三原山とは? わかりやすく解説

みはら‐やま【三原山】


三原山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 01:03 UTC 版)

三原山(みはらやま)は、東京都大島町伊豆大島にある火山である。最も高い峰は中央火口丘にある標高758mの三原新山で、伊豆大島の最高峰となっている。観光地として火口を周遊する遊歩道なども整備されている。


  1. ^ (pdf) 東京・伊豆大島ジテンシャウォーキングMAP, 東京都総務局, https://www.soumu.metro.tokyo.lg.jp/11osima/running/img/bikemap.pdf 2017年6月16日閲覧。 
  2. ^ a b 写真で見るジオサイト三原山周辺:伊豆大島ジオパーク, 大島町政策推進課 伊豆大島ジオパーク推進委員会, http://www.izu-oshima.or.jp/geopark/geosite/pics.html 2017年6月16日閲覧。 
  3. ^ a b 写真で見るジオサイト海岸周辺:伊豆大島ジオパーク, 大島町政策推進課 伊豆大島ジオパーク推進委員会, http://www.izu-oshima.or.jp/geopark/geosite/pics_umi.html 2017年6月16日閲覧。 
  4. ^ 火山と人との共存を求めて 日本火山学会、1996年11月。
  5. ^ a b 『神道とは何か: 自然の霊性を感じて生きる』鎌田東二、PHP研究所, 2000
  6. ^ 主要災害調査28号 昭和61年(1986年)伊豆大島噴火 災害調査報告 - 防災科学技術研究所、1988年3月。
  7. ^ 【番頭の時代】第4部・永田町のキーマン(3) 「後藤田五訓」官僚の省益戒め 後藤田正晴元官房長官 - 産経新聞、2015年8月30日
  8. ^ 佐々淳行「重大事件に学ぶ「危機管理」」、文藝春秋 、2004年、ISBN416756011-5
  9. ^ 昭和61年(1986年)伊豆大島噴火災害活動誌
  10. ^ 全島一万人、史上最大の脱出作戦
  11. ^ 「噴火の瞬間追い40年 企業広報誌に連載」- 南日本新聞、2008年4月28日
  12. ^ 『絶対行きたい!日本の島旅:日本の有人島をすべて訪ね歩いた写真家が教える』加藤庸二、秀和システム、2014。
  13. ^ パンフレット『東京~島物語:伊豆大島』の「遊々大島ガイドマップ」(大島町役場観光産業課&大島観光協会、平成30年)
  14. ^ 伊豆大島小史”. 東京都大島町. 2012年6月6日閲覧。
  15. ^ 伊豆大島が「ゴジラ」に頼る、残念な思考 (5/7) - ITmedia ビジネスオンライン、2018年12月閲覧
  16. ^ 観光地と自殺 : 昭和八年、伊豆大島・三原山における投身自殺の流行を中心に(1994年) - 今 防人、2018年12月閲覧
  17. ^ DVDオーディオコメンタリーにおける大森一樹(監督)のコメント


「三原山」の続きの解説一覧

三原山(伊豆大島)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 16:54 UTC 版)

自殺の名所」の記事における「三原山(伊豆大島)」の解説

1933年1月2月実践女学校生徒噴火口投身自殺。2件とも同じ同級生自殺立ち会っていたことがセンセーショナルに報道されこの年だけで129人が投身自殺した。

※この「三原山(伊豆大島)」の解説は、「自殺の名所」の解説の一部です。
「三原山(伊豆大島)」を含む「自殺の名所」の記事については、「自殺の名所」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「三原山」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「三原山」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



三原山と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

三原山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三原山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三原山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの自殺の名所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS