令嬢とは? わかりやすく解説

れい‐じょう〔‐ヂヤウ〕【令嬢】

読み方:れいじょう

貴人の娘、また、他人の娘を敬っていう語。


令嬢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/10 09:35 UTC 版)

令嬢(れいじょう)とは、他者未婚に対する敬称及びイギリスにおいて、貴族階級で未婚の女性への儀礼称号に対して用いる用語である[1]。 

他者の娘の敬称

令嬢は、目上にあたる人物や良家の娘をかしこまった場において「ご令嬢」「お嬢さま」「お嬢さん」「お姫さま」(英語では「Miss」「Lady」、フランス語はマドモアゼルが相当)などが呼称または使用されることがある[2][3]
また、一般社会でも冠婚葬祭などの公式な場においても若年未婚の女性に対し「ご令嬢」「名前に嬢(敬称)」「お嬢さん」などと呼称されたり使用されることがある。

貴族令嬢・姫としての儀礼称号

貴族階級の令嬢・については儀礼称号にあるレディを参考。

関連項目

外部リンク

令嬢』 - コトバンク

脚注

出典

  1. ^ 令嬢(れいじょう)の意味 - goo国語辞書
  2. ^ 令嬢(読み)れいじょう”. コトバンク. 2024年1月10日閲覧。
  3. ^ 姫 とは? 部首・画数・読み方・意味”. goo辞書. 2024年1月10日閲覧。

令嬢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 07:56 UTC 版)

白日夢 (谷崎潤一郎)」の記事における「令嬢」の解説

189歳端正な鼻と涼しい瞳。柔和気品のある丸顔慎ましやか内気な態度。非常に色白口紅際立つ。髪は漆黒ツヤツヤしているが薄めで、濡れた絹のように頭に密着している。黒っぽい明石単衣着物小さな白金ダイヤの指輪をしている。名前は葉室

※この「令嬢」の解説は、「白日夢 (谷崎潤一郎)」の解説の一部です。
「令嬢」を含む「白日夢 (谷崎潤一郎)」の記事については、「白日夢 (谷崎潤一郎)」の概要を参照ください。


<令嬢>

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 14:13 UTC 版)

魔王 JUVENILE REMIX」の記事における「<令嬢>」の解説

読み方ドイツ語で「フロイライン」。第二部から登場薬物臓器密売などを行う非合法的な会社大きな財力権力有する原作者伊坂幸太郎別の小説グラスホッパー』に登場する団体寺原(てらはら) <令嬢>の社長表向きグラスホッパー業務提携結んでいるが、裏ではグラスホッパー乗っ取ろう画策している。息子溺愛しており、息子が罪を犯してことあるごとに自身権力揉み消している。 グラスホッパー手中に収めるために二人組の殺し屋雇って犬養銃撃させるが、とどめを刺すには至らず失敗追い討ちを掛けるように息子殺され絶望を味わう。雇い主である潤也に復讐心を抱くが、その間もなく潤也の雇った槿によって比与子運転する車にはねられ死亡した原作者伊坂幸太郎別の小説グラスホッパー』の登場人物寺原ジュニア <令嬢>の社長である寺原息子下の名前不明モラル欠片持ち合わせていない超凶暴なボンボンで、遊び半分部下や一般人を殺害する。<令嬢>をコケにしたとして潤也を始末しようと狙い友人達と潤也の周り人間を狩ろうとする。しかし、潤也の雇った三人友人殺され自分能力により自殺させられる原作者伊坂幸太郎別の小説グラスホッパー』の登場人物比与子(ひよこ) <令嬢>の幹部思われる和服女性。非常に冷酷な性格裏社会通じており、「押し屋」の存在知っていた。マスター雇われて潤也を監視していたが、マスター槿殺されたため、計画変更し、潤也と島を人質グラスホッパー脅迫する。島を拷問殺害するが、そのことで潤也の逆鱗触れ、潤也が雇った部下殺され自身も命を狙われる。しかし、直接実行犯ではなかったため、潤也の情け見逃されるその後、再び潤也の命を狙うが、潤也の雇った槿の手により、自らの手社長寺原をひき殺してしまった。 原作者伊坂幸太郎別の小説グラスホッパー』の登場人物<令嬢>の社員 <令嬢>の社員比与子部下である3人の男達。3人とも全く同じ服装髪型をしている。冷酷かつ残忍な拷問エキスパート比与子いわく、「この三人好きにさせたら、人間なんてあっという間に原型なくなる」。島を拷問した後、殺害するが、そのことで潤也の逆鱗触れ、潤也に雇われによって全員殺される原作者伊坂幸太郎別の小説モダンタイムス』の登場人物

※この「<令嬢>」の解説は、「魔王 JUVENILE REMIX」の解説の一部です。
「<令嬢>」を含む「魔王 JUVENILE REMIX」の記事については、「魔王 JUVENILE REMIX」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「令嬢」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

令嬢

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 14:06 UTC 版)

発音(?)

れ↗-じょー

名詞

れいじょう

  1. 他人敬称
  2. 良家娘。

「令嬢」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「令嬢」の関連用語

令嬢のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



令嬢のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの令嬢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの白日夢 (谷崎潤一郎) (改訂履歴)、魔王 JUVENILE REMIX (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの令嬢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS