憤怒とは? わかりやすく解説

憤怒

読み方:ふんぬ・ふんど
別表記:忿怒

憤怒(ふんぬ)とは、激し怒り憤りいきどお-り)のこと。怒り憤り意味する漢語表現

仏教では、明王像の恐ろしく険し形相ならびに火焔光背怒髪といった諸々意匠)を「憤怒の相」という。乳幼児激しく泣いたあとにひきつけ起こす状態を「憤怒痙攣と言う

「怒」の字は普通は「ど」と読む。これは〈漢音〉に基づく読み方である。憤怒の「怒」の字は、一般的には「ぬ」と読まれる。これは〈呉音〉に基づく読み方である。呉音古く日本に伝来した語彙多く用いられており、仏教用語など今なお多くいだされる

キリスト教における悪徳(「七つの大罪」)のひとつである「怒りanger)」もまた日本語では「憤怒」と訳されることが多い。

「憤怒」の対義語としては、「他人に憤ることなく穏やかな気持ち受け入れる」という意味において「寛容」、「怒りでなく悲しみ包まれる」という意味では「悲嘆」などが挙げられ得る。直接的な対義語ではなく対極位置する表現としてではあるが。

ふん‐ど【憤怒/×忿怒】

読み方:ふんど

[名](スル)ひどく怒ること。ふんぬ。「非道な行為に—する」


ふん‐ぬ【憤怒/×忿怒】

読み方:ふんぬ

[名](スル)「ふんど(憤怒)」に同じ。「—の形相


憤怒

読み方:フンド(fundo)

大いに怒ること


怒り

(憤怒 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/11 15:16 UTC 版)

怒り(いかり、: anger)とは、人間の原初的な感情のひとつで、様々な要因・理由で起きるもの。例えば目的を達成できない時、自分の思い通りにならない時、身体を傷つけられた時、侮辱された時などに起きるものである[1]憤り(いきどおり)とも言う。特に激しい怒りは憤怒(ふんぬ。忿怒とも)と言われる。用言動詞的な表現としては「を立てる」「立腹」「カッとなる」「に来る」とも。また、一部の動物イヌネコなどの哺乳類、鳥類、その他)も怒りの感情を持つ。


  1. ^ a b c d e http://www.encyclopedia.com/topic/Anger.aspx
  2. ^ 『「イラッとくる」の構造』KKベストセラーズ、2014年11月20日、pp.64-69,76-79頁。 
  3. ^ ダニエル・ゴールマン『EQ こころの知能指数』p.98
  4. ^ 大辞泉【私憤】
  5. ^ 大辞泉【公憤】
  6. ^ 『私憤から公憤への軌跡に学ぶ―森永ひ素ミルク中毒事件に見る公衆衛生の原点』1993
  7. ^ 吉原賢二『私憤から公憤へ: 社会問題としてのワクチン禍』岩波書店、1975
  8. ^ a b c d e 『EQ 心の知能指数』p.99
  9. ^ 『EQ 心の知能指数』p.99-101
  10. ^ Turn off anger”. Harvard Health Publishing (2015年7月). 2020年2月8日閲覧。
  11. ^ Publishing, Harvard Health. “Working out while angry? Just don’t do it”. Harvard Health. 2021年1月1日閲覧。
  12. ^ Neuromodulator and Emotion Biomarker for Stress Induced Mental Disorders (2016)
  13. ^ Godman, Heidi (2022年1月19日). “Seeing red? 4 steps to try before responding” (英語). Harvard Health. 2022年12月16日閲覧。
  14. ^ 『EQ 心の知能指数』p.102
  15. ^ 『EQ 心の知能指数』p.103
  16. ^ a b c d 『EQ 心の知能指数』p.104
  17. ^ a b c d 『EQ 心の知能指数』p.106
  18. ^ a b 『精選版 日本国語大辞典』【腸が煮えくり返る】



憤怒(コワンクロー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 09:18 UTC 版)

サムライ・ラガッツィ -戦国少年西方見聞録-」の記事における「憤怒(コワンクロー)」の解説

喜悦と共にマンサムキアット背後控え戦士怒り仮面をつけ、法輪武器に戦う。世を憂い修羅に堕ちたもと仏門僧侶で、怒り理解し尚且つ戦いの場を与えてくれるマンサムキアット崇拝している。かなりの大柄ではあるが、その動き十郎ですら反応が遅れ、また複数クナイ攻撃全てかわすほどに素早い

※この「憤怒(コワンクロー)」の解説は、「サムライ・ラガッツィ -戦国少年西方見聞録-」の解説の一部です。
「憤怒(コワンクロー)」を含む「サムライ・ラガッツィ -戦国少年西方見聞録-」の記事については、「サムライ・ラガッツィ -戦国少年西方見聞録-」の概要を参照ください。


憤怒(ふんぬ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 06:17 UTC 版)

蜘蛛ですが、なにか?」の記事における「憤怒(ふんぬ)」の解説

自らを狂戦士化す支配者スキル理性を失う代わりにステータス飛躍的に上昇させる

※この「憤怒(ふんぬ)」の解説は、「蜘蛛ですが、なにか?」の解説の一部です。
「憤怒(ふんぬ)」を含む「蜘蛛ですが、なにか?」の記事については、「蜘蛛ですが、なにか?」の概要を参照ください。


憤怒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 04:54 UTC 版)

SERVAMP-サーヴァンプ-」の記事における「憤怒」の解説

フレイア 声 - 小清水亜美 “憤怒”の真祖通り名は“母なるものザ・マザー)”。兄弟4番目。日光に当たるとになる。年齢見た目23歳程度誕生日8月1日身長:174cm。好きな食べ物アップルパイ好きな飲み物青汁嫌いなもの電子機器(すぐ壊れる)。好きな色:青紫。 常にムスッとしているが、本人クールなだけだと主張している。農業はまっている。表情険しいゆえによく怒っていると勘違いされがちだが、実際は怒ることは少ない。しかし、自身の命に価値を見出さない吊戯に対しては命の意味諭しつつも怒り見せるなど聡明な性格自身下位に対して愛情深く接するため、「姉御」と呼ばれて慕われている。また、ロウレス精神的に成長していることも感じ取っていた。 リンゴ農家だった前の主人寿命亡くなりその後C3に捕らえられていたが自力脱出しロウレスたちの意思受けて吊戯と契約しようとする拒まれ、さらに塔間に撃たれるジルレイ頼まれてやって来たイズナ契約新たな名前を北欧神話女神にちなんフレイアつけられた。修平シャムロック戦闘に盾を携えて介入し和解する手助けをした。傷が深い中無理をして戦っていたようで、入院先の病院椿交戦するジン放出させられてしまう。 イズナ・ノーベル フレイア主人修平幼馴染でC3の開発班所属している。コードネームティンカー自分作った武器修平復讐遂げた自分のこと二度と許せなくなるとの思いから、それを止めるために契約をする。彼とシャムロック戦闘介入し怒り呑まれ修平に肩を撃たれる和解の手助けをした。 初登場時は腰に届く程の長髪だったが、フレイア内面にいた少年の「指名」で切って契約の際に渡す物とした模様ジルベルト・ウィーズル フレイア下位吸血鬼年齢身体24歳程度誕生日2月12日身長:167cm。出身国イタリア好きな食べ物マルゲリータピザ好きな飲み物カプチーノ嫌いなもの待たされること。趣味料理好きな色:オーシャンブルーレイ2人行動している。シャムロック助け借り、C3より脱獄し憤怒の真祖助けようとした。その時、塔間に脱獄した下位吸血鬼殲滅するよう指示された吊戯と遭遇したが、上手くやり込めたモチーフイタチレイセント・クレイジーラビット フレイア下位吸血鬼年齢身体24歳程度身長:179cm。出身国イタリア好きな食べ物:クリームパスタ。好きな飲み物カプチーノ嫌いなものキャロットケーキ趣味ラテアート好きな色:ミントブルージル2人行動している。吊戯を助け行った憤怒が戻ってこられるように道を探す途中塔間によって腕を撃たれイズナ指示従ったために全身灰になることはなかったものの右腕を失う。その後イズナ義手制作してもらう。モチーフウサギ

※この「憤怒」の解説は、「SERVAMP-サーヴァンプ-」の解説の一部です。
「憤怒」を含む「SERVAMP-サーヴァンプ-」の記事については、「SERVAMP-サーヴァンプ-」の概要を参照ください。


憤怒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 06:58 UTC 版)

SOUL SACRIFICE」の記事における「憤怒」の解説

クラーケン 体から帆船のマスト舳先内臓変異した触手生えている怪物。 元々はある貿易商船の船長何よりも愛する船を海賊奪われた彼は、軍船乗組員として戦果挙げ、やがて因縁海賊追い詰める致命傷を負う。聖杯願い船長怪物となって海賊たち殲滅するが、戦闘のあおりを受けて船は沈没以降は愛船を再現し取り戻したい一心で、海を彷徨い犠牲者肉塊取り込んでいる。 ケルベロス 胸に刺さった三つ首の獣人二足歩行四足歩行使い分けて攻撃してくる。 元々は男性衛兵で、二匹愛犬とともに故郷守っていた。伝染病から逃れるために住民故郷を離れていったため、住民その場とどめよう暴力走ったその結果住民により刺されるが、住民の命を代償にし、愛犬取り込んだ結果ケルベロスとなったミノタウロス 角のある真っ二つ割れた鉄仮面装着した魔物。腕にはミイラを柄の代わりに据えた巨大な斧を持っている。 元々はある領主小間使い手を出して生まれた娘。その出生を隠すために醜い鉄仮面被せられ、母と離ればなれとなる。やがて母親領主正妻虐待によって狂ってしまい、再会した娘は領主正妻復讐を誓うであった聖杯代償払い、娘は鉄仮面化け物に、母親は捻じ曲がった巨大な斧へと変化した。娘はその斧を手に、領主正妻復讐を果たす。そして今は幸せ家族狙って各地さまよい続けている。 バジリスク DLC追加ワイバーン同型魔物両翼が目の様な器官に置き換わっている。 元々は盲目青年自分容姿自信が無い娘に介抱されており、彼女の献身にいつし愛情を抱くようになる。その甲斐あってわずかに光を取り戻しそうになるも、「自分の醜い姿を見られたくない」という理由で娘が毒を盛り、再び視力を失うこととなったその後聖杯願い、娘を犠牲として魔物化したが、バジリスクが流す毒はこの時に受けた物が影響している。 白雪姫デルタ』から追加巨大な一つ目持ち七人の小人支えられている。 元々はとある国の王女王女はとても目が美しく自己顕示欲の強い母親はそれを妬み、彼女を子供と言うよりも鏡としか見なくなった成長した娘の存在母親自尊心を傷つけ、娘の目に映る姿が自尊心満たした。そんな王妃前に聖杯現れ、娘を鏡にすると言う母親として人間としても最低な願い叶えて貰う。鏡になった事を知らず育った娘は成人を境に疑問抱き、再び現れ聖杯片目代償に鏡を作る魔法得た。その魔法でその真実知り母親本当の姿を見せつける事で殺害するハーメルンの笛吹き男デルタ』から追加ブレーメンの音楽隊同型魔物。 元々はネズミ友達だった男。彼は両親の愛を一切知らず親戚虐待一身受けて育った友達作る事ができず、自分差別しないネズミ仲良くなった。いつしかネズミ達意思分かるようになり、男の意思伝える事で芸もできるようになった。そんな彼の元に子供たちが集まるようになり、一層芸に力を注いだ。だが、ある日の子供の一人姿を消し大人たちは彼を犯人だと決めつけて彼が留守の間ネズミ達惨殺した。それを嘆く男の前に聖杯現れ微かに息があったネズミ一つになり、魔物化した。彼はその力で村人復讐しようとはせず、いなくなった子供探索した。彼はその嗅覚子供見つけたが、その子供は死んでおり、匂いから犯人が誰なのかも分かった犯人その子供にいじめられていた子で、いじめに耐えかねて反抗試みた結果打ち所悪く相手死んだのが真相だった。男はその子糾弾しようとは思わず、代わりに自分が罪を被る事でその子救済する道を選んだその後、彼は人さらい狂人演じ続けた虐げられた者への愛と救済を胸に秘めて

※この「憤怒」の解説は、「SOUL SACRIFICE」の解説の一部です。
「憤怒」を含む「SOUL SACRIFICE」の記事については、「SOUL SACRIFICE」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「憤怒」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

憤怒

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 13:25 UTC 版)

別表記

名詞

(ふんぬ、ふんど)

  1. ひどく怒ること。
  2. (キリスト教) 七つの大罪一つ

発音(?)

ふ↘んぬ
ふ↘んど

動詞

活用

サ行変格活用
憤怒-する

「憤怒」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「憤怒」の関連用語

憤怒のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



憤怒のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの怒り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサムライ・ラガッツィ -戦国少年西方見聞録- (改訂履歴)、蜘蛛ですが、なにか? (改訂履歴)、SERVAMP-サーヴァンプ- (改訂履歴)、SOUL SACRIFICE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの憤怒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS