11-03), ISBN 4-385-13902-4, http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/28006/m0u/ 2009年8月26日閲覧。 .
    “おれ”, 大辞泉Yahoo!辞書, 小学館, ISBN 978-4095012124, http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%8A%E3%82%8C&dtype=0&index=03304602644000 2009年8月26日閲覧。 .
  17. ^ 方言ジャパン(株式会社トーマ)


「ボク少女」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボクっ娘」の関連用語

ボクっ娘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ボクっ娘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボク少女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS